心理的ストレスによる食欲対策でリローラを久しぶりに再開

ここのところ、食欲抑制の話が続いているけれど。

今日も引き続き食欲の話。最近、再開した「リローラ」のこと。

リローラを久々に再開してみた

リローラについては、下記の記事で触れたことがある。

一部引用する。

リローラは、アメリカ製の食欲を抑えるためのサプリメント。

コルチゾールの抑制を狙って設計されており、約4割減少させたというデータがあるらしい。

 

コルチゾール対策は摂食障害には欠かせない(リローラ

ちなみに、日本で昔からある胃薬に「御岳百草丸」がある。この成分構成がリローラと同じだとして、ネット上ではリローラの代用品として人気。

【第2類医薬品】御岳百草丸 4100粒
胃薬としても使えるし、食欲抑制のサプリ代わりにも使えるので便利
御岳百草丸 

私は、リローラも御岳百草丸もどちらも購入して、飲んだことがある。

どちらも同じ効果のはずが、私の場合は、なんとなくリローラの方が効果が高いような気がした。

ただ、購入した御岳百草丸は胃薬代わりにも飲めるので、薬箱に入れている。
拒食症35kg以下になった後に発生した異常食欲の治し方

記事を書いてから2年以上たって、今はリローラも御岳百草丸も飲んでいなかった。

コルチゾールとは?

リローラはコルチゾールを抑制するサプリだけれど「じゃあコルチゾールって何?」というと以下の通り。

 コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンの一つです。ストレスを受けた時に分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

コルチゾールの主な働きは、肝臓での糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進、抗炎症および免疫抑制などで、生体にとって必須のホルモンです。

例えば、その炎症を抑える働きから、ステロイド系抗炎症薬として治療にも広く使われています。

また、一般に、コルチゾールの分泌は朝が最も高く、夜には低くなり、生体の一日の活動リズムを整えると言われています。

過剰なストレスなどでこの活動リズムが壊れてコルチゾールの分泌が慢性的に高くなると、うつ病、不眠症などの精神疾患、生活習慣病などのストレス関連疾患が疑われると言えます。
コルチゾール | 健康用語の基礎知識 | ヤクルト中央研究所

ストレスを受けたときに増えるストレスホルモンがコルチゾール。

コルチゾールの主な働きは、肝臓での糖の新生、……」というところが重要。

糖新生というのは、糖以外の物質からグルコースを生成する働きのこと。その結果、身体は空腹時の代謝状態になる

つまり、

  1. ストレスを受ける
  2. コルチゾールが分泌される
  3. 体が空腹時の状態になる
  4. 食欲が過剰になる

というフローが考えられるのだ。

最近「食欲抑えたいなあ」と思ったとき、思い浮かんだのがリローラだった。

ちょっとストレスに感じる状況もあったので、リローラが役立ちそうと思ったのだ。

2年以上ぶりに購入した(リローラ

妙にぐっすり眠れる…

リローラを飲み始めて最初に感じた変化が「妙にぐっすり眠れる」ということだった。

朝起きた瞬間の感覚が、子どもの頃を思い出す感じ。

あ〜よく寝た!という空気が頭の内側に詰まっている、気持ち良い熟睡感。

コルチゾールが増えすぎると不眠につながるそうなので、そちら方面にも効果を発揮しているのか。

食欲は食べる気がなくなる

肝心の食欲の方は、というと。

食欲の抑え方って、

  1. 食べ始めて早い段階に心理的な満腹感を誘発する(→ヒスチジンとか)
  2. 物理的に胃袋をいっぱいにして食べられなくする(→おからクッキーとか)
  3. 食べたいという気を起こさない

という3パターンがあると思う。

リローラは、まさに3番目に当てはまる感じ。

朝リローラを飲むと、「何か食べよう」という気持ち自体が起きない。

放っておいたら、何も食べずに一日が過ぎていく感じ。

私の食欲の多くは、コルチゾール由来だったのか?と思うとゾッとする。

1日3錠にしてみた

今回は、リローラを飲む量を1日3錠にしてみた。

購入した人のレビューを読み込んでいたら、効果をかなり実感されている様子の人が3錠飲んでいたので。

商品説明には、

  • 1日2〜3回1カプセルを服用してください。

と書いてある。

私が過去に飲んでいたときは、1日1錠で飲んでいた(それが推奨量と勘違いしていた)。

以前と比較すると、今回の方があざやかに変化を実感できている気がする。

ひとまず1瓶は飲みきってみるつもり。継続するかどうかは、また判断。


この記事をシェアする