一瞬で終わった今年のお風呂の大掃除

何十回も繰り返して来た、年末の大掃除。

年々、効率化を進め、今年はあっという間にほぼ終わっている。

特に、お風呂の大掃除は一瞬だった。

例によって効率化

掃除に限らず、効率化が好き。先日、下記の記事でも書いた。

無駄なことをやめて、シンプルにするのが好き。その方が、気持ちが良いからだ。

お風呂の大掃除は過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)で瞬時に終了

で、本題のお風呂の大掃除。

私は人生の途中まで、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤・オキシクリーン)を使わずに生きてきた。

このことで、かなり損したと思っている。

今は、違う。過炭酸ナトリウム様々である。

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 1kg

これに出会うまで、お風呂の大掃除は各部品(棚とか椅子とかふたとか)を、それぞれ洗って大変だった。

過炭酸ナトリウムが人生に登場してからは、

  1. 浴槽に40℃のお湯を張る
  2. 過炭酸ナトリウムをドサドサ入れる(500g)
  3. 洗いたいものをすべて浴槽に入れる
  4. 時々追い炊きして湯温をキープ
  5. そのまま一晩以上放置
  6. よく洗い流して完了

……というやり方で、お風呂掃除終了。

要は、全部、浴槽の中に放り込んで放置するだけ。私の労力ぼぼナシ。

お風呂の中にあるあらゆるモノと、風呂釜の中が、一気にコレでピカピカになる。

過炭酸ナトリウムは、本当にすばらしい。それでいて、エコ洗剤という優秀アイテム。

カビが出やすいゴムパッキンや壁はキッチン泡ハイターをシュッとして終わり

赤カビが出やすいゴムパッキンや壁などは、気になる部分にキッチン泡ハイターをシュッとして終わり。

【業務用 塩素系除菌漂白剤】キッチン泡ハイター 1000ml(花王プロフェッショナルシリーズ)
便利すぎて業務用の大サイズを常備している(業務用 塩素系除菌漂白剤キッチン泡ハイター 1000ml

あっという間にまっ白になる。お風呂専用のカビキラーよりも、ずっと効果がある。

効果がある分、素材を傷めたりする可能性もあるので注意。今のところ私は問題なく使っている。

ちなみに、過炭酸ナトリウムでも同様の効果を得ることはできる。水と重曹を加えてペースト状にし、ゴムパッキンなどに塗り込むのだ。

私も、「家中、すべてエコ洗剤しか使わない」というチャレンジをしていたときには、その方法でやっていた。

今は、「要所要所はケミカル洗剤に頼った方がラクできれいになる」という結論に至り、こだわりは捨てた。

床は適当に過炭酸ナトリウムを撒いておく

もうひとつ、床に関しては、時々、適当に過炭酸ナトリウムを撒いていて、それで掃除終了としている(濡れた床の上に撒く)。

そのまま放置しておくと、溝の中まで白くきれいになるので。


この記事をシェアする