青いパッケージの麦茶を飲むと、利尿効果がすごくて、むくみ解消する話&作り方

「むくみに効く」といわれる、いろいろなお茶を試したけれど、結局、昔からよくある青いパッケージの麦茶が、私にとってはベストだった。

スポンサーリンク

むくみに効くお茶は、たくさんあるけれど…

医薬品の利尿剤に手を出すほど、むくみに悩んでいた私は、お茶の類いはもちろん、なんでも試した。

  • トウモロコシのヒゲ茶
  • タンポポ茶(ダンデリオン)
  • ハトムギ茶
  • ルイボスティー
  • ジュニパーベリー
  • ハイビスカス
  • フェンネル
  • 玉ねぎの皮茶
  • ごぼう茶
  • 小豆茶 etc.

これ、全部リアルに試している。

ネット上のレビューを見ると、

  • 「飲んですぐに何度もトイレに行った」
  • 「見たことない濃い色のおしっこが出た」
  • 「翌日、脚が一回り細くなった」

などなど、大変魅力的な口コミがたくさん見つかるので、おそらく、効く人には本当に効くのだろう。

しかし、私にとっては、どれも、「むくみ解消」という観点では、まったく効果が実感できなかったのだ。

そんな私でもトイレと仲良しになるお茶が、ものすごく身近あった

そんな、お茶ではむくみ解消効果が感じられない私のような人間でも、飲んで1時間もすると、トイレに何往復もするハメになるお茶が、あった。

それは、「伊藤園 香り薫るむぎ茶」。

伊藤園 香り薫るむぎ茶ティーバッグ 54袋入

誰もがきっと一度は目にしたことがあるはず
伊藤園 香り薫るむぎ茶

笑福亭鶴瓶が広告塔となっていて、どんなスーパーにも置いてある、昔から定番の麦茶。

54袋も入っていて、数百円と安い。

この麦茶を飲むと、もう、体中の水分が、根こそぎ出る勢いの利尿効果なのだ。

青いパッケージの麦茶の作り方

私が先に挙げた数々のむくみ解消用のお茶は、どれも、かなり高い。

しかし、この青いパッケージの伊藤園の麦茶は、カップ用のティーバッグではなく、「大量作成用のティーバッグ」が54袋も入っているというお手頃さ。

私は、1リットルのやかんで、浄水器の水を沸かし、火を止めた後に、ティーバッグを1つ入れ、10分経ったら取り出す、という作り方で作っている。

パッケージには、3通りの作り方が記載されているので、どれでも好きな作り方で作ればOKだ。

パッケージに記載の麦茶の作り方(3通り)

水出しの場合(冷水用ポット)

ティーバッグ1袋に対し、水1リットルを注ぎます。

冷蔵庫に入れて冷やし、お好みの濃さになったらハシなどでかき混ぜ、袋を取り出してください。

水1リットル 約2時間

お湯出しの場合(やかん)

①お湯は一度沸騰させてから火を止めてください。

②お湯約1〜1.5リトルにティーバッグ1袋を入れます。

③約10分後にハシなどでかき混ぜ、袋を取り出してください。

約1〜1.5リットル 約10分

お湯出しの場合(急須)

①ティーバッグ1袋を急須に入れ、十分に沸騰させたお湯を注ぎます。

②急須のお湯は最後の一滴まで注いでください。

約300ml・約60秒

おいしいし、デトックス効果がすごい麦茶

これがおいしいし、体に溜まった余分な水がデトックスされる爽快感も相まって、1日に2回作って2リットル飲み干している。

しかし、それだけ飲んでも、

  • 「絶対に飲んだ量を軽く超えているでしょう!」

という量の排せつがあるので、なんだかみるみる細くなりそう。

私は、熱い麦茶もぬるい麦茶も冷たい麦茶も大好きなので、扱いもしやすい。

コーヒーや紅茶は、ホットは冷めるとまずいし、アイスは氷を入れないとパッとしない。

でも、麦茶って、どんな温度でも不思議とおいしく感じられるのだ。

あっつあつをフーフーしながら飲むのも幸せ。

そこから冷めてきたものをゴクゴク飲むのも幸せ。

暑い日に、キンキンに冷やして飲むのも幸せ。

アレンジの飲み方もあるらしい

パッケージを見ていたら、さらに不思議な飲み方も載っていた。

濃く煮出して、砂糖やミルクを入れる「カフェ風むぎ茶」や、麦茶のミルクティー版「むぎ茶ミルク」。

それに、「ちょい足しむぎ茶」では、砂糖や塩を足すのだそう。

私は、麦茶に砂糖や塩を入れる習慣はなかったけれど、地域によっては、これが普通らしい。

真夏に塩入り麦茶は、熱中症予防に良いかもしれない。

安くてどこにでも売っていて、むくみ解消効果がすごくて、しかも、いろいろなアレンジも楽しめる麦茶、おすすめ。



スポンサーリンク