自分を粗末に扱っているほうが安心するという謎

うーん、なぜなんだろう。自分を粗末に扱っているほうが安心する。

なんでもないことで自分を大切にできない

さっき、おいしいサラダを食べたいな、と思った。

冷蔵庫には野菜があるので、それを自分のためにカットしたら、おいしいサラダは食べられる。

でも、それをしたらいけない気がして、コンビニで適当なサラダを買って食べたほうが良い気がする。

そのほうが、安心なのだ。

これって、客観的に見ると、すごく変だよね、と思った。ふと。

あまりにも私になじみ深い思考回路すぎて、いつもはそのままスルーされている。

このブログでも、過去に「自分の洗濯物をわざわざ畳むことへの罪悪感」を書いたことがあるかもしれない。

洗濯物が畳むのが面倒とか、野菜をカットするのが面倒とか、そういう話ではないのだ。

同じことを、人のためにやるのはまったく苦にならないのに、自分のためにやることに抵抗がある。

でも、「自分のことを大切にできない不器用な私」みたいなのとも、ちょっと違う気がする。

自分のことを粗末に扱っている方が、安心なのだ。居心地がいい。なんなんだろう?

自分を大切にするのは勇気がいる

答えは自分のなかには何となくあるものの、まだキレイに言語化できない。

ただ思うのは、

  • 自分を大切にするのは勇気がいることだ

…ということ。

だから、自分を大切にできていない自分のことも、自分を大切にできていない他の人のことも、ぜんぜん、「もっと自分を大切にしないとダメだよー!」とか、思わない。

自分を大切にするって、それだけで結構たいへんなのだ。

自分を大切にしない(粗末に扱う)のも、そこには、選択がある。

つまり、自分を大切に扱えない“かわいそうな人間”だから否応なくそうなっているのではなくて、そっちのほうが楽なのだ。

ある種の生き方に慣れてしまった者にとっては。

生まれながらに自分を大切にできる人ってすごい

そんなことを考えていたら、生まれながらに自分を大切にして生きている人って、すごいと思った。

すべてはバランス、てこの原理、振り子、中庸、陰と陽、プラスとマイナス、正負の法則、いろいろな言い方があるけれど、良いも悪いもないのだと思う。

自分のために新鮮な野菜をカットするだけで勇気が必要な私は、いま、冷蔵庫をチラチラ見ながらこれを書いている。勇気を出して、自分のためにサラダを作るか。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事