最近の食生活(オーガニックのオートミール→◎、ポップコーン→◎、くるみ→△ その他)

更新が空いているうちに、どんどん体の状況や新しい発見が流れてしまうので、今日は取り急ぎの最新メモ。

オーガニックのオートミール→◎

糖質制限によって数々の不調から解放された経験から、

  • 糖質=私にとって合わない

…といったんは結論付けたが、その後、「糖質」のなかでもより細かく精査することで、いろいろな発見が生まれた。

そのひとつが「オートミールは、大丈夫」という発見。ただし、オーガニックのオートミールでないとダメ(イライラ感などが出る)。

オートミールはさまざまな種類が販売されているので、一通り試したあと、リピートは以下に落ち着いている。

日食 オーガニックピュアオートミール 260g×4袋

食べ方は、オートミール+水→レンジで2分チン→塩系の味付けでおかゆ的に食べる。

味のバリエーション

  • 塩(岩塩など)
  • ブラックペッパー(粗挽き)
  • お茶漬けの素
  • ふりかけ
  • クレイジーソルト
  • 納豆
  • しょうがパウダー
  • わさび
  • だし醤油
  • 白だし
  • 液みそ
  • フリーズドライのみそ汁

ポップコーン → ○

これは一時的にハマって、もうやめたけど、実はポップコーンも(糖質だけど)大丈夫だった。

発見したのは、ミックスナッツに入っていたジャイアントコーンで、ジャイアントコーンは食べても大丈夫だったから「コーンって大丈夫なのか?」と思い、ポップコーンにチャレンジしたら、ポップコーンもいけた。

ただし、ポップコーンをおいしくするためには油分が必要で、最近の私は、油分は(どんなに良質の油分でも)あまり取らないようにしているため、ポップコーンはやめた。

油を取らないわけ

油分を取らないようにしている理由は、脳の炎症を抑えるため。

どんなに酸化しにくい油(オメガ3とか)でも、結局酸化しにくいだけで、酸化するんだよねと思って、もう油自体を最近は取るのをやめた。

そしたら、脳がスッキリした感じとともに、肌がキレイになった。毛穴がない。

毛穴といろいろ戦ってきたけど、毛穴って、毛穴から出てくる皮脂を減らすと、その分、正直に小さくなることがよくわかった。5年前の自分に教えてあげたい。

くるみ→△

いろいろの実験の結果、どうもくるみとの相性は悪いみたいだ。

気づくまでの間、ナッツのドカ食いをよくしてしまったが。

よーーーく観察すると、くるみを食べすぎたあと、おなかがチクチク痛くなる(アーモンドやカシューナッツは大丈夫)。

ただ、このチクチク系の痛みが出るときって、何らかの農薬が多そうな海外のモノを食べたときだったりするので、もしかしたら、ある特定の残留農薬??か何かに反応している可能性もあり。くるみではなく。

このあたりは、検証が難しいが、注目している点。

ストロングバー → △

原料8つのみ・化学調味料など無添加でプロテイン20g取れるプロテインバー『ストロングバー』に一時的にどハマりした。

Strong Bar (ストロングバー/ミルクホワイト) プロテイン20g 砂糖不使用 食物繊維10g 原材料たったの8つ シンプル&ナチュラル処方 国産 (12本入り)

最初、コレだけでもいいやって思うほどにハマり、さらに最近、ストロベリー味と抹茶味まで登場。ストロベリー味が大好きすぎて、1日に数本食べるほどになったが、意を決して卒業。

Strong Bar ストロングバー/ストロベリー) プロテインバー プロテイン20g 砂糖不使用 食物繊維10g 原材料たったの8つ シンプル&ナチュラル処方 国産 (12本入り)

理由は2つあり、1つめはおなかの調子が悪くなったから(便秘傾向へ)。2つめは食欲スイッチを刺激するところがあったから。アガベシロップの果糖かなあ。

小麦→ ×

私は「糖質」といっても、特に小麦がダメだったんだ、ということが非常に最近よくわかってきた。

「米」もあまり合わないが、米以上に小麦だ。

小麦を食べると、とにかくダルくなって、何もやる気がなくなってしまう。

糖質制限の軽やかさって、実は「小麦制限」の軽やかさとニアリーイコールだったぽいことが、近年の自分研究により明らかになっている。

つまりはグルテンフリーが自分には合っているのかも、というところ。

取り急ぎ、今日はここまで。


この記事をシェアする
RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事