変な反動?で過食虫が活発化しているのでリセット中…

うーん。ここのところ、メンタルの調子が私自身、あまりよろしくない。

しばらく影を潜めていた「過食虫」が活発化して、久々に相当な食べすぎをやってしまった。

しかも、ちょっと続いている。

私的パーフェクトな食生活がパーフェクトすぎたかもしれない

コロナ禍において、食材の調達にも、かなり気を遣ってきた。

自炊100%

UberEATSなどの宅配では、飲食店における衛生管理も配達員の衛生管理も(申し訳ないけれど)信頼しきれない、と思っていた。

ネットスーパーでまとめ買いした食材を、ひとつずつ消毒してから冷蔵庫へしまい、自炊して食べる…という日々を数ヶ月にわたって続けた。

主に食べていたのは、野菜と魚。

時折の“息抜き的外食”もなし

いま振り返ると(新型コロナ前は)節制した食生活のなかで良い息抜きになっていたのが、時々の“外食”だったのだろう。

誰かとランチとか、今日は飲みに行こう、なんてタイミングがあれば、普段の食生活の縛りはナシにして、その場を楽しむことにしていた。

コロナ禍においては、そんな外食もゼロになった。

久しぶりにUberEATSを頼んでみたら止まらなくなった

完全自炊が2月中旬から5月いっぱいまで続いていて、6月に入ってから、

  • 「そろそろ、たまには良いかな」

と思って、UberEATSで宅配を頼んでみた。

そしたら、たがが外れた状態に陥ってしまい、止まらなくなった。

もともと摂食障害だったので、1滴でもそのエッセンスが入ると、ぶり返したみたいになってしまうんだなあ。いまだに。

正確にいえばストレスを感じてゆるみたくなった

「そろそろ、たまには良いかな」と思ったタイミングを正確にいえば、けっこうなストレスを感じる出来事があり、緩みたくなってしまった。

糖質制限をしていると、目が冴えて、集中力が高まって、仕事もピリリとこなせるんだけれど、あえて糖質まみれになって、ゆるゆるとダルくなって眠りこけたくなってしまった。

1回食べるとまた食べたくなる

摂食障害を“依存症”という括りで捉えるとき、「食べ物」が、アルコール依存症における「アルコール」や、薬物依存症における「薬物」と例えられるときがある。

摂食障害は「食べ物」に対する依存症で、アルコールや薬物と違い、100%断つことができない点に難しさがあると。

私の場合「糖質」をほぼ100%断つことでコントロールしているようなところがある。

だから、糖質が1滴入ると「もっと!もっと!」スイッチが入りやすい。

仕事そっちのけでUberEATSを眺めてしまう…

自分でも「何やってるんだろう」と思うけれど、リモートワークなのを良いことに、UberEATSをダラダラ眺めてしまう。

眺めることで食欲が刺激されて、また何か頼みたくなる。

昔なら自分を刺したくなるほどの自己嫌悪で「何やってるんだろう」と呪っただろう。今は違う。

まあ、いろいろと乗り越えてきたから、今は、

  • 「おいおい何やってんだわたし…(笑)、やっぱ摂食障害の気は残ってるんだね(客観的発見)、いまリセットするからちょっと待ってて」

…くらいのテンション。責めない。責めない。

お金と自分をムダ遣いしている感じ(大事にできてない感じ)がイヤなんだけど求めてる

ひさびさの過食ループに入って、

  • 「あ〜、この“大事にできていない感じ”がものすっっっっっっごく嫌なのに、そこに自分から突っ込んで行っている感じ、だからそれがさらにイヤでたまらないんだよね」

…という感覚を感じながら、思い出していた。

(ここだけの話、先日なんて、UberEATSを1日に3回も頼んでしまった)

お金がムダ。それを突っ込む体の負担がムダ。食べ物がムダ。

つまり、何にも大事にできていない自分がすごく嫌。

でも、何にも大事にしたくない自分が、同時に存在している。あえて、大事にしない方向へ突っ走ろうとしている自分がそこにいる

そのことに、現在では、意識的に気付いている。

とりあえず純粋な生フルーツへ移行中

ここのところ、ジャンクな糖質を食べまくってしまったため、ひとまず自分的OK糖質のフルーツへ移行中。

特にりんご。

いったん、生のフルーツに移行してから、また自分が過ごしやすい食生活に戻っていく——というのが、いつものパターンなので。

このブログでも何度か書いているけれど、摂食障害が治ったとか乗り越えたとかいうより、やり過ごしながら生きていく術を身に付けたのだ。今回、改めて思った。

あ、それと、とりあえず、UberEATSのアプリはスマホから消した。

コロナ禍の影響を私も受けているのか何なのかわからないけど、ダルくてやる気がでなくて、ソファに寝っ転がってスマホをいじっては、特に見るものがなくて、UberEATSのアプリをいじって、食欲が刺激されて、つい注文して——という悪循環に陥っていたので。

いったん、リセットだ。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事