ココナッツバターの食べ方を試行錯誤した結果シリコントレー(チョコレート型)で冷凍するのが良かった

前回『ひと舐めで食欲がパタッと消える不思議な食べ物』の記事で紹介したココナッツバター。

1ヶ月も経たないうちに1瓶を完食。

先日3本まとめ買いリピートした(Artisana/オーガニック生ココナッツバター

前回の記事を書いた時点では、まだ「スプーンですくって、そのままパクッと食べる」という食べ方しか試していなかった。

「ココナッツバターの食べ方をいろいろ試してみたい」と書いていた通り、その後、試行錯誤。

最終的に、今は、

  • シリコントレー(チョコレート型)で冷凍

のやり方が一番気に入っている。

冷凍すると確かにホワイトチョコレートみたい

購入者レビューには「ホワイトチョコレートみたい」と評する人が多いのに、私が食べた完食は「和栗」だったのが、前回までの話。

冷凍してみたら、

  • 「確かにコレはホワイトチョコレートみたいだ」

と理解した。

冷凍するときの厚みで食感が変わるのも、チョコレートみたい。

薄〜くのばして冷凍すればパリパリッ!となるし、おかずカップ的なものに流し入れて厚めに冷凍すれば一粒チョコレートみたいになるし。

糖質制限していないならドライフルーツ入りが超おいしそう

ちなみに、私は糖質制限中なのでチャレンジできないものの、超おいしそうなレシピをクックパッドで見かけた。

↑これ!

しかし今改めてみたら、「ドライフルーツ」「ナッツ」を入れているみたい。

「ナッツ」なら糖質制限中でもOKなので、あとで試してみるかも。

最初はセリアで買ったシリコンのおかずカップで冷凍していた

話は戻って、ココナッツバター単体での冷凍方法について。

最初はセリアで買ったシリコンのおかずカップ(3個入り)に入れて冷凍していた。

悪くはないけど、コレだとちょっと大きい。

それに1個ずつ洗うのが面倒くさい。

効率化を求めて16個取りのシリコントレー導入

効率化を求めて購入したのが、16個取りのシリコントレー

「チョコレート型」「モールド」などと検索すると、たくさん見つかる。

貝印 シリコン トレー 16個 取り ( フラワー ) Kai House Select DL-6370

実際に流し固めている様子はこちら。

1個あたり10mlなのも程よくて良い。

ココナッツバターの瓶に1食分として表記されているのは大さじ1(15ml)分。1個あたりがその2/3くらいの量になる。

ちなみに前回も掲載した栄養成分表示はこちら。

栄養成分表示大さじ1(16g)あたり
カロリー 106kcal
たんぱく質 1g
脂質 11g
炭水化物 4g
 ─糖質 1g
 ─食物繊維 3g

流し入れたココナッツバターは、冷凍庫に入れて冷えればすぐに固まる。固まったらシリコントレーから外してジップロックへ。

一気にまとめて作れるので、とても快適。

ココナッツバターを流し固める前に湯煎で溶かす必要あり

補足として、流し固める前には湯煎でココナッツバターを溶かす必要がある(それが面倒なので、一気に処理できる方法に変えたかった)。

私は必要な分だけ小瓶に入れ替えて、その小瓶ごと熱湯にジャブンと浸け、浮いてこないように重しをして30分くらい放置している。

ちなみに、ココナッツオイルは気温25℃以上になると溶けて液体になる。

今は冬の時期だからココナッツバターも固まっているけれど、温かくなってきたら湯煎する必要がなくなるのかもしれない。春夏に期待。


この記事をシェアする