お通夜・お葬式・法事のロングヘアまとめ髪に使っているブラックフォーマル用アイテム

かなり長いロングヘアだと、ブラックフォーマルのときに、どうまとめるか悩む。

試行錯誤しつつ、失礼のないように、きちんとまとめるために使っているアイテムをメモしておく。

毛先はネットに入れてまとめる

それほど髪が長くないときは、シンプルな一つ結びにすることもあった。

ただ、髪の長さが出てくると、毛先をそのまま垂らしておくより、ネットに入れてすっきりまとめた方がフォーマルに見える。

使っているアイテムは下記のシニヨンネット付きのバレッタ。

美人髪 リボン バレッタ (シニヨン ネット付)/カバー付 リボンが小さく マットな素材

シニヨンネットはいろいろな種類があるが、これは、

  • マットな素材
  • リボンが小さい

という2つのポイントが良かったので選んだ。

使い方

使い方は、下記の通り。

※使われているバレッタは私が持っているのとは違うが、使い方は同じ。

ヘアゴムで一つ結びにする→バレッタで止める→毛先をネットに入れる、という流れ。


美人髪 リボン バレッタ (シニヨン ネット付)

私は、髪は長いが多くはない。そのため、辛うじてネットの中に入るが、ギリギリ感はある。

髪が多くて長い人は、ネットの大きさを気にしながら購入した方が、良さそう。

アホ毛・後れ毛が出ないようムースとスプレーを駆使

アホ毛が出にくい髪質の人なら、前述のシニヨンバレッタでサッとまとめるだけで良さそう。

私の髪質は、すぐにアホ毛が出て、髪の表面がモヤモヤになりやすい。そのままだと、フォーマル感が減って、汚らしく見える。

そこで、バレッタで髪をまとめる前準備として、アホ毛・後れ毛が出ないように、髪を処理しておく。

ラフに見えることなく、ピタッときっちりまとまるように、まとめ髪を始める前に、ハード系のムースを全体になじませる。

ウーノ スーパーハード ムース 180g
まとめ髪前に使うと便利(ウーノ スーパーハード ムース 180g

その上でまとめ髪を作って、完成したら、気になるところは部分的にスプレーで固める。

ケープ ONE しっかりキープ 無香料 80g

風が強かったり雨が降りそうだったり、出先で髪の毛がボサボサになりそうなときは、ケープを携帯して、サッと直せるようにしている。

上記のケープは80gのミニサイズで携帯できるところが気に入っている。

おしゃれではなく礼儀なので強めに固めておく

葬儀に参列する芸能人の様子をテレビなどで見ると、かなりカジュアルだなと思う。

ただ、それは特別な世界の人の話。

おしゃれする必要性はまったく感じないので、とにかく礼を尽くすことを考えると、私のロングヘアは、強めに固めている。

髪の長さがあるからこそ、気を遣っている。長い髪は、本人は良くても、一歩間違えると汚らしく見えることがある。

目立たないように、こじんまりとまとめるために、シニヨンバレッタ+ムース+スプレーは役立っている。


この記事をシェアする