自分を変えたいときに読む本は、Kindle 読み上げやFeBeで耳からも何度も入れるとなお良し

「この本を読んだら、気分が明るくなった!」「わたし、変われるかも!」と思うような本に出会っても、定期的に読み直さないと、元に戻ってしまったりする。

でも、一度読んだ本を読み返すのは、(どんなにおもしろい本でも)どうも面倒に感じてしまう。

ただ、せっかくの読んだ後の「いい感じ」をキープしたいという気持ちはある。そこで使っているのが、「耳からも入れる」という方法。

スポンサーリンク

iPhoneですぐできる、Kindleの読み上げ機能はとても便利

私はできる限り本はKindleで購入している。部屋に物体としての本を増やしたくない、というのが一番の理由だけれど、Kindleだと「即席オーディオブック」になるのもうれしいのだ。

私はiPhoneなのでiPhoneのやり方しかわからないのだけれど、[設定]→[アクセシビリティ]→[スピーチ]→[画面の読み上げ]をオン、にするだけで、iPhoneが画面のテキストを音声で読み上げてくれるのだ。

[画面の読み上げ]をオンにしたら、

  • 2本指で画面を上から下へスワイプする
    または
  • Siriに「画面の読み上げ」と話しかける

という動作を行うと、読み上げが起動して、音声で読み上げてくれる。

※詳しいやり方は、下記記事がわかりやすかった。

iPhoneのKindleアプリの音声読み上げ機能はとても便利な機能です。その他、Kindleをおススメする理由についてまとめました。

読み上げ機能の精度は?

昔の読み上げ機能は、機械的すぎて使い物にならなかったけれど、今の読み上げ機能は、とっても自然。

ときどきおかしな読み間違いをしてくることだけ目をつむれば、普通に聞くことができる。

バッググラウンド再生やロック中も再生したいならFeBeなどのオーディオブックが◎

Kindleの読み上げ機能のデメリットを挙げるとすると、次のようなところ。

  • バッググラウンド再生ができない
  • ロック中は再生できない

これらを解決しようとすると、FeBe(フィービー)などでオーディオブックを購入するしかない。オーディオブックだと、普通にiTunesに入れられるので便利。

ただ、1冊あたり500〜1,000円程度のお金がかかってくるので、私は心底気に入った重要な本だけ、オーディオブックを購入するようにしている。

最近だと、大嶋信頼さんの「「いつも誰かに振り回される」が一瞬で変わる方法」は、オーディオブックも購入した。

読書する気力は皆無なほど精神的にケチョンケチョンにやられてしまったときの、「即効薬」としても機能する(耳にイヤホンぶっ刺して再生するだけなので)。

おすすめ記事

大嶋本10冊を2週間で読破したらイライラ・トラウマ・毒親・職場ストレスがスコンと解消
大嶋信頼さんというカウンセラーの書いた本を、気付いたら、2週間で10冊すべてという、異常なペースで読破していた。 結果、私のいろいろな...


スポンサーリンク