あがり症対策にも使える!最強の乗り物酔い止め薬は「アネロン ニスキャップ」

大人になっても、電車・バス・タクシーなどに酔いやすい体質。

毎日酔い止め薬を常用しているわけではないけれど、「今日は酔ったらマズイ」という日には、薬のお世話になっている。

何十年も、酔いやすい体質をやっているので、薬もいろいろ試した。

  • トラベルミン、パンシロン、センパア、スローソフト etc.

おすすめのもの、評判のものを試してきた私が、「これが最強」ともう手放せないのは、アネロン / ニスキャップだ。

しかもこれ、「あがり症」にも効くことを発見してしまった。

「アネロンニスキャップが一番効く」と言っている人が多い

アネロンは、薬局へ行ってもそれほど目立っていない。最初は、存在さえ知らなかった。

あるとき、ネットで検索していると、

  • 「アネロンが一番効く」
  • 「薬剤師さんに、一番よく聞く酔い止めはアネロンと言われた」

という声が多いことを発見。

すぐに購入して、試してみた。

アネロン「ニスキャップ」は、効きめにムラがなく1日1回の服用で長時間効果が持続する持続性の乗物酔い薬です。

乗物酔いに効果的な5種類の鎮静・鎮吐成分が配合されていますので、はきけ・めまい・頭痛のつらい乗物酔いにもよく効きます。
アネロン「ニスキャップ」

実際、これは本当によく効いて、本当に最強だった。

長時間の船や、運転の荒いタクシー移動などでも、アネロン・ニスキャップさえ飲んでいれば、まったく酔うことがない。

自律神経の薬ということは、あがり症が治る?という発見

素晴らしい酔い止めが見つかってうれしかったのだが、それだけではなかった。

どうしてアネロンはこんなに効くのだろう、と調べている過程で、「自律神経の乱れ」に効くということを発見。

酔い止めは、そのメカニズムは明確に分かっていないそう。ただ、自律神経や平衡感覚、反射性の嘔吐予防の薬などを組み合わせることで、酔いにくくしているとのこと。

「アネロン / ニスキャップ」の場合、下記のようなアプローチを行っている。

アネロン「ニスキャップ」

ということは、

  • 自律神経に問題がある“あがり症”も、アネロンで収まるのでは?

と推察。

特に、含まれる成分のうち、

  • マレイン酸フェニラミン
  • スコポラミン臭化水素酸塩水和物
  • 無水カフェイン
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • アミノ安息香酸エチル

上記赤線の成分は、あがり症にも効果が期待できそう。

試してみたら、あがり症が著しく改善

緊張しそうなプレゼン、スピーチが控えている前に、ものは試しとアネロン・ニスキャップを飲んでみた。

結果——、

  • あまりにも効きすぎて、ペラペラ饒舌になるくらいだった…!

私は、緊張の度合いがひどくなると、赤面症や多汗症の症状が出てくる。

それが、アネロンを飲むと、まったく赤面しないし、汗なんて一滴も出ない

アネロンが赤面症に効くのは重宝する

多汗症の薬には、以前私も購入したことがある「プロバンサイン」がある。

【顔汗を止めたい】実際に試して効果があった、顔汗を抑える汗をかかない方法
もともと赤面症を持っていたが、あるときから、多汗症も発症してしまった。顔面多汗症と、頭皮多汗症。 赤面症だけの頃は、「赤面さえ治れば—...

プロバンサインは、非常によく効く薬だ。全身の汗・涙・唾液などがすべてストップする感じで、一切汗が出なくなる。

「多汗症」はプロバンサインがあれば抑えられるものの、もうひとつの悩みである「赤面症」に効く内服薬というのは存在しない。

社会不安障害(SAD)の診断を受けて、抗うつ薬(SSRI)や抗不安剤を飲むという手はあるけれど、赤面症へのアプローチはダイレクトではない。

緊張する心を治すことで赤面を緩和する、というアプローチになるけれど、赤面しやすい「体質」にはアプローチしない。

ところが、アネロンは、「体質」に効く感じがするのだ。

心が緊張しないから赤面しない、というよりは、緊張しても顔に血がのぼってこないから赤面しない、という感覚に近い。

あがり症対策としてのアネロン・ニスキャップの飲み方

まず、本来の使用方法は、下記の通り。

次の1回量を1日1回、水又はぬるま湯で服用してください。ただし、乗物酔いの予防には乗車船の30分前に服用してください。

年齢 成人(15才以上) 15才未満
1回量 1カプセル 服用しないこと

アネロン「ニスキャップ」

これに対して、私の使用方法は、

  • 緊張しそうな場面の1時間前に1錠飲む

という飲み方。

特に緊張しそうな日は、

  • 2時間以上前に1錠
  • 1時間前に追加で1錠

を飲む(自己責任で)。

この手法を見つけてから、緊張やあがり症で失敗したことがない

ちなみに、精神科で処方される抗不安剤も飲んだことがある。が、あれは性格が変わってイライラ感が強くなったり、依存性が強くなったり、断薬が大変だったりしたので、やめた。

私はただ、あがり症の治し方を知って快適に過ごしたいだけ。それさえ解決されれば、抗不安剤は飲みたくない。

そこへ、アネロン・ニスキャップは、本当に良い仕事をしてくれる。ただの酔い止め。なのに、あがり症が治る

アネロン・ニスキャップの注意事項(副作用)

とはいえ、やはり薬なので、良い面ばかりではない。

飲んだ後のネガティブな症状として、私は下記が生じる。

  • 異常に眠くなる
  • 口や目がパサパサに乾く
  • 当日夜、飲み会が入っていると酔いが回りすぎる

順に説明していこう。

(1)異常に眠くなる

まず、一つ目の「異常に眠くなる」件。

アネロン・ニスキャップを飲んでいると、ものすごく神経が静まりすぎる。脳と体の反応がスローダウンする感じ。

だから、あがり症の症状が出て、交感神経が活性化しているときは、プラスマイナス0になりちょうど良い。

しかし、プレゼンやスピーチが終わって、ホッとした後は、今度は「ボーッ」とした感じと「眠気」に襲われる。

その眠さの程度は強く、日によっては、考える仕事は手に付かないくらいになる。

アネロン・ニスキャップを1錠ならまだしも、2錠飲んだ日は、もうデスクワークは使いものにならないという感じ。

だから、プレゼン、スピーチなどの緊張対策には良いものの、頭の回転が必要な試験の緊張対策には不向き

面接も、単なる受け答えだけなら良いけれど、その場で鋭く考えた答えを返さないといけないような場面での服用は、注意した方が良いかもしれない。

(2)目や口がパサパサに乾く

これも1錠ならそれほど気にならないが、2錠のむとパッサパサになる。

おそらく、アレルギー薬と同じ「抗ヒスタミン作用」がある「マレイン酸フェニラミン」や、「副交感神経遮断作用」がある「スコポラミン臭化水素酸塩水和物」が影響しているのか?と予想。

抗ヒスタミン作用は、アレルギーの鼻水や涙を止める方向へ働くし、副交感神経が遮断されれば汗やよだれの類いは抑制の方向へ向かう。

これは副作用ではあるけれど、これによって

  • 汗が止まる

という、多汗症の人にとってはうれしい効果が発揮されているのでは?と考えている。

  • 「どんなに口や目が乾いてもいいから、汗出ないで!!」

という場面においては、本当に重宝する薬。

(3)当日夜、お酒が回る

最後に、お酒の件。

当日夜に、飲み会や接待の予定が入っているときは、アネロン・ニスキャップを飲みすぎない方が良い。

お酒の酔い方が普段と違うので、悪い酔いするリスクが高い。

実際、私はそれで、普段なら全然平気な量で吐くほど酔ってしまった。

酔い止め薬が緊張を抑えるなら助かる

乗り物酔いもあがり症も、引きずりながら生きていると、かなり人生を損すると思う。

特にあがり症は、人に相談できなくて悩んでいる人も多い。いろんな方法を試しても、効果が出なくて絶望を繰り返す気持ちはつらい。

私はたまたま見つけたアネロン・ニスキャップがとても良く効いた。もし同じような人がいれば、試してみて欲しいなと思う。

追記:子ども用のアネロンなら副作用が少ないことを発見

この記事を書いた後、アネロンに助けられる日々を送っていたものの、眠気にはちょっと困っていた。

そんなときに、「子ども用のアネロンニスキャップ」を発見し、これがとてもちょうど良かった。

同じ悩みの方は、ご参考に。

あがり症対策の酔い止め薬アネロンニスキャップは子ども用が便利(成分同じでぴったり半量)
あがり症や多汗症対策として、私が飲んでいる酔い止めの「アネロンニスキャップ」。 効果はてきめんな一方で、「眠くなる」副作用に悩んでいた...

おすすめ記事

重症の赤面症を克服する治し方。35の方法と対策(効果がある薬・民間療法・化粧メイク・本・病院・自宅ケアetc)
赤面症対策35個公開中。大人になっても続いて、つらくて死にたいほどにひどかった赤面症を、何とかコントロールできるようになった方法。