リレックス・スマイルとは?(レーシックと比較して角膜への負担が少ない視力矯正手術のメリット・デメリット)

レーシックは、角膜を削る視力矯正。私も過去に行っている。

雑誌を見ていたら、レーシックよりも角膜への負担が少ない「リレックス・スマイル」という方法が開発されたと掲載されていた。

スポンサーリンク

レーシックを行った結果、不具合を訴えている人もいる

レーシックが行われるようになってから25年くらい。

まだ、「30年、40年と経過した場合の実績がないから不安」なんて聞く。

私は今のところ、レーシック直後の視力をキープしているし、後遺症のようなものもなく、快適に過ごしている。

ただ、周囲の経験者の中には、

  • 徐々に視力が落ちてしまった
  • 夜になると見えづらい
  • 目の乾燥がひどくなってきた
  • まぶしいのがつらい etc.

と、不具合を訴えている人もいる(幸い、どの人も、「やる前の状況よりはずっといい」という状況で、深刻度は低いのだけれど)。

そんな中、「レーシックより負担が少ない」という方法が開発された、というのは、とても興味がある。

万が一、再度レーシックで再矯正を検討する事態になったときに、選択肢になるかもしれないし。

レーシックの問題点とは?

週刊ポスト 2017年 9月1日号 」の記事で、南青山アイクリニック(東京都港区)の戸田都子院長が次のように語っている。

「レーシックは、軽度から中等度の近視に対する安全で、有効な橋正治療です。

治療後数時間で1.0程度の視力回復が実感できます。

しかし、フラップを作る際に、角膜の神経線維を切断するため、一時的にドライアイになることがあります。

また非常に稀ですが、フラップがあると万が一目に衝撃を受けた際、しわが寄るなどの障害が起こることがあります」
週刊ポスト 2017年 9月1日号

リレックススマイルとは何か?

一方、レーシックの問題点を解消できる、新たな治療法として登場したのが、「リレックス・スマイル」という方法なのだそう。

レーシックのデメリットを改善するため、ドイツを中心に開発が進められたのが、リレックス・スマイルだ。

フェムトセカンドレーザーを照射し、あらかじめ角膜の内側にシート状のレンチクル(近視の度数に合わせた厚さの切片)を作り、約4ミリ以下のごく小さな切れ目からレンチクルを抜き取ることで、角膜の形状を変化させて屈折を調整する。

基本原理はレーシックと同様だ。手術時間も約10分とレーシックとほぼ同じ。

フラップを作らないので、神経線維の切断量が少なく、ドライアイが起きにくいというメリットがある。フラップがないので衝撃にも強い。

週刊ポスト 2017年 9月1日号

 リレックス・スマイルのデメリットとは?

前述の話だけ聞くと、

  • 「じゃあ、すべてリレックススマイルに切り替えればいいのでは?」

と思うけれど、リレックス・スマイルにはデメリットもあるそう。

「リレックス・スマイルは、ドライアイの方や格闘技など、目に衝撃が加わる可能性の高い方でも治療の対象となります。

ただし、レーシックが治療後数時間で視力回復するのに対して術後1週間程度かかります。

さらに、どの手術後でも経年変化で近視が進むこともあり、全体の5%くらいの方は再手術が必要です。

レーシックはフラップがあるので、再手術が比較的容易ですが、リレックス・スマイルは、同じ方法での再手術は不可能です。

その場合はPRK(表面からレーザーを当てる方法)、または新たにフラップを作り、レーシックで対応することになります」(戸田院長)
週刊ポスト 2017年 9月1日号 

デメリットをまとめると、

  • 視力回復に術後1週間という長い時間がかかる
  • 再手術が不可能

のふたつが、大きい。

現時点では、もし私がこれから視力矯正を行うとしたら、やはりまた、レーシックを選ぶかなと思った。

スポンサーリンク