おなか空いたら白干しの梅干しを緑茶に入れて飲むと食欲が消える

おなかが空いたら、白干しの梅干しを緑茶に入れて飲むと、食欲がなくなっていい感じになる。

スポンサーリンク

白干しの梅干しとは?

白干しの梅干しとは、梅を「塩だけ」で漬け込んだ梅干しのこと。

普通の梅干しは、

  • はちみつ
  • しそ

などの他、化学調味料やブドウ糖液などが含まれていたりする。

でも、田舎で育った人なら、「昔、おばあちゃんちで食べた梅干し」とそれは、全然違うことを知っているはず。

昔ながらの塩だけで漬けた梅干しは、

  • すんごい酸っぱい
  • しかもしょっぱい

というダブルパンチなのだけれど、だからこそ、

  • 梅干し本来のおいしさ
  • 梅干し本来の効能

を享受できるというわけ。

私が常に常備している白干し梅

本当は、自宅で手作りで梅干しを漬けるのが一番なのだろうけれど、ちょっとそれは、ハードルが高く。

私がいつも購入している白干しの梅はこちら。

そのまま1個、口に入れたりしたら、

  • 「ひゃあ〜っ!!」

と叫びそうな酸っぱさなのだけれど、これが、おいしいのだ。

お酒を、梅干しサワーとか、梅干しのお湯割りとかで飲む人なら、間違いなく、これがいい。

緑茶に一粒落として、崩しながら飲むと、もうおなかいっぱいに

私はこの白干しの梅干しを、おなかが空いたときに、緑茶に一粒落として、スプーンで崩しながら飲んでいる。

なんだか、妙に満たされてしまい、もうその日はご飯いらないというレベルになる。

注意しないといけないのは、この飲み方をするとき、はちみつやブドウ糖液シロップ入りの甘い梅干しだと、おいしくないということ。

塩だけの白干しの梅干し」だからこそ、おいしいのだ。

ちなみにアレンジバージョンとして、

  • かつおだし+梅干し
  • 昆布茶+梅干し
  • 梅昆布茶+梅干し
  • 醤油+生姜+梅干し(梅醤番茶風)

なども、おいしい。

スポンサーリンク