糖質制限すると、大人ニキビが治る理由。肌荒れも改善効果

糖質制限って、ダイエットはもちろんのこと、スキンケア効果もすごい。

スポンサーリンク

糖質制限するとニキビができなくなる

私が一番感じるのは、「糖質制限するとニキビができなくなる」ということ。

ポツポツとニキビが多発する原因として、次のようなイメージが強い。

  • チョコレートの食べすぎ
  • 脂っこい食べ物の食べすぎ

しかし、実は、「糖質(炭水化物)」によるところが大きいと思う。

白砂糖控え目なビターチョコレートなら、意外にニキビはできにくいのだ。

砂糖(糖質)とニキビの関係

糖質制限するとニキビが減るのはなぜか。

砂糖(糖質)を取りすぎると、ニキビにとって悪影響を与える、次のようなことが起きる。

①皮脂の過剰分泌

ニキビは、簡単にいうと「毛穴の中に皮脂・角質・汚れが詰まって、その中で悪玉アクネ菌が増殖し、炎症を起こしたもの」。

だから、皮脂が過剰に分泌されると、ニキビはできやすくなる(だから、乾燥肌の人より脂性肌の人の方が、ニキビができやすい)。

「皮脂」はその名の通り、皮膚に分布する皮脂腺から分泌される「脂」で、材料は脂質。

じゃあ、脂質をたくさん取ったら皮脂過剰になるよね、というのはその通り。でも、それだけではない。

糖質も、皮脂の材料になる。

というのも、人間の体の仕組みってすごくって、過剰に摂取した糖質は、肝臓で脂肪に変換されるのだ。

だから、脂質を100%カットした食生活をしていたとしても、白砂糖たっぷり、糖質たっぷりの食生活をしていたら、脂質を大量に摂取しているのと同じ結果になるということ。

「 ニキビを防ぎたい → 脂ものを控えよう 」

という思考回路になりがちだけれど、脂ものを控えても、その分糖質を取っていたら意味がないというわけ。

②ビタミンB群が不足する

ニキビ・肌荒れ・吹き出物に効くおなじみの医薬品に、「チョコラBB」がある。

これ、ほんと大人ニキビの救世主(チョコラBBプラス


チョコラBBの「B」って、ビタミンB群のこと。

ビタミンB群は、美肌を維持するために超・重要。例えば、次のような働きがあるのだ。

ビタミンB1 皮膚や粘膜の健康を維持する
ビタミンB2 肌細胞の生まれ変わりを促進する
ビタミンB3 肌の血行を促進する
ビタミンB5 コラーゲン生成を促すビタミンCをサポートする
ビタミンB6 皮膚の炎症を予防する

これらのビタミンB群が不足したら、ニキビが暴発することは、想像に難くない。

で、ビタミンB群を大量消費させてしまうのが、糖質の摂取なのだ。

ビタミンB群は、糖質の代謝に関わるビタミン。

摂取した糖質を代謝して、エネルギーに変換する役割を担っている。

まとめると、こんな感じ。

糖質を大量に摂取する
ビタミンB群が消費される
体内でビタミンB群が不足する
ニキビができる

だから、糖質制限すると、美肌にとって重要なビタミンB群が温存され、ニキビができなくなるというわけ。

まとめ

肌が荒れてきたな〜、と思うと、前日に会食などで糖質が多い食事を取っていたりする。

断食(ファスティング)で肌がキレイになる一因も、「結果として糖質制限をしている」ことが大きいように思う。

断食までしなくても、糖質を制限するだけで、かなり肌ってキレイになる。

どうしても糖質が多い食事を取ってしまった後は、必ずビタミンB群のサプリメントを、多めに飲むようにしている。

超愛用しているビタミンB群サプリメント(Now Foods/ビタミンB-50

私はNow Foods/ビタミンB-50を毎晩1錠、飲んでいるのだが、糖質を多めに取ってしまった日は、2〜3錠、飲むようにしている。

すると、糖質が響いて、ニキビが出ることはない。

スポンサーリンク