女優みたいな透明感のある肌の作り方の実験中(コストほぼ0円のクエン酸水で拭き取り洗顔が良い感じ)

“女優さんの肌”って、特別な透明感がある。

毛穴がないのと同時に、肌の薄みを感じられる透明感がある。メイクで作ったのとはまた別に、「妙に肌がキレイだな〜」「透き通るような質感」というあの感じ。

あれってどうやるのかな?と実験していて、とりあえず「クエン酸水で拭き取る」という、コストほぼ0円のやり方が、いま結構いい感じ。

クエン酸水で拭き取り洗顔のやり方

まず、クエン酸水で拭き取りのやり方から。

要は、クエン酸を利用したピーリングなので、肌が弱い人には不向き

クエン酸水で拭き取りのやり方

  1. クエン酸を水に溶かしてクエン酸水を作る。
  2. コットンパフをクエン酸水に浸して軽くしぼり、拭き取りする。
  3. 朝の洗顔代わり+α(拭きたいとき)のタイミングで1日1〜3回程度を毎日続ける。

クエン酸の濃度は2〜3%が妥当

クエン酸水の濃度は、ざっとネットで検索したら、多くの記事で「10%」という数字が使われていた。結論からいうと、10%の濃度は濃すぎて危険だと思う。

※たとえば、スキンケアブランドの「DUO」のページでは、こんな感じ。

1.材料を用意します。
・クエン酸
・精製水
クエン酸も精製水も、ドラッグストアや生活雑貨店などで手に入れることができます。

クエン酸の割合は、精製水の約10%を目安にするとよいでしょう。たとえば精製水が100mlであれば、クエン酸は10gとなります。
DUO

実際に10%のクエン酸を作ってみると、私の場合10%ではピリピリ感が強くて絶対ムリ!という感じで、5%でも無理だった。

5%で作ったものに、倍量の水を足してちょうど良いくらいなので、2〜3%以下が妥当な気がする。

というか、私はグリコール酸10%のピーリング剤でピーリングしたことがある。

非常にたいへんな目に遭いました。詳しくはグリコール酸10%クリームで自宅ケミカルピーリングしてみた体験談へ。

使っているクエン酸

私が使っているクエン酸は、たまたま自宅にあったコレ↓

暮らしのクエン酸  330g
ずいぶん昔に数百円でドラッグストアで買って家に余っていたクエン酸
暮らしのクエン酸  330g
お掃除用のクエン酸だ。本当は、食用グレードのちゃんとしたものを買った方が良いとは思う。

100mlの容器に作って4〜5日で使い切る

クエン酸水は毎回作るのは面倒なので、100ml程度の小さい容器に作って、4〜5日使う感じ。

私が使っているのはコレ。空き瓶など家にあるものでOK
ツイストパック3 保存容器 TX−14B

クエン酸水に汚れが入らないように、コットンパフの半分を浸す→軽く絞る、で使っている。

クエン酸拭き取り洗顔の実験結果

クエン酸拭き取り洗顔の実験結果はこちら。

2日目〜3日目

若干、ポロポロと頬や鼻あたりの皮がむける感覚あり。でも、クエン酸を薄めにしているおかげで、ボロボロまでいかない。

濃いめにしたら、グリコール酸10%のピーリング剤を使ったときみたいになるのだろう。あのときの記憶があるから、危ない橋は渡らない。

一気にピーリングするより、日々、ほんのり柔らかにピーリングし続けることに意味がある気がしている。

4日目〜5日目

明らかに透明感が出てきた感じがして、テンションが上がる。肌の調子が良い。

ただし、クエン酸拭き取り洗顔スタート時に治りかけで存在していた赤みのある吹き出物(ニキビ?)の治りがすこぶる悪くなっている。

悪化はしないが、ずーっと赤みのあるまま、鎮座している感じ。

いつもなら、油分(ココナッツオイル)などに浸すと治りが早くなるタイプの吹き出物。酸とは相性が悪いらしい。

6日〜7日目

クルクルとこすりすぎた?らしい小鼻の脇周辺に赤みが残りがちな気配を感じたため、クエン酸水を薄めて調整する(すぐ復活)。

頬の毛穴の目立ち度が下がってきた。毛穴自体はあるのだが、周辺が削られた分、毛穴の深さが浅くなって少しずつフラットに近づいているような感じ。

8日目以降

治りが悪くなっていた吹き出物もすっかりいなくなり、トラブルもなく、淡々と継続中。

ピーリングで肌を剥くと皮膚が薄そうな透明肌になる

最後に、「なぜクエン酸で拭き取り洗顔を突如はじめたか?」について書いておく。

最近は、美容クリニックで美肌施術を受けることもなく、自宅でできることしかやっていない。

美容施術でピーリングすると、皮膚が薄そうな透明肌になるので、自宅でピーリングすれば、(普通のスキンケアだけでは到達できない)透明感に近づくのでは?というのが、クエン酸水の拭き取り洗顔を始めた発想。

グリコール酸やディフェリンゲルによるピーリングは、過去にやったことがあった。

なので、

  • 「ピーリングって、酸で角質を溶かせばいいんだよね」
  • 「クエン酸で十分では?」

と自分なりの感覚があり、スタートしてみた感じ。

1発2発の強烈なピーリングを時々やるよりも、毎日ゆるゆるのピーリングを継続するほうが自分には合っていると思うので、刺激を感じない程度の濃度薄めのクエン酸水で毎日続けている。

今のところすごく調子が良く、乾燥も感じないため、クエン酸水で拭き取る以外のスキンケアを何もしていない状態※注

※注:私はもともとスキンケアなしでも大丈夫な肌なので特殊だと思う。
セオリーとしては、ピーリングしたらたっぷり保湿が定石。
また1ヶ月以上継続してみて、変化があれば追記する。

この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事