摂食障害的な異常食欲に襲われて止まらなくなったときにどう対処するべきか

最近、「食欲が止まらない」という相談を受けた。

私も、今までに、「異常な食欲」に襲われて、試行錯誤したことがあるので、この記事をまとめ的に書いてみる。

スポンサーリンク

食欲に関する記事のリスト

このブログ内には、今までに私が「これをやったら、食欲が正常化した」という経験をしたものについて、いくつか記事にしてある。

そのリストは、こちらから見ることができる(現時点で、この記事を含めて13の記事がある)。

私にとって効果があった方法の紹介なので、他の人にも効果があるのかどうかはわからない。なので、あくまでも、参考情報だけれど、ヒントが見つかる人もいるかもしれない。

食欲を止める前提条件としてやっておくこと

食欲抑制の方法はたくさんあるのだけれど、それにチャレンジする前に、前提として、やっておくことがある。

それは、以前、他の記事に書いたことがあるのだけれど、

  • 代償行為をやめること
  • 必要な栄養素を取ること
  • 適正体重まで体重を増やすこと

の3つだ。

「代償行為」というのは、吐いたり下剤・利尿剤を飲んだりする行為(摂食障害の人がやっている行為)。

これをしている限り、異常な食欲は、やむことはなかった(私の場合は)。

それから、「必要な栄養素を取る」こと。何らかの栄養が足りないと、渇望するような異常な食欲に襲われやすい(私の場合、鉄分や亜鉛は、特に影響が顕著だったので、サプリメントに助けられた)。

最後に、「適正体重まで体重を増やす」こと。

私の場合、いわゆる適正体重まで増やしたくなくて、モデル体重〜美容体重の間でとどめておきたかったので、それ以上は増やさなかった。幸運なことに、それでも異常食欲から抜け出すことは可能だった。

ただ、モデル体重以下の体重をキープしたまま、異常食欲だけを何とかなくそうとしても絶対に無理だった(私の場合)。

※適正体重・美容体重・モデル体重の計算は、下記のサイトが便利。

例えば、過去に、30キロ台まで体重が減ったことがあるけれど、その頃は、どんな対処法を取ろうが、異常食欲は抑えられなかった。

体の奥底から、私にはどうしようもない強いエネルギーが爆発して暴れている感じだった。

飢餓から生き延びようとする生物的な抵抗エネルギーをなめてはいけないと、心底痛感した。それは、完全に私のコントロールを外れていた。

摂食障害に陥っている人は、「30kg台の体重をキープしたまま、食欲だけなくしたい」なんて思うものだけれど、それは、私は無理だった。自分の生命力と対峙して、体重を増やすしかなかった。

異常食欲をなくしたいなら、代償行為をやめて、体重を(せめてモデル体重まで)増やすのが先

繰り返しになるけれど、異常食欲をなくしたいからといって、サプリメントを試したり、いろいろなことにチャレンジしても、

  • 代償行為
  • 異常な低体重

をキープしながらだと、まっっっっったく、効果は得られなかった、というのが私の体験談。

なので、順番として、代償行為をやめて、異常な低体重から抜け出す(せめてモデル体重まで増やす)のは、最初に前提条件として必須だった。私はそれを後回しにしたせいで、ずいぶん遠回りしたと思う。

糖質制限で体重を増やすと、いい感じだった

ところで、勇気を出して、体重を増やしていくときに、糖質たっぷりの甘い物やお米だと、自分でも恐ろしいほど際限なく食べてしまっていた。

それを、糖質制限にすると、おなかいっぱいに食べても、異常に食べすぎることなく、とてもいい感じだった。

私の場合は、食事で上がった血糖値が下がったときに、猛烈な食欲に襲われていたので、そもそも血糖値を上げないという糖質制限は、すごく相性が良かった。

ゆったりと構えることも必要

一時は、一生付き合っていくのかなあ??と思っていた摂食障害。

最近の心境は、下記に書いた。

必要がなくなるまでは、うまく折り合いを付けながら、摂食障害と付き合っていくようなスタンスが、いいのでは?と思う。

そういう心境になるうちに、自然と食欲も普通になっていった気がする。

スポンサーリンク
スポンサーリンク