薬疹・湿疹・汗疹…薬・汗・日光などで皮膚がかゆいとき、ベビーパウダーの対処方法がよかった話

私は、時折、薬疹・汗疹・日光による湿疹などで、4日以上引かないブツブツやかゆみに悩まされてきた。先日も発生してしまったのだけれど、「ベビーパウダー」が救いになった。

スポンサーリンク

暑い時期の湿疹は、なかなか引かなくて、困る

湿疹の種類にもいろいろあるけれど、私が時々なってしまうのは、

  • かゆい
  • 湿疹の場所が移動する
  • 足首の内側、二の腕の内側、膝の内側、太ももの付け根外側に出る

という特徴があるもの。

薬が合わない場合に出やすく(薬疹と診断されたことがある)、しかし、そこへ暑さと日光の影響が加わると、どんどん悪化していくように感じている。

※ひどくはないものの、少し日光過敏症の気があるようで、太陽の光を浴びて皮膚がかゆくなることがある。

一度始まると、4日以上、引かない

あくまでも私の例だけれど、一度始まると、4日以上、引かない

薬疹の類いだと、該当する薬を飲んで1〜2週間以上経過してから抗体ができ、そこから湿疹などが発生するのだそう。

なので、私の体感イメージだと、「体の中にたまっている薬なりなんなりのアレルゲンが、湿疹となって出きらないと終わらない」という感じ。

で、いつもそれに、4日以上かかる。

皮膚科で処方される薬も効かず

皮膚科へ行くと、飲み薬やステロイドなど処方されるのだけれど、私の個人的体感では、薬は全然効かない。

ステロイドを塗った瞬間こそ、多少かゆみが和らぐように感じるものの、すぐにまたかゆくなる。

治りかけても暑さや汗であえなく悪化

さらに、気温が高かったり、汗をかいたり、衣類で刺激を与えてしまったりすると、それをきっかけに、またブツブツやかゆみが悪化して、治るまでに時間がかかってしまう。

入浴はもちろんのこと、食べ物を食べて、体が暑くなっただけでも、全身のかゆみがぶりかえしてきたりするので、やっかい。

冷房の効いた部屋で、できるだけ肌に触れない衣服で、ジッとしているのが一番

あくまでも私個人的な体験談になるけれど、薬疹系の蕁麻疹に襲われたときは、冷房の効いた部屋で、できるだけ肌に触れない衣類で、ジーッと時間が経つのを待つしかない、と思っている。

それ以外にすると良いのは、水を飲むことくらい。水はどんどん飲んで、排尿回数を増やし、代謝を良くした方が良いらしい。

その他には、冷やしたり、シャワーを浴びてみたり、いろいろ試してみたこともあるものの、一気にかゆみがひどくなるケースも多いので、とにかく、余計なことはせずに、ジッとして過ごすしかないという結論に至っている。

どうしても動かないといけないときはベビーパウダーが◎

しかし、どうしても動かなければならない場合もある。というか、4日以上も、ジッと寝て過ごせることの方が稀だ。

やむなく動いたときに、せっかく治りかけた蕁麻疹がぶり返して、かゆみがブワッと出てくるのがいやだったのだけれど、

  • ベビーパウダー

をはたいておくと、だいぶ具合が良いことを発見した。

Amazonなどで見ると、有名なベビーパウダーはどれも評価が高い。なので、ベビーパウダーならば、どれを購入しても失敗は少なそう。

その中で私が購入したのは、汗疹対策やアトピーで使っているという人のレビューが複数あった、こちらのもの。

シッカロールキュア 140g

「薬用」「敏感肌用」「パフ付き」がうれしい(シッカロールキュア 140g

大人でもベビーパウダーが好きな人は結構いる。ボディケアだけでなく、メイクにも使ったり。しかし、私はおそらく、人生で初めてベビーパウダーを買った。

ドンッ!と大きな缶の中に、ドサッと粉がそのまま入っていて、ちょっとビックリしたけれど、300円という安さも考慮すれば、全然OK。

そして、何よりその効果。

これを塗ると、肌の表面がサラサラにキープできるので、汗や服の刺激で、せっかく治りかけたのにぶり返す、ということがない。

順調に快方に向かっていくので、「もっと早くベビーパウダーという方法に気付いていれば!」と思うくらい。

これからの季節、汗で湿疹が出るのを予防するためにも、日々付けてみようと思っている。



スポンサーリンク