低用量ピル「ヤスミン」愛用4年経過。太る?副作用は?メリット&デメリット記録

ヤスミンをかれこれ、4年ほど愛用している。実際に使ってみての、メリットとデメリットをまとめてみた。

スポンサーリンク

ヤスミンを飲み出した経緯

私は、PMSや生理前の情緒不安定っぷりが、非常にひどかった。

心療内科で相談し、薬を服用したこともある。しかし、薬の副作用に悩まされてやめた。

自分では抑えられないほどイライラして、周囲に当たり散らした後に生理がやってきて。

「またやってしまった」と、何度後悔しただろう。

死にたくなるほどの憂うつ感、訳もなく泣き続ける、眠くてだるくて仕事ができない——。

生理が重いせいで、人生のうちの長時間を、つらい思いで過ごしてきた。

あるとき生理で大失敗

そしてあるとき、生理が原因で人間関係的な大失敗を犯してしまった。もう絶対に何とかするしかない、と心に決めて、ピルを飲むことにした。

それまでは、ピルのように体に強い影響を与えるもの、リスクがあるものは、やりたくないと思っていた。

しかし、そのデメリットを超えてでも、私は自分の生理を何とかする必要があった。

トリキュラーを試すが合わず

ピルを飲むことに決め、婦人科を受診して、トリキュラーを処方される。

飲んでみるが、まったく合わない。だるくて眠くて、死にそうになる。しかも、体重が増えた。

体重が増えるのは絶対嫌だった。ネットを検索して、「太らない」ピルを探した。

そして見つけたのが、第4世代の太りにくいピルといわれる「ヤスミン」だった。

ヤスミンのメリット

ヤスミンは、私にはとても合っていた。メリットがたくさんあった。

飲み始めの不調がなくすぐなじんだ

飲み始めはどんなピルでも、不調が出やすい。なのに、ピルは全然不調を感じなかった。飲んで、すぐに体になじんだ。

21錠一定なので精神状態も一定

21錠、すべて女性ホルモンが一定量のタイプなので、精神状態も常に一定。

生理による情緒不安定対策でピルを飲んでいる身としては、とてもありがたいポイントだった。

体重が増えない

ヤスミンを飲み始めても、体重は増えなかった。痩せた体でいたい気持ちが強いので、このメリットだけでもヤスミンを選ぶ価値があった。

老けなくなった

過酷なダイエットをするとやつれたり、女性ホルモンの分泌量が減って、老けたりしやすい。

しかし、ヤスミンで常に一定量の女性ホルモンを供給することで、老けなくなった。年齢より若く見られることが増えた。

過食衝動がなくなった

ヤスミンを飲み始めてから、手当たり次第に何でも食べたくなるような、激しい過食衝動がなくなった。

ヤスミンを飲み始める前は、生理前になると、必ず強い食欲に襲われて、普段食べないようなものを大量に食べてしまったりしていた。

それがなくなったのは、とてもうれしいことだった。

ヤスミンのデメリット

PMSがひどかった私は、ヤスミンと出会えていなかったら人生変わっていたと思うくらい、恩恵を受けている。

だから、デメリットを踏まえても、飲んで良かった。ただ、デメリットがないわけではない。

コレステロール値が上がった

コレステロール値があがった。時に、基準値を超えるくらいの数値に。

体重的には痩せの分類だし、脂っこいものを好んで食べたりしていない。ヤスミンの影響と思われる。

(ピルを飲まないよりは)むくみやすい

他のピルに比べたらむくみにくいものの、やはりピルを飲んでいないときに比べたら、足がむくみやすくなった。

現在は、ハイレスと併用することで対策している。

痩せにくい

過食衝動がなくなったので、太りにくくなった一方で、同時に痩せにくくもなった。

(体重キープは安易だが、そこから減らすのは難しくなった、という意味)

ヤスミンを飲む前は、ちょっとダイエットすればガンガン体重が減っていたのが、ヤスミンを飲んでからは、ちょっとやそっとでは体重が動かなくなった。

血栓症への不安

ヤスミンや、ヤスミンと同成分のヤーズは、他のピルに比較して、血栓症のリスクが高いとされている。

(ネットを検索すると、たくさん情報が出てくる)

だから、私はヤスミンは必ず、血液をサラサラにするナットウキナーゼ&EPA・DHAのサプリと一緒に飲むことにしている。

まとめ

ピルは、年齢が上がれば上がるほど、リスクが高まる。一生飲み続けられるわけではない。

ただ、今のところ、私は本当にヤスミンに助けられた面が大きい。

これからも必要な注意はしながら、しばらくは飲み続ける予定でいる。

追記

その後、マーシロンに切り替えることになった。下記記事参照。

スポンサーリンク
スポンサーリンク