【顔汗を止めたい】実際に試して効果があった、顔汗を抑える汗をかかない方法

もともと赤面症を持っていたが、あるときから、多汗症も発症してしまった。顔面多汗症と、頭皮多汗症。

赤面症だけの頃は、「赤面さえ治れば——!!」といつも思っていたけれど、多汗症も発症してからというもの、「お願いだから、赤面症だけの頃に戻してください」と神さまに願った。

本当につらくてつらくて。

だからこそ、あらゆる対策を試して乗り越えようとがんばった。そのかいあって、今は顔汗・頭汗をコントロールできている。

その対策を紹介しようと思う。

スポンサーリンク

顔汗&頭汗の多汗症のつらさ…

ちょっと緊張してしまい、「あっ、来る——」と思ったら、もうおしまい。

ダラダラダラダラ、顔から頭から、汗が流れて止まらなくなる。

赤面だけだったら、私が赤くなるだけで、物理的な被害はなかった。

しかし、多汗症も、となると、話がまったく違う。

赤面が引いても、汗はひかない。一生懸命ごまかしながら、ティッシュで抑える。

「とまれ、とまれ……!!」

願えば願うほど、無情に流れ落ちてくる汗。書類にポタポタと汗が落ちる。相手の驚く顔、哀れそうな顔、怪訝そうな顔にいたたまれない。

コンタクトにゴミが入った振りをしたり、せきがとまらなくなった振りをしたりして、その場から逃げ出したこともある。

ただ、その手も、一度きりなら使えるけれど、2回目以降は使えない。

そして具合の悪いことに、緊張してしまうパターン、場面は決まっているので、一度、赤面&多汗症を発症した相手、場面では、何度も繰り返して発症してしまう。

顔汗&頭汗に悩みまくった私を助けてくれた3つの対策

頭と顔から吹き出る汗がつらくて、いろいろな方法を試した。恐らく、ネット上で拾えるすべてを試したと思う。

その中で、私が効果を感じられた3つの方法を紹介する。

メントール入りのボディシートで首を拭く

汗が出そうな場面の直前に、メントール入りのボディシートで首を拭く。すると、首がスースーするので、それで脳が勘違いするのか、汗が出なくなる。

「そんなことで自分の多汗が治るわけがない」と思うかもしれないけれど、これは意外に本当におすすめ。

周囲にメントールのニオイが漂うこと、直前に首を拭けるシーンでないと効果がないけれど、かなり効果的。汗が出始めてしまったときも、ハンカチやティッシュ代わりにこれを使うと、汗が早く止まりやすくなる。

私はこのボディシートを使っていた。

夏になるとコンビニでも売っている(GATSBY ペーパー洗顔

塩化アルミニウム液

ネット上では、「しんじょう薬局」で購入できることが有名な塩化アルミニウム液。

塩化アルミニウム液は市販薬でも入手できる。濃度が違う。

商品名 塩化アルミニウム液濃度 購入できる場所
塩化アルミニウム液 20% しんじょう薬局
日邦薬品/オドレミン 13% Amazon
佐藤製薬/テノール液 3.9% Amazon

オドレミンもテノール液も、公式情報では顔への使用は不可となっている。

ただ、それらよりも濃度の強い塩化アルミニウム液を顔に使っている人が多く、しんじょう薬局では顔への使い方情報も公開されている。

塩アル液は顔や頭にも使えますか。

塩アル液はお顔や頭部にもお使いのご報告をいただいています。頭部は皮脂の分泌の多い部位ですから原液でお使いいただきたいので、添付のミニ容器に移しかえていただき、髪を分けながら叩き込むようになさり、ドライヤーなどでさっと乾かしてから重ね塗りをなさることをお勧めしたいと思います。1回の塗布では効果が出にくいと思いますから、この方法を何日間かお続けいただきたいと思います。

お顔の場合は目の周り以外にご使用が可能ですので、まず狭い範囲にお試しいただき、効果や刺激の強さによっては希釈なさることをお勧めしたいと思います。

注意していただきたいのは、顔面や頭部は温感性発汗が大切な部位ですので、広い範囲に塗布なさると、熱がこもる状態になったり頭痛など自律神経症状が生じる可能性もありますので、一番お困りの部位に限り最小限度(5cm四方以内が適切)の範囲にお使いになることをお願いします。
しんじょう薬局 塩アル液Q&A

私は、塩化アルミニウム液を入手して、頭皮や顔に塗ることで、「汗を抑える」ことに、初めて成功した。

その後、この後に紹介する内服薬で抑えられるようになったため、塩化アルミニウム液の使用は中止した。

しかし、内服薬を飲むことに抵抗がある人は、塩化アルミニウム液のデメリットに耐えられれば、塩化アルミニウム液が向いているかもしれない。

塩化アルミニウム液のデメリット

塩化アルミニウム液で制汗することには、私にとってはいくつかデメリットがあった。

  • 皮膚への刺激が強い
  • 汗が出てきたとき強いチクチク感があって痛い
  • 継続使用する必要があるが、使用方法が面倒
  • 頭皮に塗りづらい、髪が傷む

おそらく、頭汗&顔汗以外の汗なら、塩化アルミニウム液で汗を抑えるのは、とても良いと思う。手汗やワキ汗など。

ただ、敏感な顔の皮膚や、毛が生えていて塗りづらい頭皮に継続するのは、なかなか難しいものがあった。

多汗症治療薬(プロ・バンサイン(プロバンサイン))

塩化アルミニウム液で一定の効果を得たものの、さらに快適に抑えられるものを探していた。

そのときに購入したのが、「プロバンサイン」という多汗症の治療薬。

プロバンサインは、日本で唯一認可されている、多汗症の治療薬。

元々は、神経伝達物質の「アセチルコリン」を抑える(=抗コリン作用)ことで、胃の痛みを改善する胃薬として開発された。

「アセチルコリン」には、汗を出すという働きもある。だから、アセチルコリンを抑えるプロバンサインには、汗を抑える効果もあるのだ。

これはもう、笑っちゃうほどに、てきめんに効いた。1錠飲むと、1日中、汗を抑えるどころか、体中がカラッカラ。

アセチルコリンは、汗以外に、唾液・涙・尿などもつかさどっているので、それらがすべてストップする感じ。

目の乾き、口の渇きが半端ではなく、頭がボーッとするくらい。

しかし、本気で多汗症に悩んでいる人なら、分かると思うけれど、どんなに目が乾こうが口が渇こうが、どうしても汗を止めたいのだ。

だから、見つけたときは、小躍りしたいくらいに助かった!!と思った薬だった。

プロバンサインは飲んで1時間後から効き始め、4〜6時間持続

プロバンサインは、飲んで1時間前後で効き始めて、効果は4〜6時間持続する。

私は1錠で十分すぎるほど効くのだけれど、1錠で効かない人は、2錠飲んでいる人もいる模様。

プロバンサインを飲んでいて効いている間に汗が出てしまった経験は皆無。

真夏の暑い日でさえ、まったく汗が出なくなるので、逆に注意が必要かも。

ちなみに、余談になるけれどネット上では、同じく抗コリン薬の「ブスコパンA錠」で汗が止まった報告を見掛けたものの、私は残念ながらブスコパンA錠ではまったく効き目なしだった。

もうひとつ、交感神経興奮剤のエフェドリンが入っている「鼻炎薬Aクニヒロ」も、汗が止まった報告が多い薬。アレルギー系の薬は、涙や鼻水を止めるので、多汗症にも効きやすい傾向があるようだ。

ただ、私にとっては、やはり多汗症治療薬のプロバンサインが、断トツですごい効き目だった。

まとめ

かなりつらい状況に追い込まれていたので、注射や手術も含めて検討していたけれど、ひとまず、プロバンサインに出会えたのは本当に良かったと思う。

使い続けて耐性ができるのも嫌だし、飲んだ日は体がだるくなるので、ここぞというときだけ選んで使っている。

※赤面症・あがり症の情報をお探しの方は、「赤面症・あがり症に関する記事リスト」もご覧ください。

おすすめ記事

スポンサーリンク
スポンサーリンク