黒を使わないアイメイクで、末広二重の目が大きく見える

最近、「黒を使わないアイメイク」をする日が多くなった。

黒は、(私にとっては)使い方が結構難しくて、丁寧にやらないと、逆に目が小さく見える。

でも、そもそも、黒をメイクに登場させなければ、適当にやっても、随分と目が大きく見えるのだ。

スポンサーリンク

黒を使わないアイメイクで使っているもの一覧

まず前提として、私はロングの黒髪で、肌はイエベ、まぶたは末広二重だ。

そのタイプの自分にとって、黒を使わないアイメイクの日に使っているものは、下記の通り。

涙袋用の白アイライナー

昔のギャルみたいに、目の下を真っ白にするわけではないけれど、下まぶたの粘膜ギリギリのところに、うっすら白アイライナーを仕込んでおくだけで、かなり目が大きくなる。

私が長年愛用しているのは、ドーリーウィンクのアイライナー。

ドーリーウインク ペンシルアイカラークリームラメ

何本もストック購入しているお気に入りコスメ(ドーリーウインク ペンシルアイカラークリームラメ

細くきれいに描きやすいし、夜まで全然落ちない。

700円のプチプラで購入できて、1年以上持つくらいのコスパも◎。

こげ茶色のアイシャドウ(1色)

私の目の場合、アイシャドウのグラデーションは、丁寧に上手にやらないと、なんだかとても「変」になる。

オレンジや、赤っぽい茶色など、赤系のアイシャドウだと、腫れぼったくなるし、かといって、青系のアイシャドウだと、悪目立ちしすぎてしまう。

無難にブラウンやカーキでまとめようとすると、逆に目が小さく見えたりする。

なので、一番失敗がないのは、こげ茶色のアイシャドウ1色という選択肢。

もともと、かなり濃いめの発色をするアイシャドウを、薄く塗り重ねていくのが相性が良く、今までで一番、自分に合っていたのは、Visse(ヴィセ)シングルアイカラーの「020(BITTER CACAO ゴールドパールが繊細に輝くマットブラウン)」という色。

これを、二重の幅に沿って仕込んでおくと、失敗なくデカ目になる。

さらに時短で仕上げたいときは、アイシャドウの代わりに、ブラシいらずのスティック状の「インテグレート クレヨンアイズ」を使うことも。

インテグレート クレヨンアイズ BR614 (カートリッジ) (アイシャドウ) 0.7g

色は「BR614」という一番濃いブラウンを使っている(インテグレート クレヨンアイズ BR614

アイシャドウをアイライン的にも塗りやすいブラシ

アイシャドウを塗ったあとに、アイラインは使わない。

ここで黒のアイライナーを使うと、目がしょぼくれて、逆に小さく見える(私の場合)。

もしもアイライナーを使うのであれば、黒ではなく、茶色のアイライナーを使うと、目は小さくなりにくい。

私の場合は、茶色のアイライナーを使う代わりに、前述のヴィセのこげ茶色のアイシャドウを、アイライナー的に目の際と、目尻から下まぶたの外側1/3程度まで入れる。

このとき、上まぶたに引いたシャドウと、下まぶたに引いたシャドウを、「目尻の三角ゾーン」を塗りつぶしてつなげておく。

そうすると、アイシャドウの色が付いている面積全体が「目」になって、目が大きく見える。

ただ、このように上手にアイシャドウをアイライナー的に使うためには、「アイシャドウブラシ」を使った方がいい。

私は、平筆のアイシャドウブラシを立てて、横に動かすようにして塗っている。

このとき、まぶたの皮膚を引っ張るようにして塗ると、ムラにならず、太すぎにならず、きれいに塗れる。

(例えば、下のまぶただったら、あっかんべーするように下まぶたの皮膚を引っ張りながら塗る)

ちなみに、アイシャドウを前述の「インテグレート クレヨンアイズ」の方にした場合は、下まぶたのラインもクレヨンアイズで仕上げる。

茶色のマスカラ

最後に、茶色のマスカラで仕上げる。

黒のマスカラの場合、ほどよいところで止めないと、ある一線を越えたところから、目が小さくなっていく(私の目の場合)。

でも、茶色のマスカラは、永遠に好きなだけ塗り重ねても、永遠に大きくなっていくので好き。

茶色のマスカラは、モテマスカラを愛用。

モテマスカラ リペア Br(ブラウン)

呆れるほど塗り重ねても、お風呂でチュルンと取れるのもいい。まつ毛に負担をかけている罪悪感が少ない(モテマスカラ リペア Br(ブラウン)

マスカラで重要なのは、下まつ毛にも塗っておくこと。

正面から見て、あまり変化がなくても、横顔が激変するので。

黒を使わないと、メイク顔が垢抜けて、しかも崩れない

ここまで茶色メイクについて語ってきたけれど、私は、「まったく黒は使いません」と決めているわけではなく、気分によって使う日もある。

ただし、時間がないときは、絶対に使わない。茶色だけで仕上げる。

黒って、ちゃんと丁寧にやらないと、メイクを台なしにする威力がある。

かといって、気合を入れすぎると、「バッチリメイクしてる!」という雰囲気が漏れてしまう。やりすぎれば、舞台メイクになる。

でも、黒を使わなければ、ザザッとメイクしたとしても、そういう危険性がまずない。

それどころか、「なんか、今日のメイク、いい感じだね」「今日かわいいね」と言ってもらえるときって、茶色メイクなことが多いのだ。

黒と比較して、崩れたときのダメージが、圧倒的に少ない(崩れにくい)こともメリット。

これからも茶色メイクを極めていきたいなあ、と思う。