筋膜をはがすと、脚が細くなる。筋膜リリースで脚やせできた体験談

ある時期に通っていたジムでは、「筋膜リリース」という筋膜のストレッチをやっていた。

この筋膜をはがしたら、急速に脚が細くなった、というお話。

スポンサーリンク

筋膜とは?

筋膜というのは、筋肉を包んでいる膜のこと。

これが固まると、コリや痛みの原因になるということなのだけれど、私はこの筋膜が、脚やせを阻む大きな原因になっているのでは?とにらんでいる。

下半身太りの解消は難しく、ダイエットをしても上半身から順番に痩せてしまう、というのはよく聞く話。

「部分痩せは理論的に無理」というのが通説なのに、なぜ部分太りはあるのか……というのが長年の疑問だったのだけれど、「筋膜」はその一つの解かもしれない。

筋膜リリースで筋膜をはがす

一時通っていたジムで、ポールを使って筋膜をはがす、というのをやって、妙にピン!ときた。

そこで、自宅用にポールを購入することにした。

Amazonとかなりにらめっこして、レビューを読みまくり、一番評判が良かった「DB Praise フォームローラー」のブラックを、2,600円で購入。

これが、かなりの正解で、いくらマッサージしても柔らかくならなかった脚の肉が、突如としてブヨブヨになり出したのだ。

エステのセールストークみたいだけれど、
「肉は柔らかくすると落ちやすくなる」はホント

もしかして、人によるかもしれないから、「私の場合」という注釈付きで。

揉もうがつまもうが、ぜい肉が燃えるなんてことは、ないのだけれど、エステでエステティシャンのお姉さんが言う常套句、

  • 「お肉は柔らかくしないと落ちないんですよ〜」
  • 「○○さんは、セルライトが固くなっちゃってますね〜」
  • 「これを柔らかくすると、一気に細くなりますよ〜」

っていう、「柔らかくしないとお肉落ちない」説。

これは、私の経験上は、ホント。

筋肉やらむくみやらぜい肉やらで、固くてゴリゴリの部分って、ダイエットしても、なっかなか痩せない。

もちろん、体重を落とし続ければ、いつかは落ちる日がやってくる(それも実証済)。

ただ、その日がやってくるのが、ものすごく遅い

他の部分の肉がなくなって、最後にやっっっっっと、落ちる。という具合。

で、どこから肉が落ちていくかというと、「柔らかい部分」。典型的なのが、バスト。

では、ぜい肉はどうすれば柔らかくなる?

部分痩せを叶えたいなら、その部分を「柔らかくする」のは、一つ有効。

としたら、なんとしても痩せたい部分の肉を柔らかくしたいものだけれど、そのために効果がある方法は「温める」こと。

だから、半身浴すると、脚が細くなりやすい。

もうひとつが、物理的に、揉んでほぐすこと。

でも、生半可な力では、肉がブヨブヨになるまでほぐせない

昔、2chで「りんごの塊シャーベット」というのが流行って、私も、必死の形相でふくらはぎを揉みまくったことがあった。

青あざ作りまくって、やっと少し、肉が崩れていくような感じ。

これって筋膜をはがしていたのかもしれない

そんなことを思い出しつつ、あ。と思った。

エステのマッサージやりんごの塊シャーベット。これって、要は筋膜をはがしていたのかもしれない。

ガチガチに固まっていた筋膜がはがれて柔らかくなると、物理的に脂肪が流れやすくなるのではないかと。

そこへ、筋膜リリースができる専用ポール。

これに脚を乗っけてゴロゴロするだけで、手では到底できないほど、ピンポイントで脚をほぐしていくことができる。

力加減も、体重のかけ方を変えるだけだから楽々、自在。

脚の肉が固くなってくると、エステにいって揉み出ししてもらいたいな〜、と思ったりする。

でも、このポールがあると、最初の2,600円の投資だけで、いつでも揉み出し的な効果が得られるので、安いものだなと思う。

スポンサーリンク