明日の健康診断までに体重を減らしたい!というときの前日の食事

昔、今より異常に体重の数字にこだわっていたときは、健康診断前日は絶食はもちろんのこと、水分を制限した上で下剤やら利尿剤やらを使うという、危険極まりないことをしていた。

今はそんなことはしないけれど、少しでも体重が減ったらいいな、という気持ちはある。

いろいろ試した中で、周囲の人の体験も含め、一番効果がありそうなのは「赤身肉を大量に食べる」というもの。

スポンサーリンク

赤身肉を食べると、翌日になぜか体重が減っている

糖質制限系の指導をしているジムやサロン(ライザップや某脚やせサロン)では、

  • 「赤身肉を食べると体重が減る人が多い」

と教えられた。

それは、トレーナーやセラピストがクライアントを見てきた中での、経験則的な話らしい。

実際に、「赤身肉をたくさん食べた翌日に体重が減る」という現象を経験する人は多いらしく、私もそのひとり。

1日で脂肪が燃えたりするわけはないので、おそらく、むくみが取れるのだろうと思う(下記記事でも書いている)。

赤身肉を大量に食べた次の日に体重が減る現象は、痩せるというよりむくみが取れるから
「赤身肉をたくさん食べた翌日に体重が減る」という現象は、多くの人が経験しているらしい。 「カルニチンが含まれているため脂肪が燃えたから...

前日の夕食に赤身肉450gを食べて出陣

先日、健康診断の機会があったので、赤身肉で体重を思い切り減らす実験をしてみようと思った。

夕食は、22時までに済ませれば摂ってOKだったので、夕食を「赤身肉大量」にしてみた。

スーパーに寄って、

  • 牛肉 150g
  • ラム肉 300g

の合計450gを調達。

できるだけシンプルに赤身肉の効果を確かめたかったので、そのままただ焼いて、少しだけ塩を付けて食べた。

本当はラム肉が苦手なもので、300gも食べるのは非常にキツかったけれど、とりあえずがんばって食べた。

翌朝、1.2kg減に成功

で、翌朝。

〈前日の朝〉という同条件で計測したときと比較して、なんと1.2kg減。やった!

単純に考えると、450g分の肉を食べているので、その分増えそうなものなのに、なんとも不思議。

朝の尿がいつもよりも多かった感触があったので、やはりむくみが取れたのだと思われる。

この日、お通じがなかったので、お通じがあればさらに減量が見込めたはず。

逆に考えると、「むくみを取りたいときに、赤身肉を徹底的に食べる」という使い方も、できるかもしれない。

また実験してみようと思う。



スポンサーリンク