歩きすぎやランニングで足の小指にできた靴擦れの水ぶくれを放置したら4日目で完治

歩きすぎや、ランニング(マラソン、ジョギング)などで、足の指に、水ぶくれができることがある。

私も先日小指にできてしまい、最短距離で治す方法を考えた結果、「放置」で4日目の朝にはほぼ完治した。

スポンサーリンク

水ぶくれは破った方が早く治る?

「足の水ぶくれは、自然に破ける前に、故意に破った方が早く治る」という説がある。

しかし、この前提は、

自然に破ける前に」だ。

水ぶくれは、破けないに越したことはない。

越したことはないが、どうしてもやむを得ず、歩いている途中などにハプニング的に破けてしまうよりは、自分で故意に破って、すぐに適正な処置をした方が、治りが早いという話。

だから、水ぶくれは破かずに治すのが一番、早い

私の水ぶくれは、「右足の小指」にできていて、触ってみたところ、範囲も広くブヨブヨとしていたけれど、ハプニング的に歩いている途中で破けることはないと判断。

とにかく、破けないように放置することにした。

放置しておくと、たいてい4日目にはきれいに治る

私の経験上、放置しておくと、水ぶくれができて4日目には、きれいに治っている。

水ぶくれになっていた部分の皮膚が茶色っぽく変色し、厚くなり、水は吸収される。

触ってみると、“ゴワゴワ”としているけれど、水ぶくれになる前よりも皮膚が強化されているので、再び同じ箇所が水ぶくれになるということは、まずない。

水ぶくれが破けた場合は、湿潤療法のキズパワーパットが優秀

水ぶくれが破けないように配慮していたにもかかわらず、破けてしまった場合は、そのまま消毒したり洗ったりせずに、湿潤療法のキズパワーパットで保護するのが、私にとっての最短コース。

キズパワーパットを貼りっぱなしにして数日経つと、きれいに治っている。

靴擦れによる水ぶくれ予防には、ワセリン・ベビーパウダー・5本指靴下が有効

ところで、そもそも、水ぶくれができないようにするためには、

  • ワセリン
  • ベビーパウダー
  • 5本指靴下 etc.

を事前に使うと、効果的。

新しい靴を買ったばかりのときや、ランニングを開始したばかりの初心者のとき、マラソンなどの大会にでるときなど、靴擦れしそうなときには、事前の対処で防御しておくのも手。

私は、ランニングシューズを履くときには、常に5本指靴下を履いている。これにしてから、本当に靴擦れを起こしにくくなった。

【スポーツ専用5本指靴下】 ランニングやスポーツジム、サイクリングなど大活躍 | レディースソックス | 5本指ソックス | 4足セット

私が実際に履いているもの。4枚セットで1500円と安いけれど、機能は十分(スポーツ専用5本指靴下



スポンサーリンク