歯磨きは食後30分以上?3分以内?食前は?歯磨きの正しいやり方、新常識

子どもの頃、「食べたらすぐに歯を磨きなさい!」と教えられた人も多いかもしれない。

しかし、それが逆に歯にダメージを与えていることも。歯磨きに関する最新情報。

スポンサーリンク

歯磨きのやり方次第で、歯は大ダメージを受ける

先日、「酸蝕歯」に関する記事をかいた。

歯は溶ける。酸蝕歯予防法にはストロー必須。黒ストロー常備で白いエナメル質を守る方法
歯は酸で溶けるし、溶けると黄ばむ。 そのことを知っているか知らないかで、審美的にすんごい差が出てしまうと思う。 歯は溶ける。酸蝕歯に...

歯を守る上では、「歯磨きのやり方」も、非常に重要となる。

「意外と知らない歯磨きの新常識」

ESSE 6月号には、「意外と知らない歯磨きの新常識」という見出しで、正しい歯磨きのやり方がレクチャーされていた。

食後の歯磨きは「30分後」が正解

以前は常識とされていた歯磨きの仕方が、じつは誤りだとわかったことも。健康で美しい歯を保つための歯磨きの新常識、押さえておきたいポイントは?

「まずはタイミング。食後すぐに歯を磨くのは、誤った方法なんです。

食後は口内が酸性になっているため、歯のエナメル質がもろくなりやすく、磨くと歯の表面が削れる恐れが。

食後30分くらいたち、睡液成分の働きで口内が中性になった頃に磨くのが正解です」(表参道橋正歯科院長の川崎健一さん)
ESSE 2017年6月号

朝は、朝食後だけでなく「朝食前」も磨くこと

時々、

  • 歯磨きは朝食前か、朝食後か

という論争を見掛けることがある。

最新情報では、「朝食後だけでなく朝食前も磨く」という、両方が大切だという。

また、朝食後だけでなく、朝食前の歯磨きが大切だそう。

「睡液は虫歯菌がつくる酸を中和し、歯を守る役割が。

寝ている間は睡液の分泌量が少なくなるため、細菌が増えている状態。

朝起きたら食事前に歯を磨き、口内の細菌を洗い流しましょう
ESSE 2017年6月号

歯磨きの後のゆすぎ過ぎはNG

意外な盲点となるのが、歯磨き後のゆすぎ方。

すべての汚れを外に出し、かつ、歯磨き粉を残さないように、何度もゆすいでいる人もいるかもしれないが、それはNGなのだそう。

意外なことに、歯磨きあとのゆすぎ方にも落とし穴が!

何度も口をゆすぐのはNG

歯磨き粉に含まれる虫歯の進行を防ぐフッ素が流れてしまいます。

ゆすぎは1回、おちょこ1杯程度の水で行いましょう」
ESSE 2017年6月号

まとめると

  • 歯磨きは食後30分たった頃にする
  • 朝は朝食前と後の2回歯磨きする
  • ゆすぎはおちょこ1杯程度の水で1回だけ

気になるのは、朝の歯磨きで歯にダメージを与えすぎないか、ということ。

私の場合は、朝は食べないので、朝はマウスウオッシュでゆすぐだけ。

マウスウオッシュは、セラブレス セラブレスオーラルリンスを使っている。

セラブレス セラブレスオーラルリンス 473ml

口臭が消えるとネットでも話題になりAmazonでは★4.4の超高評価(こちら

とてもサッパリするし、おそろしいほど口臭が消えるので、これを使うと安心できる。



スポンサーリンク