食べれば食べるほど食べたくなる食べ物はエンプティだという仮説

ここのところ、よく考えているのが、

  • 食べれば食べるほど食べたくなる食べ物はエンプティ

という概念だ。

きっかけは駆け込みふるさと納税のEMりんご

きっかけは、12月末に向けて、駆け込みで行ったふるさと納税だ。

返礼品で「EM自然農法による無化学肥料栽培のりんご」を受け取った。これが、ものすごくおいしい(EMりんご自体は、楽天などでも購入できる→こちら)。

レビューを見ると、年や時期によって満足度にバラつきがあるようだったが、少なくとも今年、私が受け取ったりんごは、人生最高かと思うほどおいしかった。

蜜がギッッシリと詰まって、甘くて、みずみずしくて、シャキシャキで、おいしい。

おいしいけど、もっと食べたくならない

このりんごがふしぎなところは、ものすごくおいしくて、私にとって好みドンピシャの味なのに、

  • 「もっと食べたい」

……とは、まったくならないところだ。

いや、次の日になると「また食べたい」となって食べるのだが、食べたその場で

  • 「やめられない・とまらない」

とはならない。

やめられる、とまる。それくらいに満足する。

ものすごくおいしいのに、全然もう食べたくない。何、このふしぎな感覚。

もっと食べたくなるのは満たされないからだ

この感覚って何なんだろう、と考えていて、ひとつの仮説として思い当たったのが、

  • 食べれば食べるほど食べたくなる食べ物はエンプティ

……ということ。

例えば、スナック菓子やジャンクフードなど、食べるほどに止まらなくなる食べ物は、咀嚼して飲み込むというエネルギーを取り入れる動作をしているのにエネルギーが入ってこないから、体が焦ってもっと欲しがるというイメージが湧く。

逆に、量は少なくてもエネルギーに満ちた食べ物を食べると、体は満足する。だから、もう欲しがらない、と考えるとつじつまが合う。

「エネルギー」とは何を指しているのか?

では、ここでいう「エネルギー」とは何なのか。

今まで、カロリー神話に頼らない糖質制限から、生の食べ物のパワーを信じるローフードまで、いろいろな食事法を体で試してきた。

食べ物には〈既成概念にとどまらない何か〉があるように思う。

この話を心理学的に捉えるなら心の満足感とか、スピリチュアルならプラーナとかブレサリアンとか、栄養学なら微量栄養素とか、いろいろな定義が浮かぶ。

現時点で、確定的に「コレのこと」とはいえないが、いろいろな要素を含んだ包括的なものを指して、エネルギーなのだろうと考えている。

少量で満たされる食べ物を知るのは体と美容にやさしい

自分が少量で満たされる食べ物」を、ひとつずつ知っていくことは、体と美容にやさしいことだ。

少量で満足できるのだから、体を休めることにつながるし、もちろんダイエットになる。

2019年は、自分はなんとなく小食に向かいそうな気がする。

りんごの他にも、いくつか「少しの量で満足してしまうふしぎな食べ物」が見つかりつつあるので、また研究していきたいと思う。


この記事をシェアする