お通夜やお葬式のとき、緊急でまつ毛エクステを外すには?(自分でまつエクを自宅オフする方法)

お通夜やお葬式は、薄化粧が基本。

それなのに、まつ毛エクステを付けていてフサフサしている場合は、外していくのがマナー。

しかし、急なことなので、まつ毛エクステのサロンの予約が取れない……という、緊急時の対応方法をご紹介する。

スポンサーリンク

自分でまつ毛エクステを外す方法

本来は、自分でまつ毛エクステを外すのは、技術がないとリスクが高い。

しかし、お通夜やお葬式など、事情が事情で、そうも言っていられないときは、自分で外すという選択肢がある。

準備するもの

  • まつ毛エクステ用のリムーバー
  • 綿棒(できれば小さいマイクロ綿棒)
  • コットン
リムーバー マイクロ綿棒 コットン

まつ毛エクステの外し方

片目ずつ外していく。

  1. コットンを軽く湿らせて、外したい側の下まぶたに貼る。
  2. 綿棒にリムーバーを取り、目を閉じ、まつ毛の根元になじませる。
  3. 5分〜10分放置する。
  4. 綿棒を使って、まつ毛エクステを1本ずつなでるようにして外していく。
    ※スルッと簡単に取れない場合は、無理せずに、さらに5分放置してから外す。

自分でオフできると何かと便利

自分でオフできると、冠婚葬祭はもちろん、それ以外にも何かと便利。

サロンでオフだけしてもらうと、2,000〜3,000円かかったりする。しかし、自分でやれば、出費はわずか数百円で、何度もオフできる。

急にまつ毛エクステがかゆくなってきたときや、もうバラバラになってきたけれどサロンに行く余裕がないときなど、自宅で15分程度でオフできるのはうれしい。

まつ毛エクステをしている人は、リムーバーの常備がおすすめ。

スポンサーリンク