「不器用すぎて化粧がうまくできないです」失敗しないメイクのコツ

今月の質問回答。

メイクの記事を参考にさせてもらってます。質問は不器用すぎて化粧がうまくできないことです。マスカラがまぶたに付いたりアイシャドウがほっぺたについたりファンデーションがよれたりして顔を洗ってやり直すこともあります。失敗しないメイクのコツがあれば知りたいです。

ミスを素早くリカバリーできる体制を整えてからメイク開始

手先が器用な人であっても、上手なメイクにはある程度の練習・鍛錬が必要だ。

だから、〈メイクを始めたばかりで、うまくできない〉という状況であれば、まずは淡々と日々のメイクを繰り返すことで、手先の上達を待つのが良いと思う。

ここではそんな「練習」以外で、失敗しないメイクのコツを書いてみたい。

ひとつめは、

  • ミスを素早くリカバリーできる体制を整えてからメイクを開始する

ということ。

具体的には、

  • 綿棒
  • ウェットティッシュ
  • ティッシュ

などを手元に置いておく。

まぶたにマスカラが付いてしまったら、こすって大惨事になる前に、軽く濡らした綿棒でサッと拭き取る。

アイシャドウが肌に散ったとか、アイラインがぶれたとか、そんなときも、綿棒やティッシュを使ってすぐに修正する。

適切な修正をすれば、何事もなかったように元に戻せることも多い。

黒を使わない

コスメの中で、最も失敗が許されない色は黒だと思う。

ほんの少しハミ出ただけで目立ってしまう。

そこで、黒を使わないだけで、多少のミスなら目立たなくなる。

茶色のアイライナーと茶色のマスカラは重宝する。

参考記事

よく見える場所でメイクする

手元がよく見えない場所では文字が上手に書けないように、よく見えない場所でメイクすると、失敗しやすい。

十分に明るい場所で、大きくて汚れていない鏡を使うだけでも、ずっとメイクがしやすくなる。

私は使っていないけれど、メイク用の拡大鏡を使うのもアリだと思う。

前日に仕込めるものは仕込む

朝の忙しい時間帯に慌ててメイクして失敗しやすい場合は、前日までに仕込んでおけるものは仕込んでおく。

例えば、眉毛を描くのが苦手だったら、眉ティントであらかじめ眉毛を描いておく。

参考記事

マスカラが苦手だったら、まつげエクステを付けてしまえば、朝は本当にラクになる。

特に失敗しやすい場所があるならコスメカウンターで聞く

特に失敗しやすい場所がある場合は、先天的な失敗しやすい原因があるのかもしれない(まぶたの形とか、まつげの生え方とか)。

それは、プロに見てもらって、アドバイスを聞くのが一番早い。

百貨店のコスメカウンターで、実際にメイクしてもらい美容部員さんに相談すると、原因がわかるかもしれない。

ファンデーションは相性が大きい

最後に、ファンデーションについて。

確かに塗り方の失敗でムラになることはあるものの、朝からヨレるというのは、相性が大きいと思う。

自分の肌、スキンケア、日焼け止め、化粧下地、ファンデーションの相性が良ければ、ファンデーションはよれにくくなるはず。

コスメを変えてもうまくのらない場合は、手で塗るのをやめてスポンジを使ってみるのも良いかもしれない。

参考記事

この記事をシェアする