口元が老けるのが嫌すぎて田中みな実の口輪筋エクササイズしまくり筋肉痛(2ヶ月チャレンジ)

口元が老けるのが、本当にいやだ。

ほうれい線とかマリオネットラインとか、もうどこかへ飛んでいってもらいたい。

……なんて思いながら雑誌をめくっていたら、田中みな実が「口輪筋エクササイズをしている」と語っているのを発見。

これすごく良さそうなので、2ヶ月チャレンジすることにした。

口輪筋エクササイズのやり方

田中みな実の口輪筋エクササイズの方法は、

  • つりそうになるくらい「う〜」と唇を前に突き出す

というもの(MAQUIA 2018年11月号より)。

つりそうになるくらい「う〜」と唇を前に突き出すと、バラ色のリップに♡
口まわりのたるみもケアできるんです。
MAQUIA 2018年11月号

↑このコメントとともに、田中みな実が唇を突き出している横顔が掲載されていた(“う〜”というより“ちゅ〜”という感じ)。

朝は、この口輪筋エクササイズの顔をしながら、身支度をするそう。日中も、マスクの下で口輪筋エクササイズをしているそう。

そんなに!?と読んだときは思った癖に、試しに1回だけやってみたら、即・私にも移った。今、これを書きながら、唇を最大限に突き出している。

ちょうど3台目のリファに手を出そうとしているところだった

この雑誌を見た日は、3台目のリファを今にも購入するところだった。

すでにリファカラット・リファボディの2つのリファを持っている。体用には良いが、顔の老化阻止にはもう一回り小さいリファ(リファエスカラット)を買うべきなんじゃないかと、心惑わされていた。

そこへ、田中みな実の口輪筋エクササイズ。口元のたるみ予防!まさに私がいま欲しいそれ。リファを買うのはひとまずやめて、やってみよう。

最初はうまくできなかったが数時間後にはどんどん上達

「う〜」と唇をとがらせてみる。最初は、

  • 「ん?これでいいの?」

と、さほど手応えがない。ハテナマークを浮かべつつ、なんとなくやっていた。

しかし、それから数時間、ヒマさえあれば唇をとんがらせていたら、なぜだか急速に上達。

最初よりも、ぐんぐん前に唇が飛び出るようになって、口周りの“筋肉を使っている感”満載に。

次の日、なんと唇が筋肉痛に!

そして翌朝。

なんと、唇が筋肉痛になっている(!)。

びっくりした。と同時に、これなら、“本当に”口元の形が変わるんじゃないか。と震えた。

体も顔も筋肉は同じ!

  • 顔の老化を完璧に予防するなんて、整形でもしないとムリ。

……と内心思っていたところ、

  • いやいや、筋トレすれば絶対に変わるんだ。腹筋と同じじゃないの。

と思考が変化。

パワー系のヨガで筋肉が付いて、体のラインがメキメキ変わったことを思い出す。あのときと同じように、顔だって変わるんだ。

そこから、がぜんやる気が噴火して、とにかく唇をとんがらせまくっている。

雑誌に載っていた田中みな実のとんがり唇の顔は、妙にかわいらしい感じだったが、私がやっているのはザブングルの人に近い気がする。

せっかくなのでプロテイン補給してみてる

  • 体の筋トレと同じ要領で顔を鍛えればいいんだ!!!

という純粋な理解がスコンと腹落ちしたため、とことん体の筋トレと同じようにやってみようではないか、と思った。

口輪筋エクササイズをやったあと、プロテインを飲んでみている。

それも、体の筋トレをパーソナルトレーナーに付いてやるときみたいに、追い込んで追い込んで追い込んで、限界を超えてさらにその先まで口輪筋を痛めつけてからの、プロテイン。

経験上、体の筋トレは2ヶ月取り組むと、ラインが変わり始める。

口輪筋も、2ヶ月、徹底的にやってみる。結果はまた報告する(一緒にスタートする方がいれば、ぜひ)。


この記事をシェアする