バリウムのあと、水と下剤の飲み忘れ。お腹痛い!慌てて対処した顛末

バリウムは何度も飲んだことがあるので、ちょっと油断していたのかもしれない。

必要な事後対処をきちんとしておらず、6時間経った頃から慌てて対処して、冷や汗をかいた。

スポンサーリンク

バリウムの量は年々減っていて、苦しさは軽減していた

初めてバリウムを飲んだときは、とにかく苦しくて、もう二度とやりたくない、と思っていた。

しかし、年々、バリウムが改良されているらしく、今年は量も減っていて、味もまずくなく、

  • 「楽勝だな!」

と思ったくらいだった(これが、油断のもとだったかもしれない)。

下剤はすぐに飲むのはやめて、小さな紙コップ1杯の水だけ飲んだ

バリウムの検査が終わったあと、下剤と説明書きの紙を渡され、水と下剤を飲むようにいわれた。

もらった下剤は、「ファースルー錠」というもの。

説明書きには、

  • 2錠を水と一緒に飲むこと
  • 出ない場合はさらに2錠を追加
  • おなかがゆるい人や心配な人は帰宅後に飲んだり、飲まなくてもOK
  • 1日に2リットル以上水を飲むこと

が書いてあった。

ここで私の脳はどう反応したのか、

  • 下剤を飲まなくてもOK

のところがピックアップされ、「このあと大事な仕事があるし、下剤はあとで飲もう」と判断。

また、なぜか、

  • 1日に2リットル以上

の「1日に」が強調され、「2リットルに達するように、帰ったらたくさん水飲まなきゃな!」と思っていた。

すぐにできるだけたくさんの水を飲まなくてはいけなかったのに、「1日トータルで2リットル飲めばいい」という間違った脳内変換が行われたのだ。

そして、その場では、小さな紙コップ1杯分(おそらく100ml程度)の水を飲んで、満足してしまった。

3時間後あたりから、胃が固まったように痛み出す

そして、なぜか、その日バリウムを飲んだことを、忘れてしまった。

そして、いつも通り過ごしていたら、3時間経過したあたりで、

  • 「あれ、今日は胃が痛いなあ」

と思った。

胃がキューッと固まるような、ストレスで胃が痛いときの感覚に近かったので、

  • 「私、何かストレスあったけ?」

とポカンとしていた。

4時間経過したあたりで慌てて水を飲み出す

しかし、胃はどんどん痛くなってくる。

時間の経過とともに、固まった感じの痛みは、腸のほうまで忍び寄っていた。

そこで、ようやく気付く。

  • 「あっ、これバリウムだ」

やばいのか?と思い、iPhoneで検索して、一気に汗が出る。

なんと、バリウムが体の中で固まると、最悪、開腹手術になるという

バリウムで胃に穴が空いて、亡くなった人もいるのだとか。

これはやばいぞ!言われた通りにやってないぞ私!と焦って、そこから慌てて水を飲みまくる。

「コーヒーはダメ」って本当?人間ドック施設での食事はコーヒー付きだった

iPhoneで調べまくっていたとき、頻繁に目にした情報が、

  • コーヒーとお酒は、逆に脱水症状になるので、飲んではいけない

というもの。

確かに、どちらも利尿作用があるので、水分補給には適さないといわれる。

ただ、私が人間ドックを受けた施設では、終了後に施設内で昼食が出るのだけれど、普通に食後のドリンクでコーヒーが出ていた

紅茶など、他のドリンクの中で選択するのだけれど、多くの人がホットコーヒーをセレクトしていたので、私も何の疑問もなくコーヒーを頼んだ。

なので、「バリウムのあとにコーヒーを飲んではいけない」というほどの禁忌ではないようだ。

しかも私の場合、そのあと、自分でタリーズのソイラテも買って飲んだ。

水を飲まないばかりか、コーヒー摂りまくってしまった。

5時間後に下剤追加

もともと、下剤を毎日飲んでいた日々を乗り越えてきた私は、できる限り下剤は飲みたくないな!!!!と思っていた。

しかし、いろいろバリウムについて調べると、そうも言っていられない。

やむなく、下剤を2錠飲む。

この日もらっていた下剤は、「ファースルー錠」というもの。

ファースルー錠の有効成分は「ピコスルファート ナトリウム水和物」。

ラキソベロンとは?ピコスルファートの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版)

ラキソベロンと同成分で、比較的効き目が穏やかとされる便秘薬。

(これを飲んだのは初めてだったけれど、結果として、下剤による強烈な腹痛に襲われるようなことはなく、実際に効き目は穏やかだった)

6時間後、必死で水を飲みまくる

バリウムを飲んで6時間経過したあたりの時間で、帰宅。

ここから必死で水を飲みまくる。2時間で2リットル以上は飲んだ。本気で飲んだ。

  • 「これで一応、1日に2リットルは達成したよね」

と自分に言い聞かせながら。

バリウムが固まって、胃腸のなかで石になり、回復手術を受けるかもしれないと思うと、いてもたってもいられなかった。

ところてん式に押し出すことを狙って、バナナとりんごを大量食い

腸のあたりでバリウムが固まりだしているのか、うめくほどの腹痛があって、怖くなってきた。

バリウムが胃腸に滞らないように、ところてん式に押しだそうと思い、

  • バナナ ×3本
  • りんご ×2個

を食べた。

10時間後、腹痛にうめきながら下剤を追加し、ナッツを大量食い

最初の下剤から5時間経過したものの、まったく出てきてくれる気配がなく、腹痛だけが増していく。

下剤を追加することを決意し、2錠飲む。

それから、再びところてん式を狙って、ナッツを食べた。

ちなみに、バナナ・りんご・ナッツを選んだのは、私にとっては、これらの食材は、ほぼ未消化でササッと胃腸を通って出てきてくれる食材だから。

20時間後(起床)、音沙汰ないので水400mlを一気飲み

それから痛みに耐えながらとりあえず眠り、バリウムを飲んでから20時間後に起床。

音沙汰ないので、ちょっと青くなりながら、とりあえず水を400ml一気飲み。

すると、15分くらいたって、グルグルと胃腸が動き出した。来た!!!

バリウム、ようやく排出完了

で、バリウムをようやく排出。

固まっていたようで、お尻を通るときに、痛みがあったけれど、下剤2回分の効果がしっかり出ていたので、幸いちゃんと出すことができた。

本当に良かった。

もうこんな思いはしたくないので、次にバリウムを飲むときには、直後に下剤と大量の水を飲みまくろうと思う。