風邪を引きそうなとき即効で治す対処法(薬・食べ物・入浴etc.)

先日、風邪を引きそうになった。

完全に風邪を引いて長引くと面倒なので、とにかくできるだけ早くリカバリーするため、やっていることをまとめた。

個人的に自分に合う方法なので逆効果になる人もいるかもしれないのでそれは注意を。

ビタミンCをとにかく大量投下

私は高濃度ビタミンC信者だ。

風邪を引きそうなときも、それは変わらない。とにかくビタミンC!!!!と思っている。

風邪を撃退したいときは、1時間に1カプセル(1000mg)ずつ、大量にビタミンCを取っている。

もうこれだけで、ほとんどの風邪の引き始めは撃退できる気がする。

水分を取りまくる

体調が悪いときは、どんどん水分を取って、何度もトイレに行くようにしている。

水分の摂取と排出が滞ると、体の中に具合の悪い成分が溜まっていくような体感がある。

水分の取り方も、1回に500ml飲み干すくらいに、がんがん飲んでいく。飲んで飲んで飲みまくる。

体が冷えると良くないので、常温〜ぬるま湯くらいで。

高温のお風呂に入る

「具合が悪いときはお風呂に入らない」というのが、本来正しいのだろう。

ただ、私の場合は、

  • 高温のお風呂に入って一気に汗をかくと、その場で熱が下がる

というのを過去に経験してから、よくその手法を使っている。

ぬるいお湯に長時間入っていると逆に体調が悪化してくるので、45度くらいの熱いお湯で、サッと入って、サッと出てくる感じ。

肌がカーッと赤みを帯びるくらいがちょうど良い。

下半身を徹底的に温める

それから体を温める。特に下半身。

「普通に温かい格好」のレベルを大幅に超えて、あり得ないくらい着込む。

家中にある服を重ね履きするイメージで。靴下は、冷えとり健康法のように、4枚、5枚と重ねる。

スパッツなども重ねて履く。

ただし、体は締め付けないようにする。特におなか周りを締め付けると逆効果になるので、ウエストを締めるものは全部外す。

超厚着の状態で布団もしっかり掛け、温かくして寝ると、数時間後に汗だくになって起きる。

ここで一度着替えて、もう一回寝て起きると、治っている。

風邪薬は飲まない

風邪薬は、飲まない。

これも人によるのだろうが、風邪薬で症状を抑えると、その瞬間は良くても、結局風邪が慢性化して長引いてしまう。

風邪薬を飲まずに、体を温め水分を大量摂取して、一気に症状を出させて短期決戦に決着を付けるイメージでやっている。

それに、「風邪薬を飲んでいて風邪を引いている状態」が、一番つらい気がする。

「風邪薬を飲んでいなくて風邪を引いている状態」は、具合の悪さの中にも、どこかスカッとする気持ちよさがあるというか……。

「熱はあるのに元気」など、具合が悪いのに元気な謎の状態に陥ることがあるが、それって薬を飲んでいないときに限定される。

ちなみに、「絶対に薬はNG!!」と決めているわけでは、まったくない。飲んだ方がつらいから、飲まないだけ。

どうしても仕事があるとか、その瞬間の症状を抑えることの優先順位が高いときには、飲むこともある。飲み続けることはなくて、そのときだけの必要最低限に抑えているが。

食事はあまり取らない

食事は、食欲がなければ取らない。断食モードに突入することもある。

よく、

  • 食後の薬を飲まなければならないから、食欲ないけどお腹に何か入れなくちゃ

という人がいるけれど、本末転倒だなと思う。

食欲がないときは、体が食べたくないと言っているので、そのまま食べない。

どうしても食べたいものがあったら食べる

一方、謎にどうしても食べたいものが浮かんでくることもある。

そんなときは、それを気が済むまで食べる。おそらく、それを体が欲しているのだろうから。

風邪のときに食べたいものとして浮かぶことが多い食べ物は、こんな感じ。

  • りんご
  • 漬け物
  • 梅干し
  • ゼリー

梅干しを欲したときは、梅醤番茶を飲むこともある。


この記事をシェアする