トイレ掃除に使い捨てブラシさえ使わなくなって、便秘解消したおすすめのやり方

ダイエットや美容に「便秘解消」が重要なことは、言うまでもない。

そして実は、「トイレ環境」は、おなかの調子に大きな影響を与えている。トイレをキレイにキープしていると、便秘解消しやすいのだ。

私は、トイレ掃除に一切ブラシを使わず(使い捨てブラシも使わず)、キレイにキープする方法にたどり着いた。

スポンサーリンク

「トイレのブラシ」の不衛生さが耐えられない

もともと、「トイレのブラシ」の不衛生さが耐えられなくて、使い捨てタイプのトイレブラシが発売されたときは、すぐに飛びついて購入した。

【まとめ買い】 スクラビングバブル トイレ洗剤 流せるトイレブラシ 本体ハンドル1本+付替用16個セット

たくさんのトイレブラシ難民を救済した画期的な商品(流せるトイレブラシ

このブラシは、従来のブラシに比較すれば、随分とたくさんのストレスを解消してくれた。

最も雑菌が付着するであろう「ブラシの毛」の部分が使い捨てなので、清潔に保ちやすい。

濃縮洗剤が付いているので、このブラシだけでトイレ掃除ができる。

しかし流せるトイレブラシでも、「ブラシの本体ハンドル」は、便器内に触れるものとして残っている

それが、無意識下ではあるものの、結構なストレスを私に与えていた。

それも含めて、「絶対にNG」というほどではないけれど、感じていたデメリットは下記の通り。

  • 本体ハンドルが不潔に感じる
  • 付属ブラシ・洗剤の汚れ落ちがあまり良くない
  • 替えブラシのラーニングコストが高い

ちなみに、3番目の「替えブラシのラーニングコスト」については、「半分にして使う」という技を駆使して、コスト削減することもあった。

1個使うほどでもないけれど、ちょっとした汚れを落としたいときには、このやり方が適していた。

トイレブラシの本体ハンドルさえなくしたい

数年の間、流せるトイレブラシをせっせと愛用していたものの、やはり、「本体ブラシに感じる不潔感」は払拭することができず、他にもっと良いやり方はないか?と物色し始めた。

結論から書いてしまうと、私の今のトイレ掃除は、「ブラシレス」で、使うアイテムは、

  • 流せるトイレシート
  • ブラシ不要の超強力トイレクリーナー

のふたつ。

流せるトイレシート

トイレクイックル 消臭ストロング 容器入 10枚

トイレシートもいろいろな種類を使ったけれど、このトイレクイックルの「消臭ストロング」タイプが一番良かった

ブラシ不要の超強力トイレクリーナー

この商品との出会いは大きい。大きすぎる(超強力トイレクリーナー

使い捨てトイレブラシさえ使わない究極のトイレ掃除のやり方

超強力トイレクリーナー」は、「ブラシ不要!」を謳っている。

そんな強気の広告、

  • 「うそ〜?ほんとに〜?」

と言いたくなるところだけれど、実際にこの商品の評判はかなり良くて、Amazonのレビューも良い(こちら)。

なので、これだけでもいけちゃうところ、私は、

  • 使用済みトイレシートによるパック

というやり方を導入することで、万全を期している。

使用済みトイレシートによるトイレパックのやり方

  1. 流せるタイプのトイレシートを使って、便座・便器・床などを拭く。
  2. 使用済みのトイレシートを広げて、便器の中に覆うようにかぶせる。

    ※汚れている部分にうまくシートが当たらない場合などは、状況に応じて、トイレットペーパーも追加する。

  3. その上から超強力トイレクリーナーをかける。上側の縁部分はパックできないので入念にクリーナーをかけておく。
  4. そのまま放置する(1時間〜半日程度)。

ものすごくカンタンで、かつすべてが使い捨てなので、この上なく清潔。

このやり方で、トイレが、

  • ピッカピカ

になるのだ。

我が家の場合は、この掃除というまでもないトイレ掃除を、なんと週に1回するだけ。

それで、以前よりもピカピカ度を保てているのだから、驚いてしまう。

不思議なもので、トイレがキレイだと、おなかの調子もなぜかいい。

キレイなトイレで、快腸な生活は、気持ちがいい。

私が使っているトイレクリーナーはこちら

スポンサーリンク