海苔に油つけて食べるのにハマっている(糖質制限おやつ)

「おなか空いたな〜」と思ったとき、安心して食べられて、(自分のダイエットにとって)害のない食材があると安心だ。

糖質制限をしているため、糖質がなく、かつ「おいしい」と思えるもので。

最近ハマっているのが、「海苔に油つけて食べる」というおやつ。

韓国海苔が好きだけれど家になかったので

そもそもの発想は、「韓国海苔」だ。

韓国海苔

韓国海苔とは「ゴマ油」と「塩」で味付けした海苔のこと。

「韓国海苔が食べたいな」と思ったけれど、韓国海苔が家になかったので、普通の海苔にゴマ油と塩つけて食べよう、と思った。

やってみたら大変おいしい

で、やってみたら、大変おいしい。使った海苔は、冷蔵庫にあった3切タイプの海苔。

小皿にゴマ油と塩を出して付けながら食べるだけ

やり方は、小皿にゴマ油と塩を出して、付けながら食べるだけ。

居酒屋のおつまみ?みたいな雰囲気で。

[ゴマ油+塩]は、まさに韓国海苔ふうな味。

アレンジでオリーブオイル・醤油・マヨネーズなども美味

アレンジで、オリーブオイル+塩とか、塩の代わりに醤油とか。

さらにはマヨネーズなども美味である。

[マヨネーズ+オイスターソース]とか、ずっと食べていたい。

3切は手が汚れなくていい

普通の韓国海苔は手が汚れるデメリットがあったが、長細い3切の海苔(いわゆる“おぎにり用”として売られている海苔)は、端っこを持って付けながら食べると手が汚れない。

これはいい。

少量で満腹感を得るには「油」だと思っている

「ダイエットおやつに油なんて食べて大丈夫?」…と昔なら思ったかもしれないけれど、糖質制限を基本としているので、油は全然OK。

油をちゃんと取ると効率的に満腹感が得られる

むしろ、糖質制限をしているのに油をしっかり取らないと、うっすら常に漂う妙な空腹感に悩まされて、タンパク質を腎臓に負担かけるほどバカ食いしたり、ある日突然、糖質をドカ食いしたりするハメになる。

糖質制限を行って、エネルギー源がケトンモード(糖質の代わりにケトン体をエネルギーにするモード)になっていれば、私の場合は、太ったりしない。

油による満腹感で全体の摂取量が減る→痩せる、のほうがナチュラル。

油の種類は吟味

ただ、取る「油」の種類には気を付けている。

1番手は、アマニ油、荏胡麻油などのオメガ3系。

加えて、ゴマ油、オリーブオイルも私は好きなのでよく取っている(グレードの高い良質なものを選んだうえで)。

ココナッツオイルはほどほど

糖質制限といえばよく出てくるココナッツオイルは、常備はしているけれどメインにはしない。

理由は、ケトン体の生成を促進するとされる中鎖脂肪酸(MCT)以外に、長鎖脂肪酸も含まれているので(中鎖脂肪酸6割、長鎖脂肪酸4割)。

私は謎にLDLコレステロール値が上がる経験をしたことがあるので、長鎖脂肪酸はあまり取りたくない。

髪の毛につけると、髪の調子が良いので、もっぱらヘアケア用として活躍中。

余談:糖質で幸せな満腹を得る難しさ

ここから余談。

私にとっては、糖質で幸せな満腹感を得ることは難しい。オイルの方が簡単だ。

例えば、

  • 「変にダイエットするくらいなら、白いお米をしっかり食べなさい!」

みたいなことを、若い頃には聞いたものだけれど、私の場合、糖質はいつまで経っても際限なく食べられてしまう。

白いお米をしっかり食べると、「もっと!もっと!」という発作的な食欲に火がついて、つらい。

そのうえ、白いお米をしっかり食べると、非常に体がダルくなり、眠くて眠くて何もできなくなる。

お寿司みたいに、少量なら大丈夫なのだけれど。

  • 「糖質のなかでも小麦は特に良くない。米のほうが良い」

…という考え(体質)の人もいるようだけれど、私の体では、お米より小麦の方がまだラクな気がする。

ただし例外があって、同じ小麦でも「パン」の形状になると、てきめんにつらい。

つらいというのは、食べた後のだるさ、無気力さ、過眠などのつらさがひとつ。

もうひとつは、一口食べ始めると止まらないつらさ。衝動的に食べたくなる、あの感じ。

同じ小麦でも、パン以外(例えばパスタ)では、パンほどひどくない。

イースト菌」に何かあるのでは?とにらんでいるので、情報がまとまれば、記事にしたいと思う。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事