便秘に効果アリなチアシードの戻し方&食べ方。お米代わりに納豆かけて食べたらスゴいことに

昨日、今日、と、あまりにもお通じが絶好調すぎて、根こそぎ腸の中のものが出そうな勢い(軽く数キロ落ちそう)。

なんかしたっけ、と思ったら。そうだ、チアシード食べたんだった。

スポンサーリンク

引き出し開けたら、チアシード発見

数年前、チアシードにかなりハマりまくっていたものの、ブームは去って。

数カ月前にふと気が向いて再度購入したものの、1、2回食べて放置状態だったチアシード。

一昨日、ふと引き出しを開けたら、その残りを発見。

  • 「久しぶりにチアシードでも食べよっかな」

と思い、水に浸してふやかしてみた。

1日目、チアシードを納豆ご飯にして食べてみた

そのときは一晩放置。

翌日、納豆を食べたい気分だったので、チアシードに納豆をかけて、納豆ご飯風に。

私は、糖質制限を食生活の基本にしているので、白米はNGなのだけれど、この「チアシード納豆ご飯」、意外や意外、結構イケる!

2日目、チアシードをゆかりご飯にして食べてみた

コレはいいな、と思い、翌日は、チアシードをゆかりご飯にして食べてみた。

三島 ゆかり 200g

私はこの「ゆかり」が相当好き!!(三島 ゆかり 200g

すると、ふむふむ、これもイイ!

白ご飯と決別した身としては、チアシードご飯は、かなり使える。

3日目、なぜかドーーーーーンとスゴいのが、、、

で、3日目。

突如、なぜか、スゴいお通じが、ドーンとやってきた。

私、頭の中が、

  • ?????

となって混乱。

なんだったんだろう、と思っていたら、4日目。

またしてもドーーーーーン。

  • 「えっ、昨日根こそぎ出たばっかりなのに(?)」

と、さらに混乱。

そこで、思い出した。

  • あああーーーっ。チアシードのせいじゃん!!

過去にチアシードを食べていた頃は、スムージーに混ぜるのを基本としていて、こんなにわかりやすい便秘解消効果は、まったく感じたことがなかった。

(だから、そのうちチアシードはやめてしまったわけだけど)

しかし、私にとっては、今回の食べ方でチアシードを食べると、効果てきめんのようだ。

便秘に効いたチアシードの戻し方&食べ方

ここでおさらい的にまとめ。

私が便秘に効いたチアシードの戻し方と食べ方は、下記の通り。

<材料>
  • チアシード 大さじ2
  • お椀1杯の水
  • トッピング
  • 納豆、ゆかりなどお好みで
<作り方>
  1. チアシード大さじ2を大きめのお椀に入れる。
  2. お椀いっぱいに水を浸す。
  3. 1時間以上、放置する。
  4. チアシードを白米に見立て、納豆・ゆかりなどをかけておいしく食べる。

以上、レシピというほどもなく、非常に簡単なのだけれど、余裕があれば、チアシードを水に浸して15分ほど経過したところで、一度、全体をかき混ぜておくといい

これをやらないと、上に浮いてきたチアシードがうまく水を含まずに、ちょっと残念な感じになる。

1度かき混ぜると、全体的にまんべんなく、ふくよかに水を吸って、おいしいチアシードになる。

ちなみに、私が今回使ったチアシードの種類はこちら。

健康大陸 チアシード 200g

変な癖がなくて使いやすい(健康大陸 チアシード 200g

以前、チアシードにハマっていた時期に7〜8種類のチアシードを試したけれど、外れのチアシードだと、変な苦みがあったり、膨らみが悪かったりする。

この健康大陸のチアシードは、癖がなくて使いやすい。

Amazonでも購入できる(こちら)。

チアシードの糖質は?栄養成分表示をチェック

糖質制限しているので、チアシードの糖質は、チェックしておきたいところ。

私が食べている健康大陸チアシードの表記は、下記の通り。

糖質は100gで7.4g

大さじ1杯=10gと表記があったので、私の一食分大さじ2杯(20g)の糖質は1.4gということに。

おなか一杯になって、わずか1.4gなら、まっっったくいうことなし。

スポンサーリンク