服用中サプリメントまとめ 2018年10月版(断捨離しました)

現在飲んでいる美容・ダイエット・メンタル系のサプリメントのまとめ。

前回までの記事と比較すると、かなり断捨離した気が。

前回の記事はこちら

まず前回までの記事はこちら。

断捨離した3種類のサプリ

前回記事の7月に10種類だったところから、今回は7種類に減っている。

下記の3種類を切った。

  1. ピュアホワイト
  2. 亜鉛
  3. マグネシウム

ピュアホワイトは、紫外線対策で追加していただけなので、時期が過ぎて終了。

亜鉛とマグネシウムは、依然、大好きなサプリでありながら、

  • 「今なら、なくても大丈夫かも??」

と思えたので、ナシにしてみたら、ナシでも大丈夫だった。

いろいろサプリを飲みながらも、そういう実験は、割と頻繁に行っている。

断捨離を乗り越えて、現在も飲んでいるサプリは続きを。

マルチビタミン&ミネラル(ディアナチュラ)

これは、ベースとして飲んでおくと、他のサプリを増減しても大崩れしないことを実感している。

一時、このサプリさえ断捨離してみたことがあったが、調子を崩して再開した経緯も。

亜鉛・マグネシウムの単体サプリは切ったが、このマルチビタミンミネラルに含まれている。

正確にいうと、亜鉛・マグネシウムのサプリ補給がナシでOKになったというより、マルチビタミンミネラルの含有量で事足りるようになった、という状況。

ビタミンC(エスターC)

永遠の愛用サプリ(エスターC

 

エスターCは長年の愛用サプリ。ビタミンCが一粒に1000mg配合されているタイプを飲んでいる。

これは、抗酸化対策で飲んでいるので、全然断捨離しようとは思わない。

これからの季節は、風邪やインフルエンザ予防にも頼れるサプリメント。

鉄分(Now)

イライラしなくなったのはこのおかげか(Now鉄分IRON

鉄は、調子が良くなったからといってやめると、また貯蔵量が減って不調になると聞いたので、続けている。

36mgのこのサプリにしてから、心身ともに調子がよくて、落ち着いている。

オメガ3・プレミアムフィッシュオイル

前回、
長年ピルを飲んでいた影響か、昨年の人間ドックでLDLの値が高かった。今年も秋に人間ドックに行く予定。そこで良い値を出したくてせっせと飲んでいる。

……と書いていた。

今年の人間ドックでは、LDLの数値はきちんと下がってくれた。

関連記事

長年飲んでいた低用量ピルを、ミニピルに変えたのが主要因であるものの、このサプリも役立ったのかな?と思うから、続けている。

強力わかもと(わかもと製薬)

強力わかもと 1000錠 [指定医薬部外品]

これは私の腸に絶対必要(強力わかもと

強力わかもとは、もともと便秘気質で下剤に頼りすぎた私の腸を救ってくれた恩人。

「強力わかもと」と、前述の「エスターC」は、他に浮気することもなく、ずっと淡々と続けている。

ちなみに、強力わかもとの飲み方は、

  • 成人(15歳以上) 9錠 3回

……と書いてあるものの、〈9錠を夜寝る前に1回〉で飲んでいる。

これが私の適量のようだ。

規定量の3分の1しか飲んでいないから、コスパも非常に良い。

5htp(Source Naturals)

 

知識なしに安易に飲むと危険なサプリ(Source Naturals, 5-HTP、100 mg、120カプセル

これは、何となく飲み始めて、何となく良い感じがして、そのまま切らずに続けている。

ただ、「絶対に続けたい!」という感じでもない。

調子が悪いときに飲み始め、すぐに変化が感じられたので、常用サプリではなく必要なときだけ飲むサプリ扱いにしても良い気がしている。

あと1瓶ストックがあるので、飲みきる頃にリピートするかどうか、判断予定。

5-htpは飲みすぎると「セロトニン症候群」を引き起こすリスクがあるので注意が必要。

セロトニン症候群 – Wikipedia

ミニピル(セラゼッタ)

ミニピルのセラゼッタ血液検査結果も良好

セラゼッタ(ミニピル)は、すっかり定着。

低用量ピルからミニピルへ乗り換えることで、低用量ピルを飲んでいたときより食欲が減ったり、消退出血がなくなったり、血液検査結果が良くなったり……、と、多くのメリットを感じている。

デメリットを挙げるとしたら、低用量ピルを飲んでいるときの方が、肌のキメの細かさがあった。

特に、マーベロンを飲んでいるときは、自分でもびっくりする美肌になったのが懐かしい。

ミニピルには、美肌ホルモンといわれるエストロゲン(卵胞ホルモン)が含まれない。低用量ピルのような美肌効果はない。

低用量ピルの上乗せ分がなくなったので、せっせとスキンケアに励む日々。


この記事をシェアする