1日に飲んでもいいカフェインの量をコーヒー豆で換算すると何gなのか

自分用のメモ。

1日に飲んでもいいカフェインの量を豆で換算すると、何g?

先に結論から書くと1日・コーヒー豆66g分

詳細は後述しているけれど、1日に飲んでOKなカフェインの量は400mg

コーヒー豆 10gを熱湯150mlで抽出したドリップコーヒー100mlのカフェイン量が60mg。

ということは、カフェイン量400mgの上限をコーヒー豆に換算すると66gまでとなる。

ちなみに、100mlに含まれるカフェインが60mgで、スタバの場合ショートが240ml・トールが350ml。

1日あたりの上限をショートサイズ・トールサイズで換算すると、

  • ショートサイズ:2.7杯まで
  • トールサイズ:1.9分まで

となる。「コーヒーは1日2〜3杯まで」と聞くけれど、確かにその程度の数字だ。

ちなみに私はコーヒーを最も多く飲む日は「14gの豆×4回淹れる=56g 前後」で飲んでいて、これは大幅に飲みすぎに違いないと思っていたが、意外に大丈夫だった。

カフェインって飲みすぎるとどうなるの?

ここからは、カフェインの過剰摂取に関する情報。

まず行政のサイトを調べてみると、農林水産省のサイトに「カフェインの過剰摂取について」 というページがあった。以下引用。

カフェインの過剰摂取に気をつけましょう
眠気覚ましなどをうたってカフェインを添加した清涼飲料水が多数販売されていますが、カフェインの過剰摂取には注意が必要です。飲み過ぎに注意しましょう。

カフェインの人に対する影響
カフェインは、神経を鎮静させる作用を持つアデノシンという物質と化学構造が似ており、アデノシンが本来結合する場所(アデノシン受容体)にとりついてアデノシンの働きを阻害することにより神経を興奮させます。

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られていますが、カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります

長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています

農林水産省

ふむふむ。

どれくらいなら飲みすぎじゃないの?

日本で具体的に「カフェインはこれくらいが適量」というのは定まっていないようだ。

その代わり、WHO、米国、欧州、カナダ、豪州・ニュージーランドの注意喚起が記載されている。量を抜粋すると以下の通り。

WHO

  • 妊婦:コーヒー1日3~4カップまで

米国

  • 健康な大人:コーヒー1日3~5カップまたはカフェイン1日400 mgまで

欧州

  • カフェイン3 mg/kg体重で急性毒性の懸念はない
  • 体重70 kgの大人:1回200 mgまで
  • 習慣的なカフェイン/妊婦を除く大人:1日400 mgまで

カナダ

  • 4~6歳の子供:1日45 mg
  • 7~9歳の子供:1日62.5 mg
  • 10~12歳の子供:1日85 mg
  • 妊婦や母乳で保育している母親:1日300 mg
    (コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで2杯まで)
  • 健康な大人:1日400 mg
    (コーヒーは、237 mL(8オンス)カップで3杯まで)

豪州・ニュージーランド

(一日許容摂取量(ADI)などのガイダンス値は設定されていないとしつつも)カフェインの作用のひとつである不安作用(Anxiety level)から、

  • 子供:3 mg/kg体重/日 を指標
  • 5~12歳の子供:1日95 mg(コーラ約2缶)
  • 大人:210 mg(インスタントコーヒー約3カップ)

ざくっとまとめると、<カフェインの量が1日400mgまで>なら、問題ないとされているようだ。

(…で、冒頭の計算に戻る)


この記事をシェアする