赤身肉を大量に食べた次の日に体重が減る現象は、痩せるというよりむくみが取れるから

「赤身肉をたくさん食べた翌日に体重が減る」という現象は、多くの人が経験しているらしい。

「カルニチンが含まれているため脂肪が燃えたから」なんていう人もいるが、翌日の体重減は、単なる「むくみ解消」と考えた方が良い。

スポンサーリンク

脂肪燃焼効果が翌日に出るわけはないので…

今までにダイエット目的で通ったふたつの場所(脚やせサロンおよびパーソナルジム)で、

  • 赤身肉をどんどん食べて欲しい
  • 脂肪燃焼効果が高まる
  • ダイエット成功した人の共通項は赤身肉をしっかり食べたから

という話をされた。

赤身肉自体は、ダイエットをサポートしやすい食材と思うけれど、それ以上に、

  • 食べた翌日に、ガツンと体重が減る

という効果を感じる人が多いので、ダイエット効果を実感させるテクニックとして、赤身肉を勧める面もあるのだろうな、と思った。

特に、

  • ラム肉
  • 牛肉

を一生懸命食べると、痩せ幅が大きくなる人が多いそうだ(前述のふたつの場所で聞いた話)。

実際に、炭水化物抜きで、お肉だけをガッツリと食べると、翌朝の体重計の数字が減る。

ちょっと不思議な感じがするけれど、1日では絶対に脂肪は燃えないので、

  • むくみが取れたおかげ

と考えるのが自然。

なぜ赤身肉で、むくみが取れるのか?

では、なぜ赤身肉を食べると、むくみが取れるのだろうか。

赤身肉はカリウム含有量が多い

ひとつ、すぐに思い当たるのが「カリウム」の存在。

カリウムは、ナトリウムと結び付いて塩分を体外へ排出する成分だけれど、霜降り肉に比較して、赤身肉のカリウム含有量は、約2倍だ。

宇都宮の肉博士が教える「ステーキダイエット」とは?|ベルステーキ

糖質摂取を抑えることによるむくみ解消効果も

その上、糖質がほぼ含まれない赤身肉を大量に食べ、相対的にご飯やパンなどの炭水化物の摂取量が減り、糖質摂取量が減少すれば、糖質によるむくみ解消も起きる。

糖質は、その3倍量の水分と結び付くので、むくみの原因になりやすい。

鶏肉や豚肉ではそれほど効果がない感じがする

ところで、同じ肉でも、鶏肉や豚肉では、ラム肉や牛肉ほど、即効性はない感じがする。

その理由はわからないものの、むくみ解消を狙いたいときや、一時的であれ体重計の数値を下げたい場合には、ラム肉・牛肉の赤身肉を多めに食べるという作戦は、功を奏することが多い。



スポンサーリンク