【体験談】インデラルを2錠以上飲んだら、あがり症に効きだした

あがり症、緊張症、赤面症、多汗症、震え、吃音などに悩まされている人の中で、密かに人気の医薬品に「インデラル」がある。

あがり症に効果が得られたので、そのときの飲み方を記録しておく。

スポンサーリンク

インデラルとは?

インデラルは、本来は高血圧や心臓病の薬で、心拍を抑える効果がある薬だ。

あがり症の人は、ちょっとしたことで心拍数が上がって、体にさまざまな症状が出てしまう。

そこで、インデラルによって心拍を抑えれば、あがり症も抑えられるというわけ。

「そんな良い薬があるなんてー!(キャー)」

と、何年か前にインデラルに飛びつき飲んだものの、そのときは「まったく効果がなかった」ので、すぐ捨てた(ものすごく、がっかりした)。

けれど、ふとしたことから、インデラルのレビューを読んでいたら、

1錠では効かず、2錠飲んだら効いた

のレビューを複数発見。

な、なんと。もしかしたら飲む量が少なかったのか。確かに、心臓の薬だというので、ビビってほんのちょびちょびしか飲まなかった記憶がある。

そこで、もう一度取り寄せて、再度、服用量を増やしてチャレンジしてみた。

インデラルを服用した日の経過

仕事の打ち合わせやプレゼンなどが重なっているある日、実験的にインデラルを飲んでみた(この日は、本気で緊張するようなイベントはない日なので、様子見として)。

その日の経過記録は次の通り。

初日の記録

8:00

出掛ける前に、1錠を飲む。苦い……。

12:00

特に体に変化は感じない。あがるような出来事も起きていないので、効いているのかよく分からず。

13:00

実験的に、もう1錠、飲んでみる。

14:30

そういえば、心なしか、頭がぽーっとするような……。

心は穏やかで落ち着いているけれど、特にかき乱されるようなことも起きていないため、インデラルが効いているのかどうかはよく分からない。

ただ、苦手な人が話しかけてきても、何の反応もすることなく、するっと対応していたことに後から気付く。インデラルが効いているのかも。

ただ、あくまでも「効いているのかも」というレベル。

16:00

実験なので、もう1錠さらに追加(自己責任)。

トイレに行ったときに鏡を見ると、どうも目が充血している。

頭に血がのぼっているような感覚もあり。

17:00

気分は穏やかな感じが続いている。おっとりしていて、コミュニケーション能力も高い感じ。

どこか客観的に状況を見るような、俯瞰的な感覚がある。

一方、ほんの少しだけれど、車酔いのような気持ち悪さが出ている感じに気付く。若干だけれど、ふらつきというか。

加えて、喉の渇きも感じる。目がシパシパする。

インデラルは服用して3〜4時間後がピークらしい。1錠目のピークは終わり、2錠目のピークを迎えているタイミング。

17:30

若干、緊張する場面の打ち合わせに参加。

ふわっと自分の外に膜が張っているような感覚になって、あがらない。なんというか、「他人事」みたいな感じ。

多分、心臓の鼓動(ドキドキ感、動悸)、心拍数でパニックになってしまう人には、効果てきめんの薬だと思う。

鼓動から来る「震え」にも効きそう。

なんというか、「鈍感」になる感じ。でも、抗不安剤などと違って、気分に直接作用はしない。

あくまでも、体の反応が鈍感になる感じ。

一方、赤面症や多汗症への作用は間接的だろうと思う。

緊張が緩和されるから赤面症や多汗症も緩和される。けれど、ダイレクトにピンポイントで効いてピタッと止めるような作用感ではなさそう。

とはいえ、もちろん飲まないよりは随分マシになるのは確か。

追記:2日目

大勢の人と会う予定があったので、インデラルの効果を確認するのにちょうど良いかと思い、また飲んでみた。

朝8時に1錠、10時に追加でもう1錠。

やはり、以前インデラルを購入して、1錠だけ飲んでいたときは、まったく変化が感じられなかったのに、2錠飲むと明らかに違う。

おっとり、穏やか、ゆるやか、という精神状態が続く。

ただし、若干ボーッとするし、疲れやすい感じもする。キレキレで集中して仕事をしたい日なんかは、足を引っ張るかもしれない。

それと、前日の感じ方とは違い、インデラルは多汗症には効くかもしれないと思った。

というのも、喉が渇いて仕方なく、尿が出にくくなって、むくむ感じになる。

この感覚は、抗コリン作用で汗を止める多汗症治療薬「プロバンサイン」や、車の酔い止めだけれど汗が出にくくなる「アネロン/ニスキャップ」に、とても似ている。

私のインデラルの飲み方

毎日常用するのは嫌なので、プレゼンやスピーチなど、緊張することが分かっている場面で事前に飲むようにしている。

服用後3〜4時間でピークに達し、半減期へ入っていくので、それを見越して飲む必要がある。

  • 3時間前に1錠
  • 1時間半前に1錠

の2錠が、今のところ一番調子が良いようだ。

最後に

インデラルは医薬品なので、飲むのは完全に自己責任になる。

しかも、高血圧や心臓に影響するし、飲む前に確認すべき禁忌事項が結構たくさんある。それをよく熟読して、理解した上で、判断しないといけない。

日本の薬局で自分で買える薬ではないから、自己判断で飲むにはリスクが付きまとう。

ただ、たった約2,000円のコストで、長年悩んできた重症のあがり症が、一瞬にして改善した人、治った人もたくさんいる。

リスクを理解した上で、選択肢の一つとするのは、全然アリだと私は思う。だって、あがり症ってすごくつらいもの。それは、時に命に関わるくらいのことだから。

つらいプレゼン、発表、スピーチ、面接、試験など、考えただけで死にたくなるようなピンチを、ピンポイントで乗り切るために、上手に利用したい。

※赤面症・あがり症の情報をお探しの方は、「赤面症・あがり症に関する記事リスト」もご覧ください。

スポンサーリンク