2回目のほくろ除去はCO2レーザーではなくQスイッチルビーレーザーを検討中

人生2回目のほくろ除去手術に向けて、せっせと情報収集中。

1回目のときは盛り上がりがあるほくろだったので、選択肢は炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)だけだった。

今回は、

  • 「小さくて盛り上がりのないほくろをたくさん取りたい」

という希望になる。

最初は【10個で3万円】のようなまとめ割があるクリニックを中心に検討していた。

この価格帯のクリニックは、私が見た限り全部CO2レーザー使用だった。

でもやっぱりダウンタイムが気になって。

CO2レーザーで物理的に削り取って、へこみができて、数週間テープを貼り、へこみが盛り上がった後も数ヶ月は赤みが残って……という経過をたどる。

傷跡より目立つほくろならまだしも、今回は目立たないほくろまで取りたいから、術後の傷跡のほうが悪目立ちし続ける状況ってどうなの?と。

しかも今回は数が多いから顔中に傷跡ができる。治りが悪かったら盛大に後悔しかねない。

CO2レーザーとは何か

結論としてはCO2レーザーではなく「Qスイッチルビーレーザー」という方法にしようと考えている。

Qスイッチルビーレーザーの話の前に、私が1回目に照射した「CO2レーザーとは何か?」というと、

  • 人体組織に含まれる水分に吸収されると熱を発生するレーザー光

のこと。

CO2レーザーを照射した部分の組織は、瞬時に蒸発して消えてしまう

出っ張っているほくろや、肌内部の根深いほくろまで、除去することができる。

私が除去したほくろは3mm以上あって、ポコッと出っ張りがあった。

でも、メスで切除するほどは大きくはない。

他の選択肢は検討する余地なく「CO2レーザー」でほくろを除去した。

CO2レーザーを照射した日の話はこちら

Qスイッチルビーレーザーとは何か

今回、私が取りたいほくろは1mm程度。1回目に取ったほくろよりもずっと小さい。

出っ張りもなく平らだ。

美白施術のレーザー(フォトフェイシャル)でポロッと取れたこともある。

CO2レーザーよりもダウンタイム少なくできるほくろ除去は?と探していて、ちょうど良いと思ったのが「Qスイッチルビーレーザー」。

Qスイッチルビーレーザーは、シミ取りでよく使われているレーザー。

  • 黒い色(メラニン色素)に吸収されると熱を発生するレーザー光

になる。

CO2レーザーは「水分」に吸収されるのに対して、Qスイッチルビーレーザーは「黒い色」。

その特性を利用して、シミ・あざ・タトゥーの除去などに使われる。

厚みがなく平らならほくろもQスイッチルビーレーザーが適用できる。

あくまで「黒色部分を除去する」だけなので、黒くないほくろ組織は残る。→これはほくろが再発する可能性があるということらしい。

今回の私の希望としては、

  • 小さくて平らなほくろたちがダウンタイム少なく目立たなくなればいい
  • 最悪、完全に取れなくても薄くなればそれなりに満足する
  • もし再発したらまたレーザー打てばいいやくらいの気持ち
  • 数が多いから1個あたりの料金をできるだけ低く抑えたい

……という感じなので、CO2レーザーよりもQスイッチルビーレーザーに軍配が上がった。

レーザー照射するのは激痛だが麻酔はしないらしい

前回の記事で私は麻酔の痛みについて書いていた。

前回の記事から引用

レーザーを当てる前に注射する麻酔がものすっごい痛かった。

ちゅううううううううううう〜っ、と長く注入される感じで、注入している間中、痛かった。

「涙が流れた」
と言っている人もいた。

私は涙までは流れなかったが、痛みへの強さは自信があったのに「あ、コレやばいやつかも」と思ったのを覚えている。

9個除去するためには、アレを9回やるのか?????
と思うと気が重い。
顔にある小さな9個のほくろを一気に全部まとめて除去したい

Qスイッチルビーレーザーは、レーザーを照射する瞬間が激痛らしいが、麻酔はしないらしい。

どっちみち、麻酔が激痛だったので、レーザーを照射する激痛はトントンだと思えば我慢できる。

CO2レーザーよりQスイッチルビーレーザーの方がずっと安い

CO2レーザーよりQスイッチルビーレーザーのほうが最初の料金設定はずっと安い。

Qスイッチルビーレーザーでのほくろ除去を扱っているクリニックは検索すればすぐに多数見つかるが、例えば「ひまわり皮フ科」というクリニックでは1ショット1620円だった。

ひまわり皮フ科

CO2レーザーは、まとめ割がどれだけお得なクリニックでも1620円にはならない(せいぜい3000円くらい)。

「小さくて平らなほくろをたくさん除去する」というニーズには、料金的にもQスイッチルビーレーザーの方が合っているようだ。

注意点は1ショットで消えるわけではない

「1ショットあたりの金額」を見ると安いなと思うけれど、注意点は1ショット=ほくろ1個除去ではない点だ。

1個あたりのほくろを除去するのに何ショット必要になるのかは、やってみないとわからない。

1ヶ月以上の期間を空けて繰り返し照射していくのが一般的のようだ。

体験談を読むと1ショットでキレイに消えている人もいるみたいなので期待したいところだけれど……。

状態によっては「最初からCO2レーザーで取った方が安かった!」となりかねない。

一発で確実に除去したい場合は、ダウンタイムや料金のことを差し置いても、CO2レーザーのほうが適しているだろう。

ホクロ除去で保険適用できるクリニック「池袋サンシャイン美容外科


この記事をシェアする