シワを作りたくないから10代の頃からやってたこと

「ほんとシワないよね」と、言われる。確かに、私はあんまりシワがない。

それは、ン十年前に読んだ雑誌に書いてあったことを、数十年、習慣にしてきたからだと思う。

スポンサーリンク

それは、洗顔時の指の使い方

何の雑誌だったのか、さっぱり思い出せないが、そこには、「洗顔のときの注意事項」が書いてあった。

  • 「この習慣で、10年後、20年後の肌が変わります」

と、なんだか予言めいた表現だったことを覚えている。

その習慣とは、

洗顔するときには「顔の中心から外側へ」「下から上へ」洗うこと。
逆向きに洗うと、シワになる。

ということ。

図にしてみると、こんなイメージ。

この情報を目にしてからの私は、クレンジング・洗顔時はもちろんのこと、化粧水・クリームの塗り方、日焼け止め・ファンデーションの塗り方など、すべてにおいて、指使いを「顔の中心から外側へ」へ変えた。

これは、確か、10代後半の頃の話だ。

それから30代になっても、あの頃とさほど変わらずシワがない肌をキープしているのは、この「指使いの変更」が、大きなポイントとなっていると思う。

今からでも遅くないから指使いを変えることをおすすめ

もしこれを、10代・20代の人が見ているとしたら、ぜひぜひぜひぜひ、今日から、指使いを変えることをおすすめする。

そしたら、30代・40代・50代になったときのシワの数が、必ず減るから。

洗顔って、1年間に700回くらいするわけで、10年経ったら7,000回

この間に、

  • 「シワになる動作を積み重ねてきたか」
    それとも
  • 「シワにならない動作を積み重ねてきたか」

で、顕著に差が出るのだ。

もちろん、現在30代以降の人も、本来シワが増えていく時期に入っているものの、指の使い方を変えることで、シワをくい止めることができるはず。

簡単な積み重ねで、10年後、「やってて良かった!」と思えるのは、とても気持ちが良い。