リップティントを“唇だけ”で引き伸ばすと、どこまでも大きな唇おばけになれる

マットな質感のリップティントが好きで、よく使っている。

チップや指で伸ばすのがイヤで編み出した方法が、じつはビジュアル的にもよく、成功だった。

必要なもの

必要なものは、「マットな質感でよく伸びる、ゆるめでベタベタしない系」のリップティント。私が愛用しているのはこちら。

SIXPLUS リップティント マット感 リキッド リップスティック 日本製 2mL (M03)
 

リップに限らず「とにかくベタつくのが嫌い」な性分で、唇も乾くことよりベタつくことのほうが耐えられない。

そのうえ、カップのフチに口紅がつくことを徹底的に避けたいため、もうマット系のリップしか最近使っていない。

唇おばけのやり方

  1. 下唇の中央に、ちょんと少しだけリップティントをつける。
  2. ちょんと付けたリップティントは、指で触ったりチップで伸ばしたりせずに、ひたすら下唇と上唇の競演(すり合わせ)のみで、唇全体に引き伸ばしていく。下唇と上唇をいろんな角度ですり合わせる作業。
  3. 口の端のほうは、ひょっとこ*1 みたいな唇にしてがんばる。
  4. 下唇を大きくしたいときは、下唇を口側に深く吸い込む。上唇を大きくしたいときは、上唇を口側に深く吸い込む。

*1:ひょっとこ

ちなみに、勝手にどこまでものびていったりしない「マットな」質感のティントを、「ほんの少量だけ」とって、それをひたすら時間長めでムニムニのばしていく、というのがコツ。

唇だけで引き伸ばす4つのメリット

この方法の何がよいかというと…

メリット1:チップが不衛生にならない

1つめ、チップが不衛生にならない。

容器の中に戻すタイプの化粧品は、「衛生的に使い続けられるか」がとても気になる。

どうしても肌に触れて戻さないといけないモノの場合、肌側をキレイに拭き取ってからでないと、気持ち悪い。

メリット2:指が汚れない

2つめ、指が汚れない。

チップが汚れるのがイヤなら指を使う方法があるが、「落ちにくいリップ」が指についたときの落ちにくさったら——!!!

それがイヤなんで、使い捨てチップというものを買ったことがある。

200個/セット使い捨てリップブラシメイクアップブラシ口紅リップグロスワンドアプリケーターツールメイクアップ美容ツールキット

しかしイマイチ、使い心地が悪くて、使い切らずに置いてある。

メリット3:唇が生まれつきの形に沿って大きくなる

で、3つめ。唇の形を本来の形より2まわり、3まわり……と大きくしていっても、不自然にならない。

「唇の色の境」がどういうメカニズムで決まっているのかよくわからないけれど、仮説として、「動く部分」と何かしら関連しているのではなかろうか。

メリット4:唇を塗りながらアイメイクとかできる

最後におまけ的4つめ。

だいたい、唇をメイクの最後ではなく中盤くらいでやって、口をひょっとこにしながらその間にアイメイクとかやっている。

RECOMMEND 同じカテゴリ内の前後記事