歯は溶ける。酸蝕歯予防法にはストロー必須。黒ストロー常備で白いエナメル質を守る方法

歯は酸で溶けるし、溶けると黄ばむ。

そのことを知っているか知らないかで、審美的にすんごい差が出てしまうと思う。

スポンサーリンク

歯は溶ける。酸蝕歯になったら黄色くなる

歯は、「」に弱い。

だから、酸に触れると、溶ける

溶けると、神経に障りやすくなり、「知覚過敏」になったりする。

それだけならまだ我慢できるとしても、

  • 歯の見た目が黄色くなる

というおまけまで付いてきてしまう。

というのも、歯が白いのは、表面の「エナメル質」の白さ。

エナメル質が溶けたとき、その下から現れる「象牙質」は、黄色い。

だから、「白い歯」をキープしたいのであれば、

  • 絶対に歯は溶かしてはいけない

のだ。

梅干し、フルーツ、酢ドリンクetc.

私たちの、大切な大切な「エナメル質」を脅かすものはたくさんある。

ざっくり言うと、

  • 酸っぱいものは、みんな敵

という状態。

意外な盲点となりやすいのが、

  • グリーンスムージー
  • コールドプレスジュース

などの、ダイエットや美容に効果的なドリンクたち。

  • ゆっくりと口の中で噛みしめるように飲む

なんて飲み方をうのみにしてた日には、

  • まっ黄色の不潔な歯

へ転落まっしぐら。

さらに、酸っぱくなくても、

  • 炭酸水

は酸性の飲み物なので、要注意。

解決策・予防法は、ストローを使うこと

この「ドリンクで歯が黄色くなる問題」の一番の予防策は、

  • ストローを使うこと

だ。

私は、ストローを自宅に常備している。絶対にドリンクをそのまま飲まない。

必ずストローを使って飲む。

普通の白いストローは個人的にダサく感じるので、黒いストローを買っている。

大和物産 ストロー カラー 100本入り ブラック

オフィスなど、自宅以外でもドリンクを飲む人は、すべての場所に小分けして配置(黒ストロー

酸っぱいものを食べた後は、必ず水でうがい。歯みがきは1時間以上空けて

飲み物はストローを使うことで防御ができる。

一方、「食べ物」の場合は?

その場合は、

  • 食べ終わったら水でうがいをする
  • 歯みがきは1時間以上空ける

という2つのポイントが大切。

歯が酸に付いたままにしていると、どんどん、酸で歯が溶けてしまうので、すぐに口をゆすぐ。

ゆすげない場合は、水を飲んだりして、歯に付いている酸を洗い流すように。

ただ、注意が必要なのは、酸を洗い流したいからと言って、歯みがきをするのは絶対NGということ。

というのも、酸で溶けた歯は、時間が経つと、「再石灰化」という働きで、酸性が中和されるようにできている。

それが、再石灰化が終わる前に歯みがきすると、酸でもろに溶けている歯を歯ブラシで削ってしまうことになるので、なおさら、酸蝕歯が進んでしまう。

だから、最低でも1時間以上空けてから歯みがきすることが、大切。



スポンサーリンク