魚を食べたあとにお菓子(糖質)を食べたのに食欲が暴発しない謎

本題に入る前に、前提となる糖質制限の話から。

私が糖質制限を気に入って、ずっと続けている理由のひとつは、

  • 糖質による血糖値の乱高下による、コントロールできない食欲と感情に振り回されて、人生が壊れかかった経験がある

…からだ。

糖質制限のデメリットより優先課題があった

体質として糖質の影響を受けやすいうえ、過去には「摂食障害」で治療を受けていた。

「生活が脅かされるほど糖質に弱いという課題を、どう解決するか」は、私の人生において優先度の高い案件だった。

そこで出会ったのが糖質制限だ(正確にいうと、当時は現在のような糖質制限の概念が日本になく、アメリカのアトキンスダイエットとして出会った)。

メリット>デメリット

糖質制限は、決して万能な魔法の食事法ではない。警鐘をならす専門家がいることも承知している。

私の場合は、糖質制限から得られるメリットが、デメリットよりも大きかった。言い換えれば、そうなる課題を抱えていた。

糖質とると食欲が暴発しがち

そんな状況にあったもので、私にとって糖質制限は「がんばって我慢して続けるもの」ではまったくない。

「糖質とのつらい戦いから解放してくれる、喜んで取り組みたいもの」だ。

「糖質さえ取らなければ、糖質に悩まされることがない」という発見は、私にとって非常に助けとなった。

しかし一方で、

  • ひとたび糖質を取れば、食欲が暴発することに変わりはない

…ということも、わかっていた。

だから、余計な糖質を口に入れるのが怖かったし、いったん糖質過多になるとループから抜け出せず、糖質の多い食生活が数週間、続いたりした。

お菓子食べてみたけど「もっと!もっと!」とならなかった

ここからが本題。

先日、とあるタイミングがあって、超・甘いお菓子を食べた。

食べたのは、白餡を薄いカステラ生地で包んで焼き上げ、全体をホワイトチョコでコーティングした卵型の菓子。

過去の感覚でいえば、ひとたび食べれば最後、私のなかの糖質食欲が暴発して、「もっと!もっと!」となるはずだった。

その第1陣は食べてすぐやってきて、お菓子を1個食べたら1個で終われるなずなんてないという激しさだ。

さらに、ガーンッ!と上がった血糖値が下がった頃の数時間後、第2陣の「もっと!もっと!」がやってきて、理性などほっぽり出して無茶苦茶に食べてしまう。

コレが嫌だから、せっせと糖質制限をしているのだ。

  • 「あんな思いをするくらいなら、徹底的に糖質制限をしたほうが、100万倍ラク」

…という思いがある。

ところが1個で満足感がすごい

…ところが、今回に限っては異なっていた。お菓子1個で満足感がすごい。

いや、正確にいうなら、0.7個食べたあたりで、

  • 「あれ、1個全部食べなくてもいいかも」

と、若干“ウッ”とくる感覚があった。

この“ウッ(おなかいっぱい、食べられない)”という感覚を、摂食障害時代は喪失し尽くしていたので、「こんな日がくるんだなあ」と感慨深くもありつつ、1個を完食。

そのまま、「もっと!もっと!」はこなかった。数時間たっても一日たっても次の日になっても来なくて、通常運転モードのままだった。

普通の人から見たら当たり前かもしれないけれど

お菓子を1個食べても、1個で満足できて、何事もなかったかのように通常の食生活に戻る。

普通の人から見たらごくごく当たり前のことなのかもしれない。けれど、今までの私の経過と照らし合わせると、これはびっくりな現象だった。

「糖質制限して食欲のコントロールができる」ところまではたどり着いていた。

今回は「糖質を食べてなお、食欲のコントロールができる」という新しい階段をのぼったらしい。

サバを食べた後に食べたお菓子だった

糖質制限は、ずっとしている。

今回違うのは、糖質制限のなかでも「魚食」にハマっているということ。

参考記事

前述の“お菓子”を食べたのも、サバをメインとした食事のあとに食べたのだ。

魚と血糖値

「魚には、血糖値の上昇をゆるやかにする効果があるのでは?」と考え検索してみると、それらしき情報にちらほらヒットする。

『魚と肉の両方を食べるときは、魚から先に食べたほうが血糖値にとって好影響である』という研究データが、日本の研究グループによって発表されています。魚と肉に含まれる脂肪成分の性質の違いから、魚から食べると血糖の上昇も戻るのも緩やかになることが示されています。
魚→肉の順に!糖尿病専門医が教える「食べる順番変えるだけダイエット」の新事実

魚は「腸のスイッチを効率よく押す食材」ということで、糖質より先に食べるとインクレチンがたくさん分泌されることがわかりました。ですので、食べる順番は、まず野菜を食べてから、その後魚などのたんぱく質を食べる、食べる場合は最後に炭水化物という順番が推奨されています。食べて糖尿病大改善! 医師も驚がく最新ワザ – NHK ガッテン!

インクレチン
食事をとると小腸などから分泌され、膵臓を刺激してインスリンの分泌を促すホルモン。
インクレチン | e-ヘルスネット(厚生労働省)

サバ缶ブームのときは、サバ缶が「血糖値を下げる」というフレーズもよく見掛けた気がする。

まだ先日の1回だけなので、偶然の可能性もある。次にお菓子を食べるタイミングがあったら、魚あり・魚なしなど、複数回の実験をして確かめたいと思う。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事