小鼻のニョロニョロッを今すぐ取りたいときのスパルタな方法

人にはおすすめできない、荒々しい方法。だけど、私がいつもやっている方法。

スポンサーリンク

小鼻のニョロニョロッが邪魔だ!

最近は、ディフェリンなり、ハイレスなりでズルしたので、小鼻のニョロニョロはお見かけしなくなった。

なので、最近はあまりこの荒技を使っていないのだけれど、小鼻のニョロニョロが出てきたら、邪魔なので、即刻、サヨナラすることにしている。

ニョロニョロを放置しておいて良いことはない。

ニョロニョロの正式名称は、角栓あるいはコメド。皮脂と角質(=つまり垢のこと)が混ざって、毛穴に詰まった状態。

これは、ニキビの原因になる。ニョロニョロは、ニキビの原因菌、アクネ菌の大好物だ。

さらに、ニョロニョロが詰まっている毛穴は、押し広げられて徐々に大きくなる。ニョロニョロは美肌の敵なのである。

メイク落とし後に必ずニョロニョロッのチェック

ニョロニョロをチェックするのは、メイク落とし後。

クレンジング料でメイクを落として、すすぎ、ダブル洗顔をする前のタイミングでニョロニョロを確認。

ここでニョロニョロを発見した場合は、即座に除去作業に入る。

使うのは「重曹」そのまま

使うのは、重曹。ダイレクトに、そのまま。

スクラブ、粗塩、AHA石けん、ピーリングジェル、etc.

いろいろ試した中で、最もニョロニョロ撃退力が強いのは、重曹だ。

掃除用に2kgドサッと購入したものを、顔にもゴリゴリと流用するのだ。

パックス重曹F 2kg

私がいま使っている重曹はこれ。掃除用の大容量ながら、食品グレードを満たしているのが◎(パックス重曹F 2kg

これを直接ニョロニョロに付けて、ガシガシこすっちゃう。

肌へのやさしさは一切考慮していないので、肌が強くない人はまねはしない方が良いでしょう。

ニョロニョロの正体は、皮脂と角質が混ざり合った角栓(コメド)。

  • 皮脂:油汚れ
  • 角質:タンパク汚れ

というわけで、アルカリ性の重曹は、この両方を除去するのに最適なのだ。

しかも、重曹の粉のまま使えば、スクラブ効果で、ニョロニョロを削り取ることができるというわけ。

すっきり流すと、ニョロニョロッ撲滅

その後、すっきり洗い流せば、ニョロニョロは撲滅。

  • 「ニョロニョロは、次の日に持ち越さない」

これは美肌をキープする上で、とても大切なことのように思う。1日ニョロニョロを放置すると、ニョロニョロは成長するので、除去するのも大変になる。

毎日小まめにニョロニョロチェックして、その場、その場でニョロニョロ退治していくことが大切だと思う。

ちなみに、「重曹ダイレクトガリガリ」が私流のやり方だけれど、試すのであればもっとマイルドにすることをおすすめする。

例えば、重曹を手持ちのクレンジングジェルに混ぜたり、少量を石けんと一緒に泡立てたりしても良い。

もっとマイルドにしたい場合は、ホホバ油やオリーブ油に少量混ぜて、ゴマージュ的に使ってもOK。

重曹をたくさん入れれば入れるほど強力なるので、肌が弱い人は、ごくごく少量からお試しを。

スポンサーリンク