【プチプラ】千円札を握りしめて超絶美肌になる方法

スキンケアのおもしろいところは、お金をかけたからといって、それが美肌度に比例するとは限らないところだ。

お金をかければかけるほどこじれて、おかしな肌になってしまうこともある。

逆に、お金はかけなくても、やり方次第で、ものすごい美肌になることだって可能。

そこでこの記事では、仮に千円しか手元になくて、それでも超絶美肌を作りたいとき、プチプラでもガツンと効果が出る美肌アイテムをラインナップしてみた。

スポンサーリンク

まずは油ものを調達。

そぎ落としたスキンケアの基本は、油分だと思う。

油分がいらない肌は、そもそもスキンケア自体、しなくても良いくらい。

下手な化粧水で角質層をふやかすだけなら、肌のバリア機能を低下させて、逆効果にさえなる。

化粧水って必要ですか?

化粧水でヒタヒタにふやかして、それが蒸発するのは良くないからと乳液やらクリームやらを塗り込むスキンケアは、「お手入れした気分」と「なんか柔らかくなった肌」を手に入れるためには良いと思う。

けれど、本当に肌を健康に、きれいにするためには、あまり役立たない気がする。

私自身、時折、個人輸入やら何やらで、医薬品のようなガツンとした効き目をもたらしてくれるアイテムは使うけれど、いわゆる“普通のスキンケア”はほとんどしないで生きてきた。

(実際、問題ないし、肌を褒められることが多いのは、スキンケアをしていないからだと思う)

油分は必要だと思います。

一方で、化粧水は塗らなくて良いけれど、油ものは、乾燥やつっぱりを感じる人は、無理せずに塗った方が良い。

これは、肌の構造を考えてみても、そう。

肌は、肌自身をうるおすために、肌の表面に、化粧水みたいな水分は分泌しないけれど、皮脂という油分は分泌する。

ということは、そこにはその理由がある。

自然の肌の働きを、そっと手助けするのが本来のスキンケアだから、皮脂が足りなくて肌が乾燥している人は、油分の補給を行おう。

ちなみに、乾燥やつっぱりを感じない人は、何も塗る必要ナシ。

(私自身は、乾燥やつっぱりを感じないので、水分油分含め、スキンケアをしていないということ)

油分は、ワセリンで良いと思う。っていうか、それがベスト。

元々のコンセプトに戻って、千円のプチプラで、超絶美肌スキンケアアイテムを、どう構成していくか。

油分は、純度100%のワセリンが良いと思う。

日本薬局方 / 白色ワセリン 50g・318円

ワセリン、50gで300円ちょっと。

同じく50gのクリームなら、10倍の3,000円はおろか、8,000円〜12,000円のお金がかかる。

でも、やりたいことは、シンプルに「肌の表面をうるおす」これだけなので、シンプルにワセリンの油分さえあれば、十分。

他にも油分はあるのに、なぜワセリン?

ところで、ワセリン以外にも油分はある。

天然油分系のオリーブオイル、ホホバオイル、スクワラン、ローズヒップオイル、アルガンオイル、馬油、etc. その種類は無限。

その中でワセリンがおすすめなのは、

  • 価格が安い
  • 純度が高いので誰の肌にも合いやすい

の2点。実際に、皮膚科でも乾燥の症状があるとワセリンを処方される。

ワセリンは鉱物油(ミネラルオイル)なので、「石油由来のものなんて使いたくない」と心情的に嫌な人がいる、その気持ちは分かる。

けれど、実際のところは医療で使われるワセリンの精製度は高く、余分な成分が含まれていないので、雑成分が多々含まれる、精製度の低い天然系オイルよりも、よほど肌にやさしいケースもある。

その上、非常に安い。

ところで、前から疑問なのが、「鉱物油(ミネラルオイル)」を目の敵のようにたたく人が多い一方で、ユニリーバのヴァセリンを絶賛している人が多いこと。

@cosmeを見たら、20,000件以上の口コミが入っていて、ランキング第2位。

ヴァセリン / オリジナル ピュアスキンジェリー

う〜ん、みんなコレって鉱物油って知ってるのかな??ヴァセリンを愛用するなら、他の化粧品に入っている鉱物油を目の敵にしても、まったく無意味なわけで。

ちなみに、上記のユニリーバのヴァセリンでも、その前にご紹介した日本薬局方の白色ワセリンでも、どちらでも好きな方を選んで使えばOKだけれど、成分が気になる人は、日本薬局方 白色ワセリンの方がおすすめ。

  • ユニリーバ / ヴァセリン全成分:ワセリン、酢酸トコフェロール、BHT
  • 日本薬局方 / 白色ワセリン全成分:白色ワセリン

と、日本薬局方のワセリンの方が全成分がシンプル。

ユニリーバに入っている「BHT」は、酸化防止剤。嫌いな人は嫌いな成分。私は化粧品に添加されているのはごく微量だし、人体に影響があるような成分ではないと理解しているのであまり気にしないけれど、気にする人は、白色ワセリン100%の日本薬局方をおすすめ。

ワセリンの次は純石けんを調達!

日本薬局方 / 白色ワセリン 50g・318円を購入したら、残額は、

  • 1,000円−318円=682円

というわけで、純石けんを調達します。

なぜ純石けん?

いろいろな機能を付けた洗顔料が発売されているけれど、一番肌をきれいにしてくれるのは、アルカリ性の石けん系洗顔料。

「肌は弱酸性だから、洗顔料も弱酸性で」という考え方が、花王のCMなどを中心に広まったけれど、私はあまりこの考え方が好きではない。

肌が弱酸性だからこそ、洗顔料も弱酸性では、本来落とすべき汚れを落とすことができない。

しかも、弱酸性の洗浄料は、弱酸性の肌にピタッとくっついて離れなくなる

弱酸性の洗浄料って、洗い流した後に「独特のヌルヌル感」が残る。このヌルヌル感が、私は苦手。

「うるおいを残した洗い上がり」といえば聞こえは良いけれど、要は洗浄成分がすすぎ切れずに肌に残っているだけ。

一方、アルカリ性の石けん系洗浄料は、「キュキュキュッ〜っ!」と洗い上がる

これが、根こそぎ持って行かれるようで苦手だという人もいるのだけれど、私は、肌表面に弱酸性の洗浄料が残る方が嫌。

しかも、純石けん以外の洗浄料は、合成界面活性剤が使用されているけれど、合成界面活性剤は肌の内側に影響を与えて、バリア機能を壊しやすい。

だから、肌表面の汚れを根こそぎ落としてくれて、でも、肌の内側には悪影響を与えない、石けんが私は好き

しかも、「千円で超絶美肌」というコンセプトに戻ると、純石けんはとっても安い。

ねば塾 / 白雪の詩 2個入り×2セット・540円 

おっきな石けんが2個入って、たったの540円。ちなみに、全身に使える。

(私は、体もすべてアルカリ性の石けん系洗浄料でしか洗わない。そのせいか、全身すべすべをキープできている)

ワセリンと純石けんが入手できたら、使い方をマスター

日本薬局方 / 白色ワセリン 50g・318円
ねば塾 / 白雪の詩 2個入り×2セット・540円

合計:858円(142円おつり)

というわけで、無事に1,000円かからずに超絶美肌セットが入手できました。

そして、重要なのは「使い方」。

高級な基礎化粧品を適当に使うよりも、プチプラアイテムを丁寧に使った方が、よっぽど効果が高いと思う。

ワセリンを使うポイント

肌が乾燥しがちな人は、「洗顔した後、すぐ」を心掛けること。

そのとき、いきなりベタベタたっぷり塗りすぎない。

自分の皮脂のお手伝いをワセリンがする」くらいの気持ちで、薄〜く全体にのばせばOK。

手のひらに少量のワセリンを取ったら、両手をこすり合わせて温めるようにして、手のひら全体にのばして、その手でそっと顔を包み込むような方法で塗る。

「こすらない」ことも、とっても大切。こすらず、「包み込む」。それだけで十分。

肌はいじりすぎないこと。いじればいじるほど、肌はいじける。

この包み込む塗り方で、どうしても乾燥が気になるところは、指先に付けたワセリンを、ちょんちょんと重ね付けしていく。

目尻のシワとか、目元のしぼんだところとか、まぶたのくぼみとか、ほうれい線とか……、自分が気になるところにちょんちょん。

純石けんを使うポイント

純石けんのパワーってすごくて、しっかり濃密に泡立てて使えば、たいていのメイクは落ちてしまう。

一度で落ちない場合は、二度洗いするとバッチリ。

だから、クレンジング料は使わず、メイク落としさえ、純石けんで済ませるのが理想的。

逆にいえば、純石けんで落ちないほどの濃厚なメイクは、肌に負担になるからやめた方が良いと思う。

純石けんの泡立て方は、高級石けんブランドの「P.G.C.D(ページェーセーデー)」の動画が参考になるので、ぜひどうぞ。

P.G.C.Dは1個1万円もする石けんのブランドで、昔使っていたのだけれど、「石けんの質よりも、使い方だなあ」と気付いて、卒業。

その後は、P.G.C.Dで身についた石けんの泡立て方法で、純石けんを使ってる。

まとめ

ワセリンと純石けんの2つさえあれば、千円以内で超絶美肌は作れる。

松田聖子みたいな、「がっつり作り込みました」系の肌にはならないけれど、ナチュラルな透明感があって、薄化粧でも映えるような美肌を目指す人は、シンプルケアがいちばん。

あれこれがんばりすぎて、スキンケアがよく分からなくなっている人は、シンプルに戻る勇気が、肌を救ってくれるかもしれない。

スポンサーリンク