スキンケアよりも、日焼け止めの方が、美肌貢献度のコスパが高いと思う

スキンケアをがんばるよりも、毎日、日焼止めを塗る方が、必ずキレイな肌になれると思う。

スポンサーリンク

紫外線は確実に肌を老化させる

「シミ」「そばかす」に悩んでいる人はもちろん紫外線カットを意識していると思う。けれど、紫外線の影響は、それだけではない。

だから、怖い。

実際に、周囲にいるアウトドアな趣味を楽しんでいる人は、男女問わず、肌年齢がかさみがちだ。

特に、海によく行く人は、シミ・そばかすが多いだけでなく、なぜかみんなしわくちゃだ。毛穴も、ボコボコ大きな人が多い。

メラニン色素だけではない紫外線の影響

紫外線に当たると、黒色の色素である「メラニン色素」が出てきて、シミやそばかすの原因になることは、多くの人が知っていると思う。

しかし、紫外線の影響って、それだけではない。

紫外線は酸化の原因になる

紫外線を浴びると、「活性酸素」がたくさん出てくる。

活性酸素とは、触れたものを強力に酸化させてしまう老化物質。

ただ、活性酸素って、まるで悪いヤツのように言われているけれど、本来は、細菌やウイルスなどの体にとって悪いものをやっつけるために存在している。

紫外線は、紛れもなく、体に害を与えるもの。だから、紫外線を浴びると、体を守るために活性酸素が増殖する。

しかし、活性酸素は、相手を酸化させてやっつける力が強すぎる。増えすぎると、自分の細胞まで酸化させてしまう。

酸化」というのは「さびる」ということ。

鉄が錆びて朽ち果てるように老化も進む

体がさびれば、それは老化。肌の透明度が失われて、老けた肌に変わっていく。

さらに糖化の原因にもなる

さらに紫外線が怖いのは「糖化」の原因にもなるということ。

糖化は、酸化と並ぶ老化現象。

酸化が「サビ」と言われるのに対して、糖化は「コゲ」と言われる。

例えば、卵の入ったパンケーキを火にかけると、こんがりと茶色く焦げた焼き目が付く。あれが「糖化」という現象。

卵のタンパク質が変性したものがコゲ=糖化

糖化って、タンパク質が変性すること。

肌の組織を作っているのは、タンパク質だ。有名なコラーゲンだってタンパク質の一種。

それが、紫外線によって肌がコゲて糖化すると、変性してしまうのだ。

糖化したタンパク質がゴワゴワしていて固い。赤ちゃんの肌は柔らかくてプニプニなのに、年を取るとともに、肌が硬くなっていくのは、糖化して肌というタンパク質が変性しているから。

実は、これが深いシワや、「黄ぐすみ」といわれる黄色っぽいくすみの原因になっているのだ。

いくらスキンケアしていても紫外線浴びていたらまったく意味がない

だから、いくらスキンケアしていても、紫外線浴びていたら、まったく意味がないのだ。

逆にいえば、紫外線をしっかりカットすることさえできれば、酸化・糖化を大幅に遅らせることができる。

紫外線が多い地方よりも、少ない寒い地方の人の方が美肌率が高いことは有名だし、体調を崩して室内で過ごしている間に、驚くほど美肌になっていた、というのも聞く話。

実際に、いつも紫外線からしっかりガードされているバストが、真っ白で美肌な人は多いだろう。

それを考えると、スキンケアをがんばるより、紫外線対策をがんばった方が、よほど効率が良い。

紫外線カットなんて、数百円しかかからない

基礎化粧品にお金をかけると、天井がない。例えば、有名なドモホルンリンクルにかかるお金を計算したら、すごい値段になった。

ドモホルンリンクル年間38万円!?高いビックリ。もし買うならクリーム20だけでいいや
ドモホルンリンクルのクリーム20という商品がサンプル使用で秀逸だったので、本品購入したいと思って見てみたら、目が飛び出るほど高かったです。

でも、紫外線カットなんて、数百円しかかからない。

「天然成分で〜」とか「紫外線吸収剤不使用で〜」とか、成分にこだわれば数千円かかる。が、肌が極端に弱い人は除いて、一般的な肌の持ち主なら数百円の日焼け止めで十分。

紫外線吸収剤などのダメージと、紫外線によるダメージだったら、桁違いだから。紫外線に比較したら、日焼け止めに入っている成分の影響なんて、微々たるもの。

「一瞬たりとも、紫外線に肌を当てないぞ」という気概で紫外線対策に取り組めば、肌って本当にキレイになるのだ(実践済)。

かかるお金、数百円。本当にコスパが良い美肌法。