巻き込む足親指の爪が食い込んで痛いのを治す。はじく対処法(巻き爪ではなく陥入爪)

足の爪の角が、食い込んで、激痛が走ることがある。

巻き込んだように見えるので、「巻き爪」かな?と思いがちだけれど、巻き爪ではない。

「陥入爪(カンニュウソウ)」と呼ばれている症状だ。

スポンサーリンク

陥入爪の原因とは?

原因は、爪の切り方。爪を切ったときに、角がトゲのようになって指の皮膚に突き刺さり、それが炎症を起こしてしまうのだ。

そのトゲ自体は小さなものなのに、炎症が起きると、歩くこともままならないほどの激痛になることもある。

足の爪だけでなく、手の爪にもできる。手の親指にできたりすると、ちょっとiPhoneをいじろうにも激痛で悶絶する。

陥入爪の治し方

これは、人から教えてもらった方法。

準備するものは「つまようじ」。

つまようじの先を、刺さっている爪の角の下に差し込んで、それを外側に強くはじくのだ。

要は、痛みの原因である、指に刺さった爪のトゲを除去すれば良いのだ。うまく行けば、激痛がうそのように、一瞬で痛みが消え去る。

つまようじ以外にも、「糸ようじの先」も使いやすい。陥入爪をはじくために開発されたような形状をしている。

知るとなんてことないテクニックだけれど、これを教えてもらうまでは、いちいち痛みに悶絶していた。

今は、糸ようじのストックを常に持っているので、大丈夫。

陥入爪のケアにも大活躍(糸ようじ

陥入爪を予防するためにはどうすれば良い?

爪切りを使わずに、やすりを使うと、陥入爪になりにくい。

ネイルサロンでお手入れしてもらう手指はやすりでケアしていても、足の指はパチンパチンと爪切りで切ってしまうことが多かった。

これが、陥入爪の原因となっていた模様。

少し面倒でも、やすりを使って整えるようにすると、爪の角がトゲ状にならないので、陥入爪になりにくくなる。

足の爪は、手の爪と違って分厚いので、普通のやすりではなく、目が粗いやすりを購入した方が良い。

足の爪用やすり(ファイル)の選び方

爪やすり(別名ファイル)は、「グリッド」という数字によって、その粗さが示されている。

グリッド数が大きいほど目が細かく、小さいほど目が粗い。

市販されている爪やすりは、80グリッド〜240グリッドが多い。足の爪には100グリッド〜180グリッド程度がちょうど良い。

硬い足の爪を削る爪やすりとしても最適(100/180のネイルファイル

やすりで角を丸く丁寧に処理して、それでも炎症が起きてしまったときは、糸ようじではじく。

これで、あの恐ろしい痛みを怖がらずに生活できるようになった。

スポンサーリンク