荒れない・むけない・落ちないリップティントは、ケイトが最強だった。

韓国発のティントが流行ってから、何度もチャレンジするもことごとく撃沈してきた私でも使えるティントが見つかった。

スポンサーリンク

異常に口紅が落ちやすいので、リップティントは救世主

唾液が多いのか、しゃべり方がおかしいのか、どんなに落ちない口紅でも落ちてしまう。

20代の頃までは、口紅自体の色が濃かったので、口紅に頼らずとも唇の色はキープできていた。

ところが、30代に入ってから一気に唇の色が悪化。口紅でコートしないと、具合が悪そうな顔に見えるようになってしまった。

落ちないリップティントは救世主

そんなとき、韓国から入ってきた「リップティント」は、救世主的存在だった。唇自体に色づいて発色するので、こすっても落ちない。

ただ、自分に合う色がなかなか見つからなかったり、唇の皮剥けがひどかったり。なかなか自分に合うリップティントを見つけられずにいた。

アットコスメ★4.7・ケイト(KATE)のティントが優秀

リップティントのコンセプトには超共感しているのに、自分に合うものが見つからない。

そこへ、2016年8月。各所のドラッグストアで華々しくプロモーションを実施していたのが、カネボウ・ケイト(KATE)のリップティント。

つい惹かれて、店頭テスターで試すと……なんじゃこりゃー!いいじゃない!?

びっくりするほど、色づきもモチも良かった(カラーセンサーリップティント

私が試したのは、BK1という色。色の名前は、

  • 【ブラック系】クリアブラック→クリアレッド

という色。つまり「黒」。昨年は「ブラッググロス」が流行っていたこともあり、そのまま購入。お値段も1,200円程度で安い。

液体自体は透明ピンクで、その人の唇の色に反応して色が変化する。

私の場合、10代・20代の頃のような赤い唇がひと塗りで戻ってくる。色がすごく合っていた。

その後、他の色も数色購入したけれど、結局、一番感動があったのは始めに買ったブラックだった。

ケイトのティントは夜になっても落ちない

「ティント」と一口にいっても、夜になると落ちてしまうものもある。

でも、ケイトのティントは夜になっても落ちなかった。しっかり着色しているので、クレンジングを丁寧にした方が良いなと思うほど。

しかも、口紅っぽさがなく、まるで地の唇がその色、みたいな持ち方をする。それが本当、理想的。

しかも、荒れない。むけない。いい!

同色2本購入して愛用中

とても気に入ったので、自宅のドレッサーに1本、持ち歩くバックの中に1本と、同じ色2本を愛用中。

ケイトは割と商品の入れ替えが激しく、大々的にデビューさせても、相当の大ヒット商品でない限り、すぐなくなってしまうイメージがある。

もしそうなったら困るから買い置きしつつ、定番品になって欲しいなと思う。