【体験談】飲むだけで勝手に痩せたサプリメント

かなりのサプリ&ダイエットマニアの私が、何もせずとも勝手に痩せていったときのメモ。

かなりダイエット慣れしていて、体重も多くなく(40kg前半)、簡単には体重変動しづらい状態での、「勝手に痩せた」だから、相当効果が高いと思う。

サプリは常時8〜12種類を飲んでいるため、「おそらくこのサプリだろう」「相乗効果もあっただろう」というものをピックアップして掲載しておく。

スポンサーリンク

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、今、私の最愛サプリメントのひとつになっている。

ナットウキナーゼは私が痩せ体重をキープするために絶対欠かせない(ナットウキナーゼ

飲み始めたきっかけは、Amazonのレビューを見ていて、ものすごく惹かれてしまったから。

  • 「これを飲んでから痩せた」
  • 「コレステロール値が下がった」

という声が、いくつも入っているのだ(こちら)。

さらに、「血液サラサラ効果」がナットウキナーゼは強いらしい、という情報を得た。

私はずっとピルを飲んでいるので、「血栓症のリスク」を減らすことを意識している。

そのため、ピルと一緒に必ずナットウキナーゼを飲むことを習慣付けたいと思ったのだ。

しかも、私が飲んでいる小林製薬のナットウキナーゼなら、EPAとDHAもセットになっている。

  • 血栓症のリスクを減らせる
  • コレステロール値を減らせる
  • 痩せる

これだけ揃ってたら、飲むしかないでしょう!?

初めて飲んだ当日は、かなり驚いた。夜中、尿がじゃんじゃん出て、むくみが軽減したのだ。

むくみをケアするにはリンパより静脈

なぜ、ナットウキナーゼでむくみが軽減したのか?

ここでひとつ押さえておきたいのは、むくみケアにとって重要なのは、

  • リンパより静脈

だってこと。

むくみといったらリンパリンパリンパリンパリンパ……と猫も杓子もリンパを叫んでいるけれど、老廃物を含んだ体液を回収するのは、10%がリンパ管で、残りの90%は静脈なのだ。

むくみをケアするためにリンパマッサージは間違いではないが、静脈のことも考慮しないと非効率ですよ、って話。

単純に、同じケアをリンパ管ではなく静脈に施したら、9倍の効果が出るってことなんだから。

だから、「ナットウキナーゼで血液をサラサラにしたら、むくみが取れた」っていうのは、とっても理にかなったこと。

ナットウキナーゼはむくみ減とコレステロール減で体重減

私の仮説では、ナットウキナーゼは、むくみ減とコレステロール減の相乗効果で体重を減らす効果があると思う。

血栓症の予防という意味も含めて、これからも末永く愛用すべく、Amazonの定期便で取り寄せ続けている。

ナイアシン

ナイアシンは、大好きすぎて、他の記事でも書いているのだけれど、やっぱりナイアシンは痩せる。

飲んでいると全然太らない。びっくりした(ソラレー/ナイアシン500mg

ナイアシンを飲むと、

  • 食欲がパタッと抑えられる
  • 糖質や脂質を燃やしてエネルギーを作り出す

いう2つの作用が、ダイエットに大きな恩恵をもたらしてくれていると思う。

Amazonのレビューを読んでいたら、

  • 「体脂肪率は減って、筋肉は減らず、体重が減った」

という理想の痩せ方をしている人がいたし、さらに、

  • 「ナイアシンを飲んでいるだけで、太らなくなった」

という人も見つけた(こちら)。

これらの感想は、私もナイアシン愛用者として、うなづける。

ナイアシンって、本当にそんな感じ。

番外編:ハイレス

ここからは番外編。サプリメントではなく、薬の話。

「ハイレス」という、利尿効果がある薬を飲んでいるときも、みるみるやせた。

飲み始めた翌日から、体重減&脚の見た目が細くなる、という効果があった。

ただ、最初は、

  • 「水が抜けているだけでしょ(脂肪が減っているわけではない)」

と思っていた。

(水が抜けてむくみを取ることを目的に飲んでいたので、それで良かったのだが)

ところが、どうも、本当にやせていっているようだ

いつもなら、旅行や会食続きで、本来なら3kg以上増になってもおかしくないところで、まさかの1kg減。

ちょっと手放せなくなってしまった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク