ジェルネイル中に急にお通夜やお葬式の予定が入ったら(自宅で自分でやる落とし方、マニキュアで隠す方法etc.)

ジェルネイルをしているときに、急にお通夜やお葬式の予定が入ったら、ジェルネイルの処理を考えないといけない。

今までに私自身、そんな経験が何度かあったので、そんなときの対処法をまとめておく。

スポンサーリンク

ネイルサロンに行ければ行く

当然、一番良いのはネイルサロンへ行くということ。

いつも行きつけのサロンの予約が取れなくても、都内ならどこにでもネイルサロンがあるので、どこかしらの予約は取れるはず。

セルフで落とす

ネイルサロンの予約が取れなかったり、自分の時間の都合が付かない場合は、セルフで落とす。

「きちんとしたジェルネイルオフキットがないと落とせないんじゃ……」と思うかもしれないけれど、一般的なソフトジェルだったら、100円ショップやドラッグストアで入手できるグッズで十分に落とせる。

セルフでジェルネイルを落とすために準備するもの

  • アセトンの除光液(アセトンフリーではないもの)
  • アルミホイル
  • コットン
  • やすり(ファイル)
  • 割り箸(オレンジスティック)

セルフでのジェルネイルの落とし方

  1. やすりでネイルの表面を削る。
  2. コットンにアセトンの除光液を浸して、ネイルの上に貼り付け、その上からアルミホイルを巻いて固定する。この状態で10〜15分放置。
  3. アルミホイルをはがす。ネイルがアセトンで柔らかくふやけてきているので、それを割り箸とやすりを使いながらオフしていく。
    なかなか取れないときは無理せずに、もう一度、アセトンを浸したコットンにアルミホイルを巻いて放置を繰り返す。

ジェルネイルが初めてではない人は、今までにネイリストさんにオフをしてもらったことがあるので、だいたいの手順は分かると思う。

オフするときに爪を傷めてしまうことがあるので、本当はプロのネイリストさんにやってもらった方が良いけれど、事情が事情でそんなこと言ってられないときは、セルフで落とすのがいい。

キャンメイクのマニキュアで隠す

セルフでジェルネイルをオフする時間がない、というときは、緊急手段でとりあえずナチュラルな色のマニキュアで落とす。

私も一度、本当に時間がなく、マニキュアを塗るのみで参列したことがある。

そのとき、ネット上で、「パッと見は地爪に見えるほどナチュラルな色で、かつ、下のジェルネイルの色をカバーする透けないタイプのマニキュア」を探した。

おすすめは、キャンメイク・カラフルネイルズの「71 スキンベージュ」という色。

一度塗りでしっかりカバーでき、速乾性もある。色も肌から浮かずに目立たない。

お通夜やお葬式以外でも、仕事や対人関係でジェルネイルを控え目に見せたいときに、持っておくと重宝する。

ただし、大きなストーンが付いているような、でこぼこのあるネイルデザインの場合、そのでこぼこはカバーしきれないので注意。

例えば法事など、事前に予定が分かっていて、その前にジェルネイルをする機会がある場合は、上からマニキュアを塗ることを考慮して、フラットなデザインにしておけば、カバーしやすい。

手袋をする

マニキュアでカバーする時間さえなかった……というときは、手袋をするしかない。

ただ、私はそこまで対処する時間がないケースは今までになかったし、手袋はお焼香のときに外さなければならないので、ジェルネイルを隠す役割は果たせないと思う。

どうしてもジェルネイル付きっぱなしで駆けつけなければならないとき、ないよりはマシ、というレベルかと思う。

突然の参列で慌てないように

大人になると、突然の参列の機会は誰にでもある。

そうなったときに、慌てて「あれ、ジェルネイルってどうするんだっけ?」とならないために、あらかじめ対応を知っておくと安心だ。

スポンサーリンク