私がまつ毛エクステをやめた12の理由。まつエクやめてわかったメリット・デメリット

まつエクが出たての頃から、かれこれ10年くらい、ほぼ継続してきたまつ毛エクステ。

こないだ、リペアの予約を取ろうとしているときにふと、「やめよう」と思い立ってしまい、やめてしまった。

この記事では、私がまつエクをやめた理由や、やめてみて実感しているまつ毛エクステのメリット・デメリットを書いていこうと思う。

スポンサーリンク

なぜまつ毛エクステをやめたのか?12の理由

なぜ私がまつ毛エクステをやめたのか。

突然、ふとした思いつきのようにやめたとはいえ、実はこの半年ほど、エクステに対して不満や不安を抱えることが多くなっていた。

まつ毛エクステをやめたのはなぜか、具体的に列挙すると、次の12の理由がある。

年々、グルーの刺激感が強くなっており続けるとアレルギーを発症しそう

エクステの施術回数を重ねるごとに、おのずとグルー(接着剤)による刺激を受けた回数も重なっていく。

そしてその刺激は、クリアされることなく、肌に蓄積しているのでは?と思うようになった。

というのも、回を重ねるごとに、施術中にしみる感覚が強くなってきたり、帰宅後まぶたが腫れるケースが多くなってきたりしていたのだ。

最近は、施術中に目にしみて、左目の涙が毎回止まらなくなっていた。

また、施術の翌朝は、ものもらいのようにまぶたが腫れるように。

そのような症状が、徐々に悪化してきていたので、このまま無理に継続すると、本格的なアレルギー発症を引き起こしかねないと感じた。

年々、エクステがすぐ取れるようになり持ちが悪くなってきた

ここ5〜6回の施術では、なぜかエクステがすぐに取れるようになっていた

施術後のきれいな状態をキープできるのは1週間以下で、2週間目からはもう、エクステが回転したり、パラパラと外れたりし始める。

1.の理由で述べたように、施術中に涙が止まらないことで、グルーの接着力が弱まっていたのかもしれない。

また、まつ毛自体が、長年のエクステの負荷で、細く少なくなっていたことも、一因として考えられる。

エクステが崩れ出すと、それが目に入りそうで不愉快なので、取り除こうとして手で触ってしまい、さらに崩れやすくなるという悪循環にも陥っていた。

実は時短になっていない

まつ毛エクステの施術時間は、私は約1時間半。

サロンまでの行き帰りに30分ずつかかったとすると、1回あたり2時間半(=150分)を費やしている。

一方、私は、毎日フルメイクをするわけではない。自宅から一歩も出ない日もある。フルメイクする日が、週に4日、月間16日間とする。

1カ月に1回、150分費やしてまつげエクステの施術することにより、16日分のマスカラメイクにかかる時間を節約したとすると、

  • 150分 ÷ 16日 = (1日あたり)9.3分

となる。

私は、マスカラを塗るのに9分もかからないので(せいぜい、片目1分、両目2分くらい)、まつ毛エクステの方が時間がかかっているのだ(マスカラを自分で塗った方が、時短だということ)。

コスパが悪い

週7日毎日フルメイクするならまだしも、週の半分くらいしかフルメイクしない生活では、コスパも悪くなってくる。

私はまつエクの施術1回あたり6,000円ほど支払っていたので、

  • 6,000円 ÷ 16日 = 375円

という計算に。

なんと、私、フルメイク1日あたり375円もかけていたのか。もちろん、マスカラを購入する費用と比較しても、6,000円は高い。

しかも、前述の通り、最近まつ毛エクステの持ちが悪くなってきていた。

まつエクによって、マスカラには到底及ばないような美しい状態をキープできているなら、高いお金を支払っても価値があると思える。

しかし、施術2週目からポロポロとエクステが取れて、

  • 「この状態なら、むしろマスカラを塗った方がキレイ」

という状態になっているにも関わらず、時間もお金もかかっているというのは、いただけない。

目の周りのスキンケア(アイクリーム)や日焼け止めができず目元の老化が気になる

20代までは、肌がピチピチ元気だったのに、30代になってから、

  • 目元の老化

の陰を感じるようになった。

この老化をくい止めるためにアイケアをしたいのに、まつ毛エクステをしていると、油分を含んだ化粧品が非常に使いづらい

エクステ中は、ノンオイルのクレンジング必須であることはご存じの通りだけれど、保湿用のスキンケアアイテムであっても、油分が付くと、やはりエクステの持ちは悪くなる。

そうなると、エイジング対策をしたい肝心の目元の際に、効果的なスキンケアを施すことができない。

適切なお手入れができない目元の皮膚は老化して、シワが増え、たるみが目立つようになる。

そして、

  • 目元のお手入れをせずに、目元が劣化してしまっているのに、まつげエクステでビンビン・バサバサに若作りしている

という状態を想像したら、それは最も寒いパターンではないか!と思った。

  • まつ毛エクステなんて付けていない、肌がうるうるピチピチの目元

の方が、私にとっては魅力的なものだ。まつ毛エクステよりも、若い目元を取りたい。

また、まつ毛エクステを付けていると、スキンケアだけでなく、日焼け止めも目の際まで塗ることができない。

そのせいで、改めて自分の顔を明るいところでよく見たら、目の内側の際だけ、うっすら日焼けで色が変わっていたのだ。大ショック。

目の疲れ・首や肩のコリがひどい

エクステの持ちが悪くなり、すぐ取れかかるようになった影響もあると思うけれど、目の疲れと、それに付随する首は肩のコリに悩まされるようになった。

ただでさえ、スマホやパソコンで目を酷使する生活なのに、エクステが拍車をかけてしまったようだ。

メガネやサングラスがしにくい・一眼レフカメラのファインダーをのぞきにくい

最近、ブルーライトや紫外線から目を守るために、メガネやサングラスを着用したいと思うことが増えた。

しかし、私の骨格だと、まつ毛エクステを付けた状態でメガネやサングラスをすると、エクステがレンズに当たってしまうので、多くのメガネ・サングラスが合わない。

なので、デザインよりも、「エクステが当たらないかどうか」を考慮してメガネやサングラスを選ばなければならず、不自由だ。

似た類いことでもうひとつ、一眼レフのカメラでファインダーをのぞくと、エクステが邪魔をしてしっかりのぞくことができない。

ケアプロストの実力を試してみたくなった

私は、まつげ育成のために『ケアプロスト』を使っている。

【体験談】本気のまつ毛育毛効果を狙ってケアプロスト開始。期間は1週間から効果あり
長いこと、まつ毛エクステをしているため、まつ毛美容液はいろいろ試した。 リバイタラッシュ、スカルプD(アンファー)、フローフシ、キャン...

これを使っていると、自分の本来のまつげの長さを大きく超えて、ビョーン、と長くなるのだ。

まつ毛エクステをしているとよく、

  • 「まつげ長いですね!まつエクですか?」

と聞かれるけれど、エクステを褒められても全然うれしくはない。

でも、自まつ毛を伸ばして、「それ、エクステですか?」なんて言われたら、飛び上がるほど、うれしいだろう。

だから、まつ毛の育毛に励みたいのだけれど、まつ毛エクステをしていると、どうしてもまつ毛には大きな負担がかかる。

せっかくケアプロストを塗っていても、効果を最大化できない。

エクステをせずに、せっせとまつ毛をお手入れしたときに、どんな自毛になるのか、試してみたくなった

マッサージやエステを施術されるときにエクステが気になって集中できない

私はマッサージや整体、エステが好きだ。

でも、うつぶせの体制になったときに、

  • エクステがつぶれないかどうか

が気になって、施術に集中できない。

あるときは、エクステがつぶれないように、首に力を入れて顔を持ち上げていたので、首が痛くなってしまった

また、フェイシャルエステは、エクステを始めてから1度も行ったことがない

夏のダメージをもろに食らってしまった後など、フェイシャルエステで、ドドンと一気に回復させたかったりするのだけれど、エクステが取れてしまうので、避けるしかなかった。

まつ毛エクステは不自然だと感じるようになった

最近、なんとなく、自分の価値観が変わってきて、まつ毛エクステを付けている顔が、不自然だと感じるようになった。

毎日24時間、エクステをバサバサにしているのは、化粧が濃く感じるというか、ケバい感じがするというか。

美容雑誌を見ても、映画を見ても、まつ毛エクステをしているモデルや女優はめったにいないし、それよりも、その日のテイストに合わせてまつ毛も変えられる方が、よほど良い感じがしてきた。

自分でコントロールし切れない要素が生活にあるのがストレスになってきた

まつ毛エクステは、付けるのもオフするのも、自力ではできない。

予約を取って、サロンへ行って、時間を拘束されて……、ということの繰り返し

いつものように、

  • 「そろそろ、またサロンへ行かなくちゃ…」

と思い、自分のカレンダーと、ホットペッパービューティのサロンの空き状況とにらめっこしているときに、ふと、「ああ、面倒だ」「やめようか」という考えがよぎった。

今までは、何の迷いもなく、延々とまつ毛エクステを続けてきたのに、ふっとそう思った。

ここまで書いてきた不安や不満を潜在的にずっと抱えてきており、そろそろ潮時だったのかもしれない。

エクステを外した状態で身近な人に見てもらったら気付かれなかった

そんなこんなで、次のまつエクサロンの予約を入れるのをやめた。

そして、

  • 「ひとまず、エクステを外してみよう(耐えられなかったら即、装着すればいいや)」

という考えで、エクステをオフした(オフは自分で行った。こちらの記事参照)。

そして、ごく身近な人に、エクステなし・マスカラありの状態で、

  • 「見てみて〜」「何か今日違う?」

と聞いてみた。

するとなんと、気付かれなかったのだ。

しつこく聞いていくと、「あ、まつげ?自毛?」と気付かれた。

でも、パッと見は、他人から見たらわからないのだ。

結局のところ、まつ毛エクステは自己満足で、人から見るとたいした違いはないことがわかった。

にも関わらず、不便や不安や不満を我慢しながら、エクステを付け続けたって意味はない。

もうエクステは卒業のときだ、と思った。

やめてわかった、まつ毛エクステのメリット・デメリット

まつ毛エクステをやめて、何日か過ごす中で、やめてみて改めて気付いたメリット・デメリットがある。

メリット

メリットは、ほとんど、前述のまつ毛エクステをやめた理由の裏返しになる。

  • お金も時間も節約できる
  • まつエクの奴隷になって拘束された心境からの解放感
  • マッサージでうつぶせになっても全然平気
  • 顔をバシャバシャ思い切り洗える気持ちよさ
  • 隅々までスキンケアも日焼け止めもファンデーションも塗れる
  • アイシャドウがきれいに塗れる
  • 毎日メイクのテイストを変えられる
  • サングラスもファインダーも快適
  • 目の疲れがマシになってきた
  • 自まつ毛がどんどん長くなってきた
  • 取れて落ちているエクステの残骸にギョッとすることがない etc.

ほかに、やめてみて初めてわかったことは、

  • 最近のマスカラの進化がすごい

ということ。

ここ何年もマスカラの新商品なんて試していなかったから、これには感動。

マジョマジョのマスカラ「ラッシュキング」がまつエクレベルにすごかった
まつ毛エクステをやめて、一番最初にしたことは、マスカラ探しだった(まつ毛エクステをやめた経緯はこちら参照)。 なんせ、何年もマスカラか...

デメリット

ほとんどメリットばかりだったけれど、デメリットとして感じることといえば、

  • マスカラは泣いたり汗をかいたりすると崩れる

ということ。

こればかりは、絶対に崩れないエクステに、マスカラは勝てない。

結論、やめて良かったと感じるか?

結論としては、やめて本当に良かったと思っている。

今後絶対にまつ毛エクステを付けないつもりかというと、そんなことはない。イベントがあるときなど、特別な日には、限定的に利用したいと思う。

それは、今までのように、まつエクの奴隷化して、延々にリピートする鎖からは抜けた、ということだ。

あわよくば、人生最長にまつ毛を育成して、特別な日であろうがエクステの必要性を感じないほどになったら、一番すてきなのだけれど。

それは、これからのお楽しみ。