“ホットヨガの手が汗ですべる問題”がタオル持参(レンタルタオルのオプション解約)で解決した

ホットヨガの手が汗ですべる問題。

最近、解決した。解決方法は、オプションのレンタルタオルを解約して、自前のタオルを持参するようにしたこと。

本当はレンタルタオルのオプションは解約したくなかったが、もろもろの事情が変わって、今はHAPPYな状態。

タオルがあったら走れないし重いしイヤだなと思っていたけれど

私がホットヨガのスタジオに行くときのパターンは2つあった。

  1. ランニングがてら走って行って、走って帰る
  2. 仕事などの帰りに寄る

①のパターンをやる場合には、荷物があっては走れないので、自分のタオルを持っていくのは無理。

②のパターンにしても荷物が増えるのはイヤだし、汗でぐっしょり濡れたタオルを持ち帰るのもイヤだ。

補足:私が通っているホットヨガスタジオはクッションフロアになっていてヨガマットは不要。フロアに直接タオルを敷いて、その上でヨガを行う。ホット環境で汗だくになるので、敷いているタオルもビショビショになるレベルで濡れる。

そんな背景があったために、

  • レンタルタオルをやめて、自前のヨガタオルを持っていく

という選択肢は、考えていなかった。今までは。

その選択肢を考えていない状態で書いた記事がこちら↓

レンタルタオルでは手がすべって、体の変なところに負荷がかかるという問題を、タオルを外すことで何とか対処しているが、それにしても一長一短でウーン…という話が書いてある。

しかし、状況が変わった。私は最近、走っていないのだ。

走っていないことを書いた記事はこちら↓

他の荷物と一緒に持ち歩くくらいなら、いいか……

できるだけ、薄いヨガタオル……

と探し始めたのが、最初のきっかけ。

滑り止めの付いているヨガタオルとスポーツ用の極薄タオルを購入

そんなわけで、モノは試しとAmazonで、

  • 滑り止めの付いているヨガタオル
  • スポーツ用の極薄タオル

を探した。

というのも、タオルは3枚以上、必要なのだ。

  1. ヨガをするときに下に敷くマット代わりのヨガタオル
  2. ヨガ中の顔や体の汗を拭くタオル
  3. ヨガ後にシャワーを浴びたときに拭くタオル

だから、オプションのレンタルタオルは、

  • バスタオル×2枚
  • フェイスタオル×1枚

がセットになっている。ちなみにレンタル料金は月額2,000円(税抜)。

実際に私が買ったタオルはこちら。

OTraki ヨガタオル 滑り止め付き 183x63cm 吸水 ヨガマット 速乾性抜群 洗濯可能 タオルマット ホットヨガ 優れる材質 折りたたみ メッシュバック付き(グレー)
下に敷く大判のヨガタオル(OTraki ヨガタオル 滑り止め付き 183x63cm
VACNITE 2枚 速乾タオル 152*78cm+80*38cm 3枚 スポーツタオル 152*78cm+80*38cm+38*38cm 収納袋付き 超吸水 柔らかい 色褪せない 防臭 高い耐久性 軽量 湿気 梅雨対策 旅行タオル バスタオル 水泳/スポーツ/旅行/家庭用 (2枚セット ブルー)
速乾の超薄手のスポーツタオル(VACNITE 2枚 速乾タオル

これが!とても快適だった。1回試してみたら、もうレンタルタオルなんて使っていられないレベルで。

さすがのヨガタオル、まっっっっったくズレない。そして大きい。

今までは普通サイズのバスタオル(120cm)の上でヨガをしていたので、手脚がハミ出す。

しかし、ヨガタオルは183cmもあって、まったくハミ出ない

極薄のスポーツタオルのほうもいい。畳むとハンカチか?というくらい小さくなって、持ち歩きに全然ストレスを感じない。

それでいて、汗の吸収力は非常に高く、サッと軽く押さえるだけで、バババババッ!と汗たちがタオルへ移動していく。

ヨガタオルは洗濯乾燥に難アリで結局スポーツタオルをヨガタオル代わり

しかしながら、一点、問題が。

私は基本的に洗濯物を外に干すことはなく、乾燥まで洗濯乾燥機におまかせだ。

滑り止めの付いたヨガタオルを乾燥機にかけると、滑り止めのゴムが熱くなって、ちょっとゴムくさい(そもそも、本来は乾燥機NGのアイテムである)。

それで、試しに極薄スポーツタオルの大判(152cm)の方をヨガタオル代わりに敷いてみたら、全然コレでもいける!

滑り止め付きのヨガタオル(183cm)に比べたらズレやすけれど、スタジオのレンタルバスタオルに比べたら50倍くらい良い

それに、ものすごく速乾なので、汗が下に落ちて濃い色に変わっても、次の瞬間には乾いている(通っているスタジオが床暖房なので、すぐ乾きやすい)。

レンタルタオルを使っていたときは、タオルが汗でベチャベチャになって気持ち悪かったし、自前のタオルになったらアレを持ち帰るのはイヤだな……と思っていたけれど、なんのその!

まったくベチャベチャにならない。すばらしい。

183cmのヨガタオルの方は、本気出すときに使うことにして、普段使いには152cmのスポーツタオルで十分!

183cmだと長すぎて、スタジオがガラガラでない限りは折らないと気まずいけれど、152cmならそんなこともない。

ちなみに、今回ヨガタオル&スポーツタオルを買うのにかかったお金は2,700円。

これで毎月2,000円のレンタルタオル代がかからなくなるなら、安い。

マンドゥカというアメリカのヨガブランドのヨガタオル

そんなわけで、自前のタオルの導入を始めた頃に、ちょうど

  • マンドゥカというアメリカのヨガブランドのヨガタオル

が良いという情報をいただいた。

楽天などでは4,000円弱で購入できるそうで「手足がずれることなくダウンドッグが非常にしやすい」とのこと。

私はとりあえずAmazonでノーブランド品を安く買ってしまったが、マンドゥカを見てみたらものすごく良さそう。

次に買うときには選択肢にしたいと思っている。


この記事をシェアする